2006年08月29日

望水 2日目 

朝のヨーグルト朝食籠の中







二日目は ビックリするほどの良いお天気で 東伊豆なので 朝日が 見られ フロントに頼むと 
「 日の出 コール 」 なるもので 起こしてくれるサービスもあります。
私たちは もちろん ? ぐっすりで 主人だけが 早起きで いつものように 出勤する娘達を 
自宅に 「 モーニングコール 」 して 起こしていました。 ( これは 我が家の習慣で 
実は 2女が 高校生のとき 学校を遅刻してしまい その理由を 学校に 提出しなくては
ならないとき 苦し紛れに 主人が 「 私が 出張していたもので 家族の管理が 手薄になり 
遅刻してしまい 大変 申し訳ありませんでした。 」 と書いたのです。 
そしたら 娘の担任の 先生から ( 若い 未婚の先生 ) 「 我が家の 父親は 出張中でも 
私と 母親を 電話で 起こしてくれたものです! 」 と 返事が かえって きました。 
へぇ〜 父親が 起こすんだぁ〜 と感心した 私たち家族! (主人を除いて )
それ以来 我が家は 主人が 皆を 起こす役目になったのです。 
それからもう 7,8年 たちますが 本当に 主人には 感謝しています。

さて 話は 戻って 望水の 朝ですが、 目覚めると お部屋に ヨーグルト、 定番のお茶 
梅干 の サービス。 その後の 朝食は 一人ずつ 和食 洋食が 選べます。
色々入った籠の 他に 左は 乾燥した磯のり 右は くみ出し豆腐 向こうは 5種類から
選べる 焼き魚、 このほかに 熱した石を お味噌汁に ドボンッ! と豪快に 入れる 
浜っこ汁が でて おなかは 満腹です。

伊豆急 リゾート21車内車内 2







白浜海岸その後、主人と 息子と 1歳違いの 甥っ子は 3人で 白浜に 波乗りに行きました。 伊豆急の 「 リゾート21 」 という 展望車が 各駅停車を中心に 走っているので 時間を調べて それに乗り 20分くらいで 下田に着きます。 その後 白浜までは バスです。 たまたま 甥っ子達は 「 南伊豆フリー切符 」 で来ていたので 伊豆急線内と バスは3日間 乗り放題に なるので その切符を 利用して 若者の メッカ 伊豆白浜に 行きました。 白浜海岸は 大混雑! この海岸は 波が高いので ボディボードなどに 向いているようで 息子達は ずっと 海の中だったそうです。 主人は ゆっくり ここで 朝の睡眠不足を 取り戻し 爆睡でした。 ( …って私 行ってないけど、 たぶん? )
 
プライベートガゼボ 日のなごり23







この日は 午前と 夕方の 2回 貸切り露天風呂 を 取っていただき 女性陣も のんびりと 
プライベートガゼボ 「 日の なごり 」 を 満喫しました。
こちらのほうが 昨日の 「 波まくら 」 より アンティークで 女性好みの 仕様です。

海を臨む4お風呂から 室内を望む







ここ 北川温泉は 漁港なので 漁船が ゆらり ゆらりと 海に 浮かんでいる様を 見ているとのんびりして とても 癒されます。 
また 海岸は 浜辺が無く 岩場だけなので かえって海水浴の人もいず 釣り人が おとなしく いるだけなので とても静です。

室内のソファー室内の様子飾り物







室内の様子です。 アンティークな 飾り物が いたるところに飾られていて 息子では
ないけれど こんなお部屋に 住みたいなぁ〜 と 感じさせられます。
こんな至福の時間を 過ごすために 元、観光研究部員の私は 日夜、情報収集に励んでいます。

北川温泉北川温泉以前は 読書が趣味で ひたすら 本を読んで 図書館通いをしていましたが、最近では トンと 図書館にも行かず 困ったものです。 「 電車男 」 を ネットで 読んだあたりから 私の 生活の 中心は パソコンになった 感が ありますが 嬉しいことに 病院にも ( 4年前には無かった ) テレビがパソコンにも なるという 優れものが 導入されていて 入院中も 結構 IT生活? を エンジョイしていました。
写真は 駅の辺りから みた 北川温泉です。 
この光景は 2時間ドラマ などに よく出てくる 景色で 電車の中からは ほんの一瞬しか
見えませんし また 北川温泉駅を 利用する観光客も あまり多くないと思うので 結構 
貴重な 写真だと思います。 
背の高い 白いホテルの 向こう側の 松の木に 隠れたところが 望水 です。  

murakilf at 11:56│Comments(2)伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘  

この記事へのコメント

1. Posted by SEALOVE   2006年08月29日 17:42
紀子さま 今日も暑かったですね!
「望水」本当にすばらしいところですね。
眺め、インテリアのセンスの良さ、
貸し切り風呂(リビング付きが良いですよね)、
そして数々のサービス。気合いを入れて望まないと^^

ハラハラしました。夕飯!!
待たされると気持ちが萎えますが、
せっかくのご馳走ゆっくりいただきたいですね。
熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちにの
意気込みが感じられますが…「とこぶし」から始まったんですかね?
ひきがねにはなってるんですかね? 
うちでもお寿司やさんでカウンターに座ると,
みんな無口になるんです。
トンチンカンなこと言って、
板前さんがチョットでも反応するとこまるから(笑)

京都、望水きれいな風景に心癒されます。
いつも楽しみにしています。
2. Posted by 紀子   2006年08月29日 17:58
SEALOVEさま

本当に 今日は 暑かったですね〜
今もまだ せみが鳴いています。
そ、そ、そうなんです!
先ほども 私の姉から 電話で おすし屋さんに いったら
そこの 流儀に 従わないと 怒られる あの感じ?
なんて 話してました。 SEAKOVE様に わかってもらえてうれしいです。
多分 お宿のほうも 私たちの人数からして
かなり ベテランの てきぱきした方を
つけてくださっとと思うのです。
その方も プライドがあるみたいで…

主人が 春先に 長野の 某老舗旅館に 仕事で行ったんです。
どうだった? と聞いた私に
温かいものは 冷たく、 冷たいものは 温かく でてきたよ、
って 言ってました。 団体だったからでしょうか?
大爆笑でした!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字