2007年09月

2007年09月27日

台湾旅行2日目 台風の中 台北〜台中ザ・ラルーへ

台湾旅行2日目です。

さてさて 朝起きてみると 外はすごい雨風、 お部屋の窓からは 
台北駅が見えるのですが 歩いている人なんて 殆どいない状態です。

テレビでは ずっと台風のニュースが流れています。

その時 電話が。。。
昨日もお電話を下さった リージェントホテルの Mさんからでした。
今日は 台風の影響で 市内の学校も会社も すべてお休みになったとの事。
それで 私たちにも これからリージェントホテルに荷物を預けに来るのは
危険なので 避けたほうが良いとのアドバイスを下さいました。

幸いにも 新幹線は 平常どおり運行しているので 駅に直結している
今泊まっているホテルから そのまま新幹線に乗っていかれたほうが、
いいのでは というお電話でした。

ありがたいアドバイスだったのですが 私たちには 朝一で行くところが
もう一つあったのです。
実は 台北に戻ってきてから 翌日 市内観光を入れていたのですが 
とあるクレジットカード会社のトラベルデスクで 今 二人で同一の
オプショナルツアーを申し込むと なんと一人ただになるという 
キャンペーンをしていてそれに申し込んでいたのです。

でも その場合 事前にそのツアーデスクまで無料券を取りに行かなくては 
無料の恩恵に浴することは出来ないとの事で 私たちは 市内観光の日以前
には 今日 新幹線に乗る前の時間しか 取りに行く時間がないのです。

それで その事をMさんにお話しましたら そのツアーデスクの人とは
個人的にとても親しいので 明日 Mさんが そこまで行って 
その無料券を 取ってきて 下さるというのです。
それに この台風では そのツアーデスクも今日は休業でしょうと。。。

わ〜 本当に いいんですか?
そんな 個人的なことまでお願いして 本当にすみません。

本当にありがたい提案に ただただ 申しわけありません、
ありがとうございます、と 感謝の気持ちでいっぱいでした。

そんなことがあって だいぶ気が軽くなり ゆっくりと支度が出来き
持って行かない半分の荷物は このシーザーパークホテルで
預かって頂きました。

台北駅 構内日本のお店がたくさん!F4のヴァネス・ウーもにっこり!







ホテルからは 地下道を通って 「 台湾高鉄 」 の駅に向かいます。
地下街には 当たり前のように 日本のお店がズラッ〜と並んでいて
ビックリしました。
ヤマザキパン、吉野家、中与志(なかよし?) 小林煎餅…

そんな中 F4の (「流星花園」の) ヴァネス・ウーが にっこり!!!

日本でも 「 台湾観光のイメージキャラクター 」として F4が 
テレビのコマーシャルに出ていますよね。
この地下通路に貼ってあったポスターは 「びんろう」 を捨てたら罰金だとか
お年寄りに席を譲ろう だとからしいです。 ( 多分 漢字から推察して )
「 びんろう 」 とは 後で 説明しますね。

ウー様、 遠目にみても ひときわ 際立って すてきでしたよ!

高鉄乗り場10時30分発 動いています!プラットフォームは月台です






清掃中新幹線車内の座席は2−3です






さて 私達が乗るのは10時30分発の新幹線です。
プラットホームには 発車の少し前にならないと
降りられないようになっていて
それまでは 待合室のようなところで待機します。

時間になって ホームに下りると そこにはベージュとオレンジ色の新幹線が…
なんだか 真っ白の日本の新幹線と比べると 色合いが違うので 
新しい割には ちょっと 薄汚れて見えました。

すみません。。。

車内販売は日本のお菓子がいっぱい案内図高鉄グッズは7イレブンで発売中






座席の配置も日本の新幹線と同じで 
違和感はありません。 車内販売も 
コアラのマーチとか ポッキーとか

 お煎餅とか 記念グッズも セブンイレブンで 販売とか。。。
ここは 全く日本でした。


1時間で 台中に到着です。

台中駅の町並み台中駅ホーム台中駅、改札口






ラルーの運転手さん角々にはエロチックなびんろう売りのお店が…






駅構内の インフォメーションセンター前で 
「 ザ・ラルー 」 の運転手さんと 待ち合わせ、 
身振り手振りで 出発です。

( この運転手さん 強面ですよね〜 言葉は通じないし 歯は 茶色いし、 
我体も大きいんですよ〜 )

豪雨の中 1時間半の ドライブです。
途中 道路脇には いかがわしい看板や 昼間っからきらきらのネオンが
光っているガラス張りの小屋が いっぱいあるのです。

これが あの 「 びんろう売り 」 の小屋なのです。
台湾に行った人ならば 必ず目にする光景ですが 最近では
台北では余り見られなくなったようですが 台中や田舎の主要道路脇には 
必ず、 それも 殆ど数百メートルおきにあるんです、
過激な衣装を着たびんろうギャルがいるガラス小屋が…

びんろうとは 木の実のようなもので 噛むと 覚醒作用があるとかで
タバコやガムのようなものらしいのですが 深夜運転する人とか
長距離運転手さんなどには 欠かせないもののようです。

けれど かんだ後吐き出すと残りかすが真っ赤な血のようになって
吐き出されるようで それが汚いということと また 風紀上の問題、
発がん性があるということなどから 今では都心部では敬遠されている
ようですし 台湾の近代化に向けて 政府は このようなものを 
排除する風潮になっているそうです。

先ほどの台北駅のヴァネス・ウーの広告は そのことかもしれませんね。

ラルーの運転手さんの歯が まっ茶色だったのは びんろうをかんでいる
のでしょう。 歯がぼろぼろになるらしいです。

でも 未だに かなりの需要があるようで お店では売り上げを伸ばすために 
セクシーな衣装をつけた 「びんろうギャル」 に店番をさせているそうです。

私は 主人から前もって びんろうギャルのことを 聞いていましたから
あまり驚きませんでしたが 何も知らない観光客はさぞビックリするでしょう。
国によって いろいろ ビックリさせられることがありますね〜


さて 大雨の中、ようやく 「 ザ・ラルー 」 に到着です。

ラルーの玄関1その2その3







この大雨のせいで どんよりと暗く 重苦しい景色に残念でしたが
ラルーは 雨のなかでも オープンエアーな空間が すがすがしく
スタッフの皆さんから 丁寧な応対の出迎えを受けました。

外から入り口を写真に撮ることが出来ず 内側から玄関を取った写真です。

「 紀子様〜 いらっしゃいませ〜 」 と出迎えられ 
ホテルのバウチャーを出すのも忘れて そのままロビーに通されてチェックイン。
 
本来ならば 大きなガラス窓から 雄大な湖を見ながらお茶をいただけるのでしょうが 
今日は あいにく…
冷え切った体だったので 熱いオシボリと 熱いお茶をいただけると思ったら
なんと出てきたのは 冷たいオシボリと 良く冷えたお茶でした、 とほほ…

ロビーティールームお茶をいただきました 冷たい!






素敵なテーブル



















そこで スタッフから 私たちの2日間の予定や ホテル側からの予定など 
確認がありました。
午後のお茶の時間に お菓子とお茶がお部屋に運ばれるそうなのですが 
その時間は 何時が良いか問われたのですが (2日とも) 私は また 
それが 無料なのか、有料なのかが 心配になり そこでもまたまた 
「 フリー 」か否かを 問うはめになりました。

もちろん 笑顔の 「 無料! 」 という嬉しいお返事でした。

( しかし これを聞くのには フリーでいいのでしょうかね?
コンプリメンタリーというのが 正しいようで ラスベガスに行ったとき 盛んに
ルームコンプ、 フードコンプ などと使われていましたから…
今回も コンプリメンタリードリンク? と聞くのがよろしいのでしょうか? 
でも ちょっと 英語圏ではない人に これを使うって言うのは 私には 
勇気がいるので やはり フリー で通しました。 )

さて お部屋に入れるのは3時ということなので それまで 一階の 池畔茶館で 
お昼ごはんとして 飲茶を頂くことにしました。

外に出ると…左にプール右には蓮池が 大雨です!







池畔茶館は 宿泊者だけ使える池を眺めながらのティールームで
半オープンエアーです。
大雨の音と 雨の雫が 微妙に入ってくるその場所には 私たちと入れ替えに 
一グループが出て行ってからは 最後まで私達だけでした。

池畔茶館で頂いたアフタヌーン飲茶


















選べる飲茶セット 880元 + 10% およそ3500円 を1セットと 
ビールを1缶頼んで 2人で頂きました。

点心、スウィーツ どちらも3種類づつ 選べます。
写真で見ていただければ分かりますが チャーシューまん、エビ餃子、
小ロンポウは それぞれ4つずつ せいろに入っているし
チャーシューまん なんて 結構大きいんです。

それに セットについているお茶だって ビックリするほど大きい入れ物に
たっぷり入っているのです。 多分7〜800ml くらいありそうな…

多いですよね〜 これって 絶対 2人分だよね〜 って また心配になる私。
2人前だと 全部で 8000円くらいだよ〜

「 どうしよう〜 喉に通らないよ〜 」 と私。
「 仕方ないよ! 食べればいいんだから〜 」 って主人は言うけれど。 
量の問題じゃないんだよ、私の言っているのは。 
値段の問題なんですけど〜
気になって 気になって…

外は大雨です…ハーブティセット880元+10%選べる点心、スウィーツ











思い切って 「 これは一人分ですか? 」 って聞いたら
「 そうよ! 一人分よ〜 」 と涼しい顔でスタッフ。
「 え〜 ホンマかいな〜 この人 私の言葉 理解してないね〜 」
とまだ 怪しむ私。
でも それ以上なす術もなく 結局二人で仲良く すべて頂きました。

その後 先ほどのロビーに戻り スタッフと共にお部屋に向かいました。
次は ラルーの お部屋とお食事です。 

murakilf at 22:15|PermalinkComments(0)台湾、ザ・ラルー、 リージェント 

2007年09月25日

台湾旅行 その1 出発〜台北到着 

先週の土曜日に 無事 台湾から帰国いたしました。

前回の由布院に続き またまた 台風に遭遇しましたが なんとか予定をこなし
地元の人々と触れ合う素敵な旅を 満喫してきました。


まずは 成田で直接主人と待ち合わせをして 今回もまた台風だね と
不安がよぎる中 台風の進路予想図を持って出発です。

13時45分発 台北ゆき台風がちょっと心配17日午前現在の台風の進路






 
行きの飛行機は かなり 古い機体で テレビもありません。
でも 何せ 飛行時間2時間55分の旅なので おしぼり、飲み物が出て 
その後昼食が出て 免税品販売が終わる頃には もう到着なのです。

日本の上空を ずーっと飛んでいくので 雲の合間からは 日本列島が
はっきりと見えます。
しばし きれいな「 日本の空の旅 」 を楽しみました。

JAAですが本日はJALの機体です飛び立ちます!視界は良好 






富士山窓からの景色その2






写真が多くてすみません
でも とても
きれいだったもので…

その3


















その4


















その5


















その6淡路島高知沖






飛行中 眼下には、関空が見えたり 瀬戸内海 四国
九州も はっきりと見え 素敵な空の旅を
堪能しました。

宮崎沖台湾は…曇天でした!







30分遅れで成田を出発したにもかかわらず 予定通り 4時15分到着でした。
台湾は 曇り空、 いつ降り出してもおかしくない程のお天気に
なんだか がっくりです。

空港1漢字なので何とか分かりますwelcome to 台湾







空港の案内は漢字表記なので なんとなく意味が分かります。
そのおかげと 下調べもしていたので 空港は迷うことなく進みました。

ここからは 高速バスで市内まで行くのですが このバスは 行き先の
ホテルによって 何ルートかあるのです。 
私たちは まず 台北駅で 明日乗る新幹線のチケットを 買う予定が
あるので(ホテルも台北駅のすぐ裏なので)台北行きのバスに乗りました。


バスに乗り込んだと同時に雨が降り出し 相当凄い雨足になってきました。

台北駅の すぐ横にバスは止まります。 夕方で雨、ということで
道は混んでいて 駅に到着したらすっかり暗くなっていました。

台北駅では 新幹線は、高速鐡道 ( 高鐡 )、 普通の鉄道は、
台湾鐡道 ( 台鐡 ) と呼ばれているので 私たちはまず高鉄のチケット
売り場を探して 自動券売機でのチケット購入を チャレンジしてみました。

台湾新幹線(高鐡)明日のチケット自動券売機











事前に 日本で、新幹線のチケットの買い方を プリントして行った
のですが なんと 肝心なときに すぐその紙が出ないという事態に陥り 
「 肝心なときに つかえない人だな〜 」 と 主人に怒られながら
( この先何度も このセリフが出てくるのですが… )
途中 高鉄の お姉さんに 手助けしてもらい なんとか 操作して 
無事 明日のチケットをゲットです。

台北 から 台中までは 700元 ( 2500円 ) 時間は 1時間です。

高鉄のお姉さん窓口でも買えます夜の台北駅







この 台湾ドル=元 は 台湾の空港の銀行で両替しましたが
この日のレートは −元が 3.58円 (1円が 0.28元) でした。 

日本の銀行の今日のレートは 1元が 3.98円なので ( 1円 = 0.25元 )
やはり現地で両替するのが お得なようです。

ちなみに 外国のお金の両替は 2国間で 力関係が弱い国で両替するのが
原則だということです。

つまり 東南アジア各国では日本の方が強いので アジアで両替したほうが得で 
アメリカやヨーロッパでは そちらの方が強いので 弱い日本で両替したほうが
得だそうです。

フランスに行ったときは 日本で 両替して行きましたが 現地では
ものすごく 円のレートが悪いようでしたから 当たっていますね、この関係。

ちなみに 私が日本で両替で利用するのは 「 トラベレックス 」 という
外貨両替所で 成田の電車から降りてすぐのところにあります。

京成トラベルたびるーむの中にあるこの両替所では ホームページ右側の
( プレゼントキャンペーン実施中!!詳細はコチラのところです )
を持っていって 300ドル 300ユーロ ( 以外の外貨は3万円以上 )
両替すると 外貨換算機能つき電卓がもらえます。

外貨換算機能付き電卓横浜のダイヤモンド地下街にもトラベレックスは
あるのですが 横浜ではこのクーポンは
使えません。 両替の際には このクーポン
を持って成田でどうぞ、この電卓、便利ですよ! 
世界旅行博の時も「トラベレックス」のブース
で この電卓を 景品で出していました。

 
さて 無事、一仕事を終えて 台北駅の地下でつながっている地下鉄MRTの出口に
直結している今日の宿泊ホテル 「シーザーパークホテル」 にたどり着きました。
長い足を絡ませての 余裕のチェックインスタイルの 主人です! 

シーザーパークホテルにチェックイン広〜いお部屋その2







旧ヒルトンのこのホテルは交通の便が良い4☆ホテルで ツアー客に人気ですが 
建物はかなり年季が入っているとの 情報があったので 心配でしたが
今回予約した エグゼクテイブフロアーのツインルームは 50岼幣紊發△
大変広くて こぎれいで 可愛いインテリアで 一晩寝るだけでは 
もったいないほど ありがたいお部屋でした。 1泊1室 18720円でした! 
 
可愛いベッド


















ウエルカムフルーツとケーキ大理石のバスルームテレビでは台風のニュースが…







ホテルからは 果物とチョコレートケーキの プレゼントもあり 
明日の朝食はつけていない私達の 朝食代わりに 翌朝 美味しく頂きました。

テレビでは 台風のニュース を盛んに放映していて
これから 暴風雨になりそうな気配でした。

そんな時 台中小旅行から 台北に戻ってきた後 2泊する 
「 グランドフォルモサリージェントホテル 」 の日本人スタッフ
Mさんから 主人の携帯に電話が入り 無事ついたかどうか 
心配して下さっていました。

Mさんとは 日本でコンタクトを取っていて 明日からの台中小旅行の際
荷物を全部持っていくのは大変なので 半分の荷物を リージェントホテルで
明日の朝 預かっていただく手はずを お願いしていたのです。
その関係で 今回 心配してくださっての お電話でした。

現地で 相談する手段を持たない私たちには 大変ありがたい対応で
特に台風などのアクシデントではMさんのお世話にすがる私たちでした。  

夕食は駅の裏側の日本語メニューのあるお店でパーコー麺







さて 夕食は 永楽街の 「 鼎泰豐 」 で 小籠包を食べる予定でしたが
この雨では 現地で並ぶことも出来ないとのことで 駅の裏側にある繁華街のお店で
小籠包とパーコー麺を頂きました。

狭い、脂っこそうなお店でしたが メニューには日本語もあり お値段も現地価格で
良心的で 二人でお料理2品+台湾ビール2本飲んで260元 (930円 )でした。
ちょっと おばさんが強面で 恐かったのですが 案外見た目よりも優しくて
地元の人に混じり 美味しく頂くことが出来ました。

この界隈は 学習塾が多い地域で 若者が大勢いるせいか 角々にはコンビニがあり
セブンイレブンや ファミリーマートなど 日本と全く同じに 賑わっていました。
ファミリーマートは 「 全家 」 と なっていました。 面白いですね。

なんだか このあたりは 新宿の裏通り辺りのような気がして 
(といっても 私は 現在の新宿の裏通りを知っているわけではないのですが )
全く外国に来ている気がしない界隈でした。

外はすごい風雨で 明日の行動が心配でしたが とにかく 明日に備え 
荷物を2つにわけ 眠りについた私たちでした。

murakilf at 21:45|PermalinkComments(0)台湾、ザ・ラルー、 リージェント 

2007年09月12日

夏の集まり 〜 台湾旅行、手配編

八月の最後の日に 磯子時代から ずっと仲良くしていたご夫婦、3組と 
関内の日本料理店 「 旬香坊 原 」 に行って来ました。

このご夫婦とは 年に2回 夏と冬に 夫婦でお会いするのが恒例で 
( 女性同士は 2,3ヶ月に一回は会っていますが ) 
いつも 横浜のおいしいお店を紹介していただき にぎやかに過ごしています。

というのも この2組のご夫婦は どちらもご夫婦そろって 「 浜っ子 」で 
ご主人の職場も そろって地元、横浜なのでこの辺は良くご存知なのです。

このお店も お仕事の接待に良く使われるとかで 白木の清潔なお店で
2階には 個室もあり 食べ物も大変おいしく お酒や焼酎の種類も多く 
よく食べ よく飲み 大笑いの連続でした。

私は最近、食欲が無く 余り食べられないのですが なんとこの日は楽しかった
せいか もりもり食べられて 握りずしや おにぎり 串揚げなども自分で
注文して せっせ、せっせと 食べ続けていました。

おいしかったんですね〜

関内 「旬香坊 原」牛のたたき串揚げ







この方達との出会いは 息子が 幼稚園に入った時からです。

幼稚園の入園式の後 クラスに母親が集まった時の事ですが 
その時 母親の 「ある人」 のところに 皆さんが挨拶をしているのです。
多くの人が 「その人」 に挨拶をしているんです〜

私は 引っ越したばかりで 知り合いがいなかったので 大変驚いて
一体あの人は誰? ってかんじで その人を見ていたんです。
年のころは う〜ん 私と同じくらい???

飾り棚の茶器



















さて 写真は 久しぶりに行った 自由が丘の 状元楼です。
土曜の夜は 激コミで ずいぶんと にぎわっていました。

また 自由が丘 状元楼です大エビのチリソース黒酢、酢豚







幼稚園は 朝に、午後に 母親同士が会うので 必然的に皆さんとお話しする
ようになって 気づいたら 私も すっかりその人と仲良くなっていました!

だってその人、やっぱり私と同じくらいの年で 上に私と同じ2人のお子さんがいて
そのうえ すごく面倒見が良くて 優しくて 一気に気が合ってしまったのです。 

あの 入園式の挨拶事件の真相は 上のお子さん時代のお知り合いが大勢いた、
という事で 納得しました。

ソフトシェルクラブのから揚げ小ろんぽうきれいな磁器







それで しばらく経ってから 別の若いママが ( その人のお子さんは
息子と同じ、年少さんの他に お兄ちゃんが年長さんにいる方で )
「 紀子さんに ピッタリの、とても気が合いそうなママが 年長さんにいるのよ
今度 紹介しますね! 」 って教えてくださったのが もう一人の方なんです。

その後 はれてその方とも ご対面、 またしても同じ年代でスッカリ仲良くなった
三人組、 それから 子ども抜きの 仲良しさんになったのです。

その方たち! すご〜く きれいなんです!
( でも すこし 派手かも。。。 )

私が入院中 その2人が お見舞いに 来てくれた時の事ですが
患者さんはお化粧なんてしていないし 周りにいる看護師さんたちも
皆さん白衣なので その時の私は 鮮やかな色彩に慣れていなかったからでしょうか
その2人が 病室に現れた時 その艶やかなお姿に 私、 びっくりして 
目がくらんでしまったほどだったのです。 くらくら…

あとから その話を 2人にしたら 
「 あら〜 病院だから 地味にして行ったのよ〜ん 」 とのことでした。

同室のお部屋の方からも 「 あの方達は どういうお知り合いなの? 」
って聞かれたほど かなり 目立っていました!

だって 一人の方( 年長さんの方 )は デヴィ夫人に似ているんです。
「 あら〜 いやよ〜 あなた〜 」 って 話しっぷりもそっくりで。。。
でも 性格は とても真面目で 大人しく 堅実なんです。 
その意外性が かえって魅力的なんですね。

もう一人の (幼稚園で挨拶されてた) 方も おしゃれが大好きで 突然 
長い髪になっていたり ( エクステ? ) 最近では
オバジ系の皮膚科に行って ますますお肌が綺麗になっていました。

もうお知り合いになって 16年です。
時間の経つのも早く感じるほどの 夏の終わりの 楽しい夜でした。

最近の庭


















さて 以前から 小出しにお話している台湾ですが 来週の月曜日から行ってきます。

ブルーペチュニアさるすべりクレオメ







なぜ台湾かというと 1999年 台中の「集集」あたりで 台湾中部大震災がおこり
その時 お仕事で その被災地に足を踏み入れた主人は その後 復興した台湾を
ぜひ見て見たいという 願望が以前からありました。

それで 「 世界旅行博 」 の度に 台湾のブースに行って 
現地の様子など聞いていたのですが  
折角行くなら 故宮博物館がリニューアルしてから行こう、
台湾新幹線が 出来てからにしよう、 と言いつつ 2,3年経ってしまい
今年 ようやく 遅れていた新幹線も開通し 長い間 改修していた故宮博物館も 
リニューアルオープンをしたということで 台北〜台中の旅を 計画しました。

芙蓉


















飛行機は マイルが溜まっていたので 二人分それを 利用しました。
台湾は近いので マイルも少なくていけるので ありがたいですね。
マイルの期限が今年いっぱいだったのと 息子が また合宿があるので
それにあわせて この時期になりました。

ホテルは 台湾は ホテル直の予約より 代理店を通したほうが
遥かに お安くなるようなので JHCで お願いしました。

群生シリーズ1、トレニア群生シリーズ2、ベコニア群生シリーズ3、ランタナ







台北駅前 シーザーパークホテル
主人が 前日から泊りでのお仕事なので 
朝のお仕事をこなして午後からの出発です。

台北には夕方着で 次の日朝、新幹線に乗るので 
台北駅前にある「 シーザーパークホテル 」
を 予約しました。

被災地の集集辺りへは 台北からだと車で4時間
台中からでも 車で2時間ほど奥に入るので
今回は まず 新幹線で台中に行き そこから
その日泊る 日月潭 (湖) のホテル
「ザ・ラルー」 のお迎え車を予約しました。

このように 集集あたりは 台北から かなり遠いので なかなか 一般の観光客は
訪れないようですが 地元の人たちにとっては 綺麗な湖があって南国ムード溢れる
この地域は 人気の観光地になっているようです。

ホテルは 日月潭という湖に面した ザ・ラルー ( 日月潭涵碧樓大飯店 ) を
予約しました。

台湾 日月潭 ザ・ラルー


















ラルー2ラルー3ラルー4







日月潭に2泊して 集集線にのって 大震災から見事に復興して 以前の賑わいを
取り戻した集集や 水里の街を 楽しんで来る予定です。

グランドフォルモサリージェント












そして 台中から台北に戻り 台北で2泊して 小籠包の食べ比べや
マンゴーカキ氷を楽しむつもりです。
台北では 上の写真の グランド・フォルモサリージェント ( 台北晶華酒店 )
に泊まります。 

( 写真はどれも それぞれの サイトから拝借しました )

娘の勤務している会社が契約している 「福利厚生倶楽部」という 
保養施設の紹介など、企業の福利厚生サービスを請け負っているところから
申し込むと JHCのホテル予約が 1割引で利用できるので 3つのホテルとも
当初の予定より かなりお得に予約できました。

ザ・ラルーは 「ファルーカ」 という代理店から申し込むとと 夕食やスパなどが
ついていて 魅力的なパッケージがあったのですが JHCのほうが若干安いようで 
今回は こちらで申し込みました。

あとは 台風が来ないことを祈るばかりです。

昨日のお昼頃 お買い物中に 友人にばったり!
その方も 2,3年、前に (やはりマイルで) ご夫妻で台湾へいかれたとの事 
でも 帰りに 台風に遭遇して大変だったとか…

おいしいものがたくさんあるので ぜひ堪能してきてね! と 
おっしゃって下さいました。

PS 私の最大のお楽しみ 「 世界旅行博 」 は 今週の 土、日です。
  前売り券は 1200円が1000円になる コンビニでどうぞ!



murakilf at 16:42|PermalinkComments(5)生活 | 台湾、ザ・ラルー、 リージェント

2007年09月05日

8月の庭 と お出かけ、 2008年週間旅行カレンダー

夏休みにお出かけした 「 ベイサイドマリーナ 」(悲しいかなアウトレット) です。
今回は 「 HUMAN WOMAN 」 で 7分丈パンツを買いましたが なんとも 
私がはくと 9分丈パンツになっていました。

ベイサイドマリーナは 夏は暑すぎる立地なので、やはり秋や 初夏がいいようです。

横浜ベイサイドマリーナ


















アウトレットショップマリーナ灯台







次は 内緒のお話?の時に 重宝する 銀座の 「  」です。
銀座4丁目の交差点のすぐそばにある便利なお店ですが、ここはバイキングも
あって そのお客さまが エレベーター前に並んでいます。 
でも お昼のお弁当コースの人は 基本的に 素敵な個室に案内されるので
内緒のお話には ピッタリで そのうえ店内は真っ暗なので ちょっと いい感じです。

夜がメインのお店なのですが お昼も主婦を相手に 営業しています! 
みたいな感じです。

銀座 庵 クーポンドリンク庵 お弁当ランチ2100円デザート






こまごました小鉢以外に ご飯はジャコご飯など2種類から選べて お椀もついて 
デザート、 コーヒーつきで 2100円です。 
クーポンドリンクは カクテルなども選べます。

私の内緒のお話は モチ! 病気自慢大会のランチでした。




久しぶりに 8月の花 シリーズです。

クレオメです。
毎年、種がこぼれるので 今年も 庭のあちこちに 咲き始めている状態です。

クレオメ



















おしろいばな、 まだまだ 満開続きですが 夕方にならないと咲かないので それが
ちょっと 淋しいですね。

おしろいばな




















さて 次は 六本木ヒルズです。

六本木ヒルズ、香港茶楼点心セット1500円五目涼麺1500円






 
たまたまた この日 グランドハイアットに主人が泊まることになっていたもので 
その前に 六本木ヒルズにお供して ランチ、 散策と なりました。

ランチは 香港茶楼の点心セットと 五目涼麺でしたが この五目涼麺がとても
きれいで 堪能しました。
店内は 素敵な外人と IT系の若いお勤め人の方々で 一杯でした。

この日は いつもの猛暑は一段楽した過ごしやすい日だったので 毛利庭園を
散歩していたら 私の大好きな 睡蓮の花が 水辺を飾っていました。

この日から 六本木ヒルズは お祭りだったので 午後からはだいぶ人も増え
私の帰る頃には 浴衣姿の若い方も ちらほら出始めていました。
 
毛利庭園の睡蓮



















毛利庭園つぼみ睡蓮、2








さて グランドハイアット東京です。

なぜここに泊まったかというと 去年 京都のハイアットリージェンシーに 
泊まった時に 誰でもなれるという ハイアットの 「 ゴールドパスポート 」 メンバー
になったのですが 今年の5月に 箱根のハイアットに泊まった後に なんと! 
ゴールドパスポートの係りから 「 あなたは 世界中のハイアットで2007年8月まで
の期間にご利用できる 無料宿泊を 獲得されました 」 というメールが届いたのです。

なんだか入会特典のようなもので このときは 1年間に2回ハイアットに宿泊すれば 
1泊無料の宿泊が付いてくる、というような プロモーションだったようです。

最近でも そのプロモーションをやっているのですが 3ヶ月に2回宿泊すれば 
1泊ただ、のような内容だったので まさか 私が当てはまるとは思わなかったのです
が 入会時は 1年以内だったようで 今回 めでたく無料宿泊できたわけなのです。

世界中のハイアットと言ってもねぇ〜

私たちは もう8月一杯では 使うのは無理だと思っていたのですが 
たまたま 主人の中高時代の友人の東京出張がこの時期だったので 東京滞在を
1泊延ばしてもらい その友人と 主人で 宿泊となったわけです。

噂では ハイアットの無料宿泊枠は パークハイアットとこのグランドハイアットが 
一番人気で なかなか 取れないとの事でしたが 今回は 難なくゲットでき 
恩恵にあずかることが出来ました。

グランドハイアット お部屋スタンダードルーム森ビル






無料なので スタンダードのお部屋でしたが まだ新しい
ので すこぶる快適で スタイリッシュな内装でした。


洗面所と右奥にトイレ洗面台テーブル






バスルームは ガラス張りで 斬新!
レインシャワーと言って 天井から降り注ぐ
大きなシャワーが 付いていました。

すばらしい!窓からの眺め


















高層階の 東京タワービューのお部屋に 大満足!

グランドハイアット東京窓からの夜景夜の森ビル






素敵な 東京の夜を過ごせて 友人も 喜んでくださいました。



さて皆様にお願いです。

実は私 4トラベルと言うサイトの 「 みんなで作る2008年週間旅行カレンダー 」 
っていう企画に 写真を応募しました。

4トラベルのサイトを見ている皆さんの投票によって 来年のカレンダーに乗る写真が 
選ばれると言うもので 無謀にも応募してしまったのですが なんと 皆さんスゴーク 
お上手なんです!
私の写真なんか 本当にお恥ずかしいんですが 折角なので皆様にも 差し支え
なければ 投票していただこうと思い お知らせしました。

この企画は 投票が一人1回となっているので せいぜい家族みんながそれぞれに
応募しても 数票にしかならないので 皆様に お願いした次第です。

以下の写真の 6枚です。

1月 山形県、山寺2月 ドバイ4月 パリ






6月 みなとみらい、開港記念日7月 京都七夕8月 ハワイ







このサイトの 各月の写真の中から 私の写真を選んで 投票してください。
各人1回限りなので アドレスを記入して 以下のメルマガの欄は 希望しないに
チェックを入れていただければ 面倒なことにはならないと思います。

9月24日までなので お暇なときにでも のぞいてみてください。
私の写真は かなり 後ろのほうにあります。

他の方の写真は とっても素敵で いいですよ〜 お楽しみいただけると思います。

では よろしくお願い致します。



murakilf at 13:54|PermalinkComments(4)生活 | ホテル