2007年07月11日

ホテルランチ三昧

横浜の ロイヤルパークホテルでの ランチです。

この日は まだ めまいが 少しあったのですが 地元のお友達とのランチだった
ので 行きも帰りも ずっと一緒なので 安心して過ごせると思い 思い切って
出かけてみました。

当初は 食欲もないので 少なめのメニューを、と思っていましたが たまたま
一番お安いのがこの 「 レディースランチ 」 だったので 皆さんと同じに
注文してみましたが 食べて見ると あら不思議! おしゃべりしながらの 
楽しいランチは あっという間に 完食してしまいました。

いつもステキな フレンチレストラン 「 ルシエール 」 の入り口です。

ロイヤルパークホテル横浜 ランチ


















レディスランチ 123







息子の 小学校時代の同じクラスの かつての仲良しさんの集まりで たまに
駅周辺などで お会いすることはあっても なかなか ゆっくりとおしゃべりする
機会に恵まれませんでしたが 皆さん受験が終わったので 久しぶりに楽しい
おしゃべり会に なりました。

息子達は もう すっかり 交流がなくなっているのに 母親同士は 時々
こうして会えるなんて 本当に ありがたいことです。

デザート12












この 5,6年の時のクラスは 先生が まだお若い独身の ステキな男の先生で 
子ども達にも母親にも すごーく 人気のあった先生で 保護者会の時など 
とても盛り上がって 暗くなるまで 話し合っていたのを思い出します。

卒業前の 最後の保護者会では 皆さん 一人ずつ 子どもの小さい時から今まで
の思い出を 語りながら 感無量になり 次々と 胸のうちの思いを 語り
一人一人のお話に 皆さん、感激して 次々と泣きあったことが 思い出されます。

私は その頃はやっていた サザンの 「 ♪ 人は涙 見せ〜ずに 大人に
なれな〜い ♪ 」 という 歌がありますが いま 無邪気に楽しく生活してる
○○チャンが 大人になるのに 涙が必要だなんて とてもかわいそうで、
かわいそうで それは 私にとって、とても辛いことです。。。
なんて言ったのを 覚えています。
( うわぁ〜 今思い出すと はずかしい!!! )

また 4人のお子さん持ちのママは(最後のお子さん) 今日アイロンをかけて
いたら 娘の小さい頃を思い出して これで私の小学校生活も 最後だと思うと 
じ〜んときてしまいました、と…

途中で 転校してきた方や 体の小さかったお子さんを持つママたちは 
小さい頃 いじめられていた ( と母親が思っていた ) この子が 
こんなにしっかりしてきたのは このクラスのおかげです、と…

スッチーのママは 小さいこの子を 知り合いの方に預けてずっと仕事をしている
ことに悩んだ日々も ありましたが こんなに大きくなって ( 本当に体の
大きなお子さんで ) 本当に 子どもにお礼を言いたいのです、と…

また その頃 ご主人とうまく行いっていなかったママは この子がいなければ
主人と別れていたかもしれません、 この子に 感謝です、なんて…

次々と …えぇ〜? いいのかなぁ〜 こんなことまで言って… 状態で 
皆さん胸のうちを語っていきました、 まるで魔法にかかったみたいに…

夕陽に 熱し出された 先生のお顔が 彫りが深くて とてもステキですね、と 
一人のママが言ったので 皆さん 泣き笑いになり とても思い出深い保護者会
になったことが 昨日のことのように思い出されます。

先生は その後 結婚され 今は 他の小学校に勤務なさっていますが 
私たちと同じ街に 新居を構えたので 時々 お顔を拝見することがあります。

母親達が 仲良くしていることを 報告すると とても嬉しそうです。 


ホテル日航東京 中華料理 唐宮ちょっとエジプトチック?な店内






さて 明日から お盆ですが 次女が お盆の時期には お墓参りにいけないとの
ことだったので 少し早いのですが 主人と 3人で お墓参りに行ってきました。
( 私たちは また お盆にいくのですが )

とても お天気の良い日だったので お墓参りの後 ドライブがてら お台場の 
ホテル日航東京で ランチを頂きました。

中華レストラン 「 唐宮 」 です。

3675円、5250円、のコースメニュー5、ゆで豚のガーリックソース3、前菜 にがうり、ミミガー、くらげ






お料理の写真に書いてある 3とか5は 
3500円 と 5000円の コースのことです。 

3、ふかひれ冬瓜、5、海鮮金華ハム3、大根もち5、お代り放題の飲茶2種






私たちが入ったのは もう お昼を過ぎていたので 店内は すいていて 
従業員の方たちも 非常ににこやかに 接客してくださいました。

私が写真を撮っていると 料理長自ら絵を書いたという 献立表を持ってきて
くださったり 5000円のコースの 飲茶2種は 食べ放題になっているので
どうぞ 沢山召し上がってくださいね、とか 食材についての 説明なども
詳しくしてくださいました。

5、鶏肉とソーセージの蒸し物3、芝エビと野菜炒め5、芝エビと夏野菜炒め






3、フエのクリスピー揚げ(これで一人分!)3、干しエビの白菜スープご飯5、トビッ子入り炒飯






テーブル担当の方は 男性 女性 2名いたのですが その 男性の方が とても
イケメンな方で 仕事振りも 好感が持てたので 最後に 思い切って お写真
撮らせていただけますか? って 聞いてみました。
( って 主人に聞かせたのですが… )
写真撮らせてください、 なんて そんな人 なかなかいないでしょうね、
もちろん 最初は ビックリしていましたよ、 なんだ このおじさんって…

それが この写真です。
でも 写真の 何十倍も ステキな方なんですよ〜

少しお話したら この方! なんと ホテルのウエディングフェアーの催しの時
新郎役になるんですって!
ああいうのって モデルがやるのかと思ったら 社員がやるんですね〜

身長は 182センチで 体格もいいんです、 野球もやっているとか…

とても 爽やかで ステキな方でした。

混んでいる時でも お電話いただければ 良いお席を お取しますよ〜 と
言って 名刺を下さり お客様の心を わしづかみ! でした♪ 

( もちろん このブログの お写真のことは 本人に 了解とってあります )

3、小豆ココナッツミルク5、仙草ゼリー☆ステキなマネージャーさん☆料理長自ら書いたメニューの絵






この方 29歳だそうですが 独身かどうかは さすがに 聞けませんでした。

ホテル日航東京の 「 唐宮 」 に行かれる方は ぜひ私にご一報くださいね。
この方の お名前 お教えいたしますよ。

お台場自由の女神ホテルに出来たガラス張りのチャペルから






ホテルの駐車場券を たっぷり頂いたので 食後は のんびりと お台場散策を
して 気持ちの良い初夏の一日を 楽しんできました。

murakilf at 13:02|PermalinkComments(1)ホテル 

2007年07月05日

伊豆のきれいな写真を見ながら、 検査の結果です。

「 正平荘 」 のきれいな写真です。

あじさい


















サロンに飾ってあった、つるし雛家紋(抱き茗荷)入りの灯篭玄関のハンカチの木






東伊豆の 稲取温泉辺りで有名な「つるし雛 」 
の飾りがこちらのサロンにも飾ってありました。



チェックアウトの後は 伊豆修善寺温泉界隈を 散策しました。
有名な 赤い橋と 竹林の小径 です。

修善寺、竹林の小路


















修善寺の境内の竹林修善寺の階段竹林の小路





箱根、芦ノ湖を望む





うす曇ではありましたが 雨にもあわず 楽しい初夏の旅を満喫してきました。
でも この旅行が終わってから 私を暗くする 出来事があるのです。
それは 次の月曜日が 私の検査結果を聞きに行く日だったからなのです。

当初 この大きな検査は 7月に予定していました。
前回は 2月だったので 本来は 大きな検査は 半年に一回なので 
8月に検査を入れていたのが 主人の母の法事と重なるため 先生にお願いして 
7月に 変更して 入れてもらっていたのです。

…が、 5月に 毎年やっている 人間ドックで ( この人間ドックで 最初の
悪性リンパ腫が 見つかったのです ) 超音波検査の結果 おなかの中の
リンパ節が 腫大しているとのことで 要再検査という結果がきてしまったのです。

悪性リンパ腫の始めは リンパ節が 肥大しているということで 判ることが 
多いので 私は この 「 リンパ 」 と 「 腫 」 と言う文字には 
いつも かなり敏感になっているのです。

なにせ 携帯で メールを打っていても 「しゅ」 と打つと 下に候補の文字が
いくつか出るのですが 私の場合 一番最初に 「腫」 の文字が出たり
「が」 と打つと すぐさま したには 「ガン」 と出るような 具合に
なってしまっているほどなのです。 
そりぁ〜 すぐ出てくると 病気の報告をする時は 便利は便利なんですけれど
さすがにねぇ〜  私も その文字を見ると トホホとなる訳です。

この 携帯電話の 「 文字変換機能 」 どうにかならないでしょうかねぇ〜

とにかく この人間ドックの検査結果を見て えぇ〜 リンパ節の 肥大? 
う〜ん、 この間の 声かれ騒動も 一段落したと思ったら 
また 今度は 肥大かよ〜
どんだけ〜 って言うくらい がっくり! でした。

そこで またまた 5月の終わりに 主治医の先生に 言ったのです。

「 すいません 今度は 超音波 お願いします、 先日受けた 人限ドックで
リンパ節肥大って 言われたので… 」 と。

そしたら 先生は 「 えぇ〜? 今回は 何も無いと思ったのに 
また見つけたの? 」 って…

友人から頂いたクリスピークリームのドーナツ






最近 診察のたびに 毎回毎回 私が不調を訴えるので 先生は さすがに今日は
無いだろうと 思っていたらしいのですが また見つけたの? とのお言葉でした。

私だって 見つけたくないよ〜
好きで見つけてるわけじゃないんだから〜

そのせいか この日の先生は 私に対して とても気楽に接してくれました。

「 もっと 気楽に しなきゃ だめだよ〜」って。  
こっちだって、気楽にしたいよ ほんとに。

というわけで 6月に 超音波と CTの検査を 無理矢理 緊急で 入れて
もらったのです。

この病院は 外来でも 相当な患者さんがいらっしゃるので 普通 予約は
半年先くらいじゃないと 入らないのです。
でも 緊急の場合の枠もあるようで 先生の判断で 入れてくれるのです 
( 私は 次回の予約も (11月) もう入れてあるんです。 )

るり菊


















雲間草小さくて可愛い花りゅうのひげの花







さて 超音波の検査に行った時のことです。
一通り 長ーい検査が終わって じゃ 結果は 主治医の先生から聞いてね〜
ってことで終わって 横の更衣室で着替えていた時のことなんです。

私は 検査で 腹部に塗るゼリーが 沢山ついていたので それを拭いたり
して かなり長い時間 更衣室に いたので
こんな時に 何か 私の結果のことで 先生と看護師さんの話が 聞こえたら
イヤだなぁ〜 と思っていたのです。
そしたら その時 奥から 先生が 看護師さんに 「 じゃ これ至急で 
お願いね 」 って 言ってるんです!

えぇ〜 至急?
いや〜ん 至急だって〜

ど、ど、どうしよう…

家に帰って 主人に 「至急」 って言われたよ! って言ったら
主人 「 やばいじゃん! 」 って…
えぇ〜  それじゃ こっちも 返す言葉が無いじゃん、って。

と まぁ それ以上 なす術もなく また別の日に CT検査をして 結果まで
2週間 待つことになりました。

そしたら その間 なんと 今まで経験もしたこと無いくらいの めまいに襲われ 
吐き気までも… 何度も 吐いてしまったほどの めまいが 私を襲ったのです。

その日一日と あと3日ほど くらくらとした日々が続いて…

あ〜 とうとう めまいもきたよ!
全身症状だね、これは。
 
一人で 騒いでいる私を みて
家人は 皆 「 おかあさん 寝不足だよ それは 」 って言うんです。

つれない家人をもって わたしゃ がっかりだよ〜

とにかく 結果を待つしか無いと 観念して 旅行など入れていたのです。

広島宮浜温泉、庭園の宿 石亭


















宮島で食べる「うえの」のアナゴ弁当お部屋1お部屋2






突然 話は変わりますが 2年前の夏に行った(私を
抜いて)広島の宮浜温泉 庭園の宿「石亭」の写真です。


随分前から予約しておいたのに 私は入院でいけなくて 上の娘と 息子 
主人の 3人で 行ったお宿です。
最近 とても評判が良くて 「 旅館グランプリ 」 でも 全国2位に 入って
いるし 「 自遊人 」 の日本の宿 グランプリでも 同じく 2位に 入って
いるお宿です。
お庭もきれいだし 何より 接客がすばらしいとの評判です。

中途半端に 人物の一部が入っている 写真ですが 離れのお部屋と 
お庭のすばらしさ 感じてください。
( 何気に この男子達は 各々 携帯を いじってますね )



さて とうとう 結果を聞きにいく 月曜日が来てしまいました。


私が 暗〜い顔をして 恐る恐る 診察室に入っていくと 先生は 

「 どうしたの? 何も無かったよ 」 って。

「 えぇ〜 何も無いって どういうことですか? 」

「 だから 何も異常は出なかったよ 」

「 えぇ〜? 私 めまいもするんです、 それに 首も腫れているんです。 」

心の中では「 超音波だって 至急って言われたんですけど…」 って言ってました。

と必死に訴えましたが、 確かに 首のリンパは 腫れてるって結果が出てたけど
まだ小さいし 様子を見るしかないね、 とのこと、
それに 首のリンパの腫れの場所と 私の言ってる 首の腫れは 場所が
違うし…って。 
めまいも そりゃ あるかもしれないけれど もし再発のめまいならなら 
それからずっと めまい、してるよ、 今日も 来られたんでしょ?
それくらいなら だいじょうぶだよ、って。

首の腫れは 整形外科に行ったら?
めまいは 耳鼻科に行ったら? とのお言葉。

よかったけど、なんか 納得できないなぁ〜
主人は 「 良かったじゃん! 」 っていうけど…

とまぁ こんな感じの 結末でした。

これからはあんまり ごちゃごちゃ言うと 狼少年に なってしまいそうなので
何だか あんまり 不調を 訴えられなくなりそうです。

でも 確実に めまいはするし 首は 腫れているしで 別の お医者さんに
行かなくてはならないのですが これって 案外 勇気の要ることなのです。

だって 今までのことを 話さなくてはいけないし 言うと 結構
「 そりゃ 大変でしたね 」 なんていわれるしね。

なんだか それが面倒くさいので 未だに まだ どこにも掛っていないのです。

先生は 少しの事で 大げさな、と思っているのでしょうが 私は 同室だった
エルメスさんや タバコさんが お2人とも だんだんと 声がかれてきたり
( 最初は とてもきれいな声だったのですよ、 お2人とも )
最後のほうは めまいを起こして よく倒れていたのを 何度も 見ていたので
それと 重なってしまい 大げさに感じているのかもしれません。

エルメスさんは 後半は 頻繁にめまいで 倒れていたので エルメスさんが 
ベットから降りると 看護師さんたちが すぐ気づいて来られるように 
ベッドの 周りに センサーのようなものが付いたマットを 敷かれていました。

でも ベッドを降りるたびに 看護師さんがすぐ駆けつけてくるのが 面倒なの、 
と言って エルメスさんは そのマットを避けて ベットから降りていたりした
ので 余計 危なくなったりもしていました。

そんな思い出が よみがえってきます。


。。。ということで これで 納得は出来ないけれど まずまずの 日々を
送っている このごろです。 

murakilf at 20:01|PermalinkComments(4)入院 | 伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘 

2007年07月03日

伊豆長岡 「正平荘」 お風呂 お食事


お風呂に行く外廊下
その先にお風呂が…
紅梅の湯







お風呂へは 外廊下を渡っていきます。

お宿のホームページからの露天の写真ステンドグラスには梅の花が…IDEEプロデュースのお風呂






紅梅の湯と白梅の湯 
の2箇所あります。
時間で男女入れ替えです


大きいほうのお風呂は 写真で見るより かなり大きいですが 何しろ客室が
10室余りなので 特に この日は平日で空いていましたので 全く誰にも合わず
貸切り状態で 利用できるのが 嬉しかったです。

特に こちらの紅梅の湯は 青山にある デザイン会社 「 IDEE 」 が 
プロデュースしたという お風呂なので モダンな造りになっていましたが
期待したわりには 私には とりたてて目新しい感じの印象は 受けませんでした。

そのせいでしょうが 「 IDEE 」 プロデュース ということは 大々的には
宣伝していないようで パンフレット等にも載っていませんでしたし 
お宿の方針も それで集客しようとは 思っていないようでした。


白梅の湯お風呂に続く外廊下岩露天






もう一箇所の 「 白梅の湯 」は 小さなお風呂で 
内風呂の他 露天は 岩風呂になっていて こちらは 
昔のままのお風呂のようでした。

やはり 立地が 海や 山ではない 平地なので 露天といっても ついたてや 
ひさしなどがあって 開放感は 全く無い ちょっと 暗い感じのお風呂でした。

空からは 覗かれることは無いので せめて 露天は 天井は なくして 
夜空を眺めながら お風呂に漬かれるなんてしたほうが 気持ちいいでしょうね。

 
さて 私の危惧していた 夕食です。
お部屋で いただきます。

このプランでは メインが 鮑 伊勢えび かに 牛肉の 4種から 
選べるようになっています。

お品書き夕食輪島塗り お椀






茶碗蒸し3種類の利き酒グラスの底には正平荘の文字が






さすがに 京風料亭旅館だけあって 器は 昔ながらの すばらしいものでした。
お椀は 輪島塗といっていましたし 冷酒のグラスには 「正平荘 」の文字が
彫ってありました。 
グラスに 旅館の名前が入っているというのは 良くありますが 底に彫って
あるなんて ちょっと 粋で いいですよね〜
こんな器からも 昔からの旅館なんだなぁ〜と 感じ入りました。


選べるメイン ズワイ蟹ステーキ 料理長特製ソースで鰊そば






この上の写真が 選べるメニューの かにと ステーキです。
かには 私一人だったのですが 仲居さんの方たちが 気を利かせてくれた
のでしょうか?
「 皆さんで 召し上がれるれるように たくさんお持ちしましたよ〜 」
といって かなり大きめの蟹を 1杯 持って来てくださいました。

また 「 ステーキも 一人200グラムくらいありますよ〜 」 と言っていました。
 
最近は 「 仙寿庵 」 でも そうでしたが 牛肉といっても 2,3切れ
というのが多いのですが こちらでは なんと デイナーに 普通に出るような
スタイルで 出てきました! 若い人も大満足ですね。
( 良し悪しでは ありませんが 牛肉は 陶板焼き系が多い昨今 
こういうスタイルが ちょっと 垢抜けていない 感じもしましたが… )

かには 身がたっぷり入っていて さっぱりしていたので 途中おなかが一杯に
なってしまった私ですが 気分を変えて おいしくいただくことが出来ました。

また このお宿では お食事の中に 必ず 洋皿が 1品入るとかで 今回は
ビーフシチューのパイ包みでした。

京都の町家レストランでは 最後の締めに カレーライスやハヤシライスを出す
ところが多いので ビーフシチューとは やはり それの 流れなのでしょうか?
この器も 私の大好きな 赤絵のお皿に乗っていました。

鰊そばも 京都らしい 献立ですよね。

私と母は 最近 益々 少食になってしまっているので こんなに食べられ
なくて 困ってしまいましたが お宿の方の お客様を もてなそうという  
そのお気持ちを とても嬉しく 頂戴いたしました。

枝豆饅頭ビーフシチューご飯





お漬物も お漬物係りの方が 毎日 丹精込めて つけているそうで
はじめて食べた かぼちゃのお漬物が 歯ごたえも良く 大変おいしく
いただきました。

…ということで 心配無用の おいしいお献立でした。

通常の 値段でしたら もちろん この季節ですので 鮎の塩焼きなど 様々な
高価な食材が 食卓を飾るのでしょうし、 器も 貴賓室ならではの もっと 
高価な由緒ある物が 目を楽しませてくれるのでしょうが この半額プランの
お値段では 出来る限り 精一杯 楽しませて頂いたという 感想です。

マンゴーゼリーIDEEプロデュースの露天風呂ステキな器











朝は 朝食の前に お決まりの お茶と 梅干、 
食後には モーニングコーヒーも サービス ( といっていました )
してくださいました。

客室露天風呂の「モネの睡蓮」客室露天風呂付きのお部屋朝食






その後 客室露天つきのお部屋を 見せて頂きました。
このお部屋は 本館の先にあるお部屋で 以前から
あった古いお部屋を 改装したそうで やはり私達の
泊まった貴賓室のお部屋の方が 断然 良いお部屋でした。

でも お部屋のお風呂は モネの 「 睡蓮 」 を模して ヴェネチアン
モザイクガラスで作ってあり 大変可愛らしく 一見の価値は ありました。


正平荘は 新館に 私たちの泊まった貴賓室が3室 その2階に 和洋室が2室
そして 改築した客室露天つきのお部屋が2室 その他 普通のお部屋が3室?の 
全10室余りの お宿でした。

他に 本館に 3,4室 古いお部屋がありましたが 今は 麻雀部屋などに
使っているとのことでした。


とにかく 従業員の方が 皆さん良い方たちばかりで 本当に 静かで
のんびりと出来ました。
こんなにも きれいで広いお部屋に 泊まれるのなら このお値段 (18450円)
は本当に お得でした。

利き酒と ビール ソフトドリンク少々 入湯税 込みで 
4人で 76900円 ( 一人 19225円 ) でした。

私たちは 色々と事前に 連絡したりしたので かなりのうるさ方と思われて
あんなに 親切にしてくださったのかしら? と思っていましたが 
帰ってきてから 「 じゃらん 」 の クチコミを見てみたら 
半額プランで泊まった方のクチコミが 多数掲載されていて その皆さん揃って 
大変喜んでいらして お宿の方に感謝していたので 決して私達にだけでなく 
いつでも あのような 気持ちの良い接客をしているのだと 感じました。

伊豆長岡では 大変規模の小さなお宿ですが いつまでも品のあるキラッとした
存在のお宿として 繁栄して欲しいと 祈りつつ 帰路に着きました。


次は 帰りに寄った 修善寺の竹林の 写真とともに ようやく出た 私の
検査結果の お話です。 ( おかげさまで とりあえず クリアーしました! )

murakilf at 00:22|PermalinkComments(0)伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘  

2007年06月28日

伊豆長岡「正平荘」 貴賓室半額プラン宿泊記

行ってきました! 伊豆長岡 「 正平荘 」!

「 じゃらん 」 限定 「 売り切れゴメン 貴賓室半額プラン 」

昨日と今日 友人から どうでしたか? と相次いで 質問を受けたので 
早速 報告しますね!

( プランの詳しい 説明などは このブログの文字の色の変わっている場所を 
クリックしていただくと 詳細のページに 飛びます。 読み終わったら
左上の 「 戻る 」 を クリックして このブログに戻ってください )

結果は 大正解! 大満足のお宿でした!

「 期間限定 鮑も伊勢も選べるプラン♪ 」 という 一人通常36900円
のところ 今回、半額の 18450円 という お値打ちプランに行ってきました。


まずは 沼津での ランチです。

沼津港 千本一のぬまづ丼(桜海老のかき揚げ)クーポン持参でマグロのかま焼き







時折ぱらつく雨のどんよりとした金曜日 東名沼津で降りて 一路、沼津港に
向かい 旅番組などで良く紹介されている 「 沼津丼 」 ( 桜えびの
かき揚げ丼 ) を食べに さかなや千本一というお店に行きました。

このかき揚げ丼は 桜えびだけのかき揚げですが ご飯の上にはお魚のほぐし身
がのっていました。 
桜えびって 私は 乾いたものしか食べたことがなかったのですが こちらの
桜エビは こんなにも身があるんだぁ〜 というほど ふっくらしたエビで
大変 おいしくいただけました。

途中で お茶漬けにして食べられるように スープ? も用意されていたので
それも また 食感が変わって ありがたかったです。

今回も お得意の お店のホームページから クーポンを取り出していったので
マグロのかま焼きのサービスがあり これも 大変大きくて おいしく
いただきました。
このお店 こんなに大きいかま焼きを サービスしてくれるなんて 太っ腹ですね。

食べかけの写真で 失礼しましたが このかま焼きのお皿 ゆうに30センチ以上
あるんですよ! 身もたっぷりありました。

さて おなかもいっぱいになったところで 出発です。 
長岡温泉までは 車で 30分ほどで 到着です。


伊豆長岡「正平荘」正平荘 入口玄関を入ると…






左にはドリンクのコーナーが…右にはお庭を眺められるオープンエアーの椅子がお庭を眺めながら行くと…







伊豆長岡温泉は ひっそりとした 山間にある温泉地なので 付近は 割合と
落ち着いた住宅街のような感じです。

それなりにまばらに 繁華街もありますが 正平荘のあたりは 本当に静かでした。


貴賓室に向かう広ーい廊下その先には小さな美術館というサロンが…お部屋は特別貴賓室「瑞雲」!







実は 先日のコメント欄にも書いたのですが 支払いに カードが使えるか
問い合わせをした時に 女将さんらしき年配の方に 「 値段が値段です
からね〜 」 といわれてしまいました。 
その後 私が では お食事も 通常の貴賓室メニューとは 違うんですよね〜
と聞いたら やはり お女将さんは 「 値段が値段ですからねぇ〜 」 と 
また同じ事を おっしゃっていました。 
(何を聞いても この返事かよ〜 くらいに トホホ…なお答えでした )

う〜ん そうなんだぁ〜、 やっぱりねぇ〜、 そうだよねぇ〜。
そりゃぁ こっちは半額で 同じお料理じゃ 普通に払っている人に 
申し訳ないよね〜 と 一人で納得した私でした。
( でも こっちが半額にしてくれって言ったわけじゃないし 
半額にしたのは そっちだろうが… と 心の声が沸いてきました… ) 

そしたら 翌日、 昨日とは違う女の人から 「 昨日は お問い合わせいただき
ありがとうございました。」 と… 我家に 電話があったのです。

そして カードが使えないことと お食事の内容を 詳しく教えてくださいました。

それによると 正平荘は 京風料亭旅館と名乗っていますので 吟味した食材と
器で 皆様に 堪能していただいていますので どうぞ 安心してお出で下さい 
とのお話でした。
つまり 半額でも 決して手は抜いていませんよ、のようなニュアンスでした。
( その発言に 嘘はありませんでした すばらしいお食事でしたよ! )

どういう経緯で このお電話があったかは 計り知れませんが かなり 内部での
伝達が うまくいっているお宿だな〜と 感心しました。

これで ちょっとほっとした 単純な私でしたが 全く 私って人間は
どこまで 欲深い人間なのかと 自分でも あきれてしまいました。


扉を開ける8畳くらいの玄関スペース二間続きのお部屋です。手前が7,5畳奥が12畳






右奥が入口ですこの左側にも3畳のお部屋があります。可愛らしい洗面室







お宿は 白木を基調とした 純日本風のインテリアで 和風庭園を 囲んだ造りに
なっていました。

お宿の方は 父が 少し歩くのに時間がかかるということを見てとったのか 
すぐさま 室内用の 杖を持ってきてくださったり 前もって 客室にも 
中座?( 座椅子の少し背の高い椅子 ) を 用意してくださったりと 
とても 気持ちのよい 接客をしてくださいました。

事前に かなりうるさい客だと思われて 注意印が あったのかもしれませんね。
でも 慇懃無礼な感じも見れず 本当に 心から おもてなしをしてくださって
いるという 感じで 好感が持てました。


新館に行く廊下は 一部オープンエアーになっていて そこここに 椅子が用意
され どこからでも のんびりと お庭を眺められるように なっていました。 
 
お部屋係りの女性も 2名もついてくださり 色々と配慮してくださいましたし
素朴な中にも 暖かみのある よい方たちで 両親も感激していました。


床の間お庭はプライベートガーデンお庭には桜の大木が…






なんといっても この103号室「瑞雲」には
プライベートガーデンがついていて
このお部屋だけのお庭が楽しめます。


桜の大木が何本かあったので 4月には さぞ見事な お庭が楽しめるのでしょう。

この貴賓室は 1階に3室あり どれも お庭に出られるようになっています。

お部屋は 12.5畳の本間と お庭に面しての7,5畳の間 そして その隣に
やはり お庭に面して 3畳の 小さなお部屋がありました。
このお部屋には 夜、父が一人で寝たので これはこれでまた重宝なお部屋でした。

また 2階部分には 2部屋のスイート和洋室があり 1階の7,5畳に当たる
部分には 応接セットと ベッドが置いてあり 月見台付きとなっているそうです。

この2階の 和洋室タイプのお部屋は 今回の半額プランでは 一人13725円で 
泊まれるので 2,3人ならば こちらのお部屋も なお お得ですね。

こうして のんびりと お部屋で お茶を頂いたり 館内の見学をしたりして
お風呂に向かいました。

この後は お風呂 夕食編と 続きます。 

murakilf at 00:10|PermalinkComments(1)伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘  

2007年06月19日

6月の庭

息子の お誕生日の食事をした 横浜そごうの 10階にある 「 イルピノーロ・
レヴィータ
 」 から見た またまた 横浜の 夕景です。

横浜そごう イルピノロ・レヴィータ


















横浜の夕景前菜 プロシュートとチーズ、有機野菜ドルチェ盛り合わせ






息子は 6月6日生まれで なんと! あの ( 斉藤 ) ゆうちゃんと 
同じ誕生日なのです。

年齢も一緒ですが 人となりは だいぶ ( というかすごく ) 違っている
ので 息子にしても ちょっと 迷惑気味?のようです。
( って あちらもですよねぇ〜 ) 相手が すごすぎます!

ということで お誕生日会ではないのですが たまたま 私と娘が 買い物に行く
用事があったので イタリアンが食べたいという息子と共に 行って来ました。

夜のコースは 4000円、5800円、8000円で メニューは すべていくつかの中から
選べるように なっています。
量は 男子には ちょっと少なめですが 景色を眺めながら ゆっくりと頂いた
ので 終わる頃には 満足したようです。

場所柄 海の見えるお席は 予約で満員で、 夕方 早目に行った私たちは 
窓際から 2列目のお席でした。
ちなみに お席は 窓際から 3列まであり それ以外の方は その上の段の
お席になるようでした。

比較的 皆さん ゆっくりとお食事を楽しまれているカップルが 多かったので
席の回転は 非常に遅く 1晩 2回転は 無理かもね、なんて会話を していた
私たちでした。 
( 最近 島田紳助が お店の売り上げの話を良くするので… その影響です )
 


6月の庭


















アジサイ2赤い小エビ草の憶にあじさいが…






我が家の6月の 庭です。
あじさいが見頃で ご近所の家々でも 色とりどりに咲いています。
今年は ピンクも交じって カラフルな庭になりました。



おいしいサラダ!父の日 泡マグ白い花束






さて 6月といえば 父の日ですが 我が家の父の日のプレゼントは 
上の写真の真ん中に写っている 「 父 」という文字が 泡で出来るという 
信楽焼きの ビールマグカップ 「 泡マグ 」 です。

本当は もっと きれいに 細く文字がくっきりと出ていたのですが
写真に写すタイミングが早すぎたので こんな陳腐な文字になってしまいました。

というように これは ビールを注いでから数分しないと 文字が出てこないのが
欠点で 注いですぐ飲んでしまうと 気づかないという 気の抜けた ( ビール
だけに ) プレゼントになってしまう恐れがあるのです。

泡マグを知ったのは リビング新聞のようなもので見た、という娘で 
その話を聞いて 私が ネットで探し 東急ハンズにあるらしいという情報を
ゲットしました。
その後 横浜の東急ハンズに 行ってみましたが 「 父の日コーナー 」  
には置いてなく ( 信楽焼きのマグなど 沢山置いてあったにもかかわらず ) 
なんと この泡マグは バラエティコーナーにひっそりと置いてありました。 
( バラエティコーナーって ゲームや 手品、 変装用具、 コスプレなどの 
パーティや 宴会芸むきの用品コーナーなんです。 それが 悲しい! )

ネットでも だいぶ評判になっていたし 最初に探しに行った ロフトの店員さん
も 「 良くお客様から聞かれるのですが ロフトには置いてないんですよ〜 
でも ハンズには あるとの事です 」 とい言っていたので、 東急ハンズも
「父の日コーナー」 に置けば もっと売れるだろうにな〜 と思った私でした。

「 かんぱ〜い! 」 と言ってから 数分待つと言う この行程が
ちょっと 不信感を醸し出してしまったという トホホの 「 父の日 」 でした。



アンズ


















アンズ2ランタナ1ランタナ2






上の写真は 以前お話した 我家の裏庭にある 梅かと思ったら 花が 桃だった
ので 桃かしらと思ったら 花の色が 杏かもしれないという 不思議な木の 
実の 写真です。
とても美味しそうですが 食べられないと むかし 父が言っていました。


きれいなあじさい1


















23るりぎく






きれいな 変わりアジサイです。
つぼみが きれいですね。

さて お天気が 思わしくない予報の今週末 両親と 私たち夫婦の4人で 
伊豆長岡の 京風料亭旅館 「正平荘」 に 行くことになりました。

実は 先週突然決めたこの宿泊は 「 じゃらん 」 ( 宿・ホテルの予約サイト )
から いつも お得なプラン満載のメールマガジンがきていて それに じゃらん
限定の 「 貴賓室半額プラン 」 というプランが 掲載されていたのです。

いつも こういうプランは 直ぐ完売になってしまうので すぐさま 横になって
テレビを見ている 主人に聞き OKを貰って 直ぐ 隣家の 両親に聞き その間
たった5分くらいで 速攻 予約 しました。

貴賓室12.5畳 + 7畳 + 3畳の踏み込み付き 
日本庭園が眺められるそうです。
写真は お宿の ホームページからです。




南天1南天2









南天の花って 地味のような気がしましたが よ〜く見ると 可憐な花ですね。


私のブログを見て 皆様から その内容について 時々メールを頂きます。

今日は 以前 味奈登庵にいらしたことがあるという友人から 懐かしい〜 
という内容のメールでした。

よく コメントを下さる LANCOME様も ご主人と 息子さんが 「富士山盛り」
の愛好者? だそうですが 今日の友人も 息子さんが 以前 よく 食べに
いらしていたそうです。

また 別の友人からは 私たちが泊まったフランスのホテル 「 ル・グラン 」 に 
23年前 新婚旅行で泊まったのよ〜 というお話も お聞きしました。 

なんだか ブログをやっていることで 皆様との接点が 増えたようで 
とても嬉しく思っています。

ところで 話は変わりますが 娘が 「 ビリーズ ブート キャンプ 」 に
興味を示し 買う気マンマンなのです。

最近 購入したという友人から その効果のほどを 聞きましたが 
真剣にやれば かなり 効果はあるはずよ とのお答えでした。

TVショッピングは 見ていると どれも欲しくなって困りますね。

では 半額プランの 正平荘 金曜日に 行ってきま〜す。


murakilf at 23:21|PermalinkComments(6)生活