2006年10月03日

ヴェトナムアリス と 世界旅行博 パート1

ヴェトナムアリス 店内ベトナムアリステーブル







赤坂見附の 「 ベルビー赤坂 」 の2階にある 石鍋シェフ 監修の レストラン
「 ヴェトナム アリス 」 に 娘達の 幼稚園時代の 友人達との お集まりで 秋の
ディナーを 楽しんできました。 ( 大きな写真は ぐるなび からです )
他の 「 アリス 」 とちがって 駅ビルにあるので 全く 気取らないレストランで
気軽に入れました。 でも 店内は アジアンチックに まとめられ スタッフの方は
ベトナム人ではないかもしれませんが 皆さん アジアの方たち ばかりでした。

青パパイヤのサラダ春巻きバスケット前菜 春巻きバスケット







私たちは 3500円のコースを頂きました。 はじめに 青パパイアのサラダ 名物の 春巻きバスケット、 メインの 鶏のフォーか べトナムカレーの 選択、最後に デザートと ベトナムコーヒーです。

ベトナムコーヒー香草は テーブルにおいてあり 入れたい人だけ 入れられるように なっていたので 香草苦手な 私には とてもうれしい 心使いでした。 
このメンバーは もう 20年来の 友人ですが 幼稚園時代は ほとんど 毎日 行動をともにしていた 仲よしたちです。 
でも 皆さん ご主人の転勤などで 東京を 離れていらした時期も ありましたが 最近では また 元の通りに 
集まれるようになり 本当に うれしい限りです。
子供の話よりの 自分が いかに 苦労しているかの 自慢大会?で 
「 明るい 苦労人の会 」 を結成したいくらい 楽しい メンバーたちです。 ちょっぴり甘い 
ベトナム料理も 意外とおいしくて 本場で食べたいなぁ〜と 思った 一夜でした。


世界旅行博インドのブーススペイン ドバイ オマーン







エミレーツ航空ドバイ1ドバイ2







ベトナム料理を 堪能した次の日 いよいよ 私が 一年間 待ちに待った「 世界旅行博 」
に行ってきました。 
この催しは 世界 130カ国の 観光協会や、 飛行機会社、 ホテルグループ、 などが 
一同に あつまって 日本人や 日本の旅行会社に 自国の 観光を売り込むというものです。 
以前は パシフィコ横浜で やっていましたが 私が 病気で ごたごた している間に 
会場が 東京ビックサイトに 変わっており かなり 規模が 大きくなって きたようです。
会場の 各ブースでは 現地から来た方たちが いろいろと パフォーマンスをしたり 
トークショー、 水着コンテスト、 ビデオ上映 などを 催していて その国ご自慢の 
様子や 情報が ゲットできるのです。
また ブースに来た人向けに クイズや 抽選会や ちょっとした ゲームなどをして 
小物や 大物?を もらえるという お楽しみもあるのです。 

どこも 凄い人でしたが まず 去年 行った エミレーツ航空と ドバイ のブースに
行ってきました。 昨年は これらのブースは 一つでしたが 今年は エミレーツ単独ブースと
それとは別に ドバイの観光協会と ホテルが 一緒になった 大きな ブースができていて 
写真を 撮ってくれたり アラビアンコーヒーを 飲ませてくれる サービスなどがあり 
とても 沢山の人で にぎわっていました。
私が ジュメイラホテルグループの ブースで 「 去年こちらで ドバイ の DVDを頂き 
あまりのすばらしさに 興味を持ち 早速 ドバイに 行ってきたんですよ! 」 と
お話したら すぐそばにいた スタッフの方が 「 去年 その DVDを お渡ししたのは 
僕です! 」 なんて 言ってくださり 私たちの ドバイへの 訪問を とても 喜んで
くださいました。 ( その方は ジュメイラホテルグループ東京事務所の方で 日本人ですが 
ドバイと 日本を 行ったりきたり しているとのことでした )

私がもって行った ドバイの写真も 見てくださり その 写真に 私たちと一緒に写っていた 
7つ☆ホテルの スタッフのことも よくご存知のようで 「 この写真 自分が 責任をもって
その方に 渡してきます 」 とおっしゃってくださいました。 私たちも こんなに 
皆さんが 喜んでくれるとは 思わなかったので とても 嬉しく感じました。

やはり 皆さん 自国を売り込むために わざわざ 遠い日本まで 来るのだから こうやって 
一人でも 確実に この催しで 観光客が 増えたという事は 効果が 目に見えて 嬉しい
ですよね。 そして 私たちに たいそう豪華な アルバムのような、 ホテルや ドバイの 
写真集を 3冊も 下さいました。 重くて重くて その後 歩き回るのが 大変でしたが 
さすがに お金持ちの 国だけあって それはそれは すばらしい ご本でした。
ドバイに ご興味のある方は どうぞ ご一報ください。 その ご本 お見せしますよ。

最近の ドバイは 日本人旅行者が とても 増えたようで 今回の会場でも ドバイブースの
スタッフは 日本の旅行会社や 他国の スタッフなどに 熱心に セールスを していました。

このあとも まだまだ 世界旅行博ネタが あるので パート2 に 続きます。


murakilf at 16:01│Comments(0)グルメ | 旅行

コメントする

名前
URL
 
  絵文字