2006年08月27日

望水 夕食 「 海の詩 」

夕食 「 海の詩 」前菜夕食   







一日目の 夕食は 「 海の詩 」 と名づけられた 海鮮尽くしの メニューです。
基本は 「 磯懐石 」 というものなのですが ほかにも 数種類 選ぶことが出来ます。
本来は お部屋食が 基本ですが 今回は 7人だったので お部屋のすぐそばの やはり
海が良く見える お食事用の お部屋を 取っていただき ゆっくりと 楽しむことが出来ました。

海鮮石焼お造り 器の周りは氷です車えびのおつくり







 
鮑 車えび 鮑の 踊り焼き車えびの 塩焼き







この石で 焼いているのは 前菜の 隣にある サザエの 器に入っている 海老や
ホタテ、アワビ ( この アワビですが ちょっと 小ぶりだったので 私が とこぶし かしら? 
と 小声でいったら 「 あわびです! 」 って 仲居さんに ピシッ!!と 言われて
しまいました。 これが あとあと… ) 唐辛子 などです。 400度に 熱せられた 
石で 焼くので 外は かりっと 中は ホッコリで さっと あぶって食べる感じです。

次が この 「 海の詩 」 コースの メイン 「 アワビと 車えびの 饗宴 」 です。
これは アワビ 車えび とも 「 お造り 」 か、「 踊り焼き、 塩焼き 」 から選べる 
と言うもので 焼き物の場合は それぞれ 目の前で 焼いて くれます。 
アワビは 焼いて 切って 盛り付け まで 目の前で やってくださるので 私たちは 
熱々の おいしいところを いただけます。 
でも 何せ 7人分 それぞれ 一人ずつ お造りか 塩焼きかの リクエストが 異なるので
それを焼いている 仲居さんは 本当に 大奮闘で 大忙しなのです。
私たちに 熱々のところを 食してもらおうという 意気込みが こちらにも ひしひしと
伝わってきて ちょっとした 空気が ピーンと 張り詰める 気配が あたりに 漂い始め
たのです。 だって こちらも 前菜、 石焼 と まだ食べるものが 目白押しで その上
石がさめるので 石焼を 早く焼いて 食べるように 言われてるし…  踊り焼きや 塩焼きも 
次々 出てきて 食べるのが 忙しくて… 
もう 話なんて 誰もしないような 状態で… 私たちは もくもくと食べ、 仲居さんの
配膳時の 袖触れる 音だけが 聞こえるという 何とも 奇妙な 私たちと 仲居さんとの
どっちも負けないぞ! という 意気込みが感じられる 雰囲気でした。

はすの 蒸し物など海鮮辛味鍋てんぷら







そこで 仲居さんが 海鮮辛味鍋に 火を入れた時 主人が 「 ちょっと ペースが速いね 」 
と 小声で 言ったのが 仲居さんの 耳に!!! そこで 緊張の糸が 切れたのでした。
うわぁ〜 仲居さん なんて言うのか?
「 はいっ! よーく 調理場の者に 言っておきます! 明日から 2度と このようなことが
ないように 決して このような事がないように 調理場の者に よ〜く 言っておきます! 」
…と またもや ビシッ! と言われてしまいました。
こちらとしては 一言 そうですね、 と言ってくれれば よかったのだけど 調理場まで
持ち出して 私の責任では ありませんからね! 見たいな感じになって ちょっと 心が
痛みました。 仲居さんとしては 今までの 頑張りが 「 こちらには そうとられて
いたんだ〜 」 という忸怩たる思いだったのでしょう。 
それから ちょっと?、 ずっと こわかった〜
もちろん 意地悪ではないのですが それからも ずっと 良くお世話してくださったのですが。

五穀米 赤だし甘味







お料理が 一通り で終わると ご飯になるのですが、 それが なかなか 出てこないのです。
私たち 手持ち無沙汰で…  う〜ん、そう来たか〜 
ご飯が なかなか 出てこなかったのは 偶然だとは 思いますが かなり待ちました。
もちろん ご飯 早くしてください、 なんて 言えません!

望水 では 無料の サービスがいろいろとあって お風呂上りの ところてんサービスや 
朝風呂後の 取れたて地野菜の サービス、 日の出カフェの コーヒー、レモンジュース
無料サービスなど ありますが 夜も 夕食後の ロビーでの シャンパン、 ジュースと 
生チョコの サービスがあります。 お部屋に帰ると ブルーベリーなどの 数種類の 
べりー盛り合わせが グラスに 入れられ 置いてありました。 
シャンパン、 チョコに ベリー、 「 プリティウーマン 」 ですよね。 恐れ入りました!

夜のラウンジ2ラウンジサービス  ジュース 生チョコ




murakilf at 17:18│Comments(0)伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字