2006年10月03日

世界旅行博 パート2 と ベトナム

韓国ロシア1ロシア







ドバイの ブースを後にし いろいろな国を回りました。
韓国ブースでは ドラマ 「 チャングムの誓い 」 を ステージで ずっと 上映して
いましたし、 時間ごとに 出演女優や 主題歌歌手 などの トークショーも 行われている
ようで 私たちが 帰る頃は どうやら 有名人がいらしたようで 取材陣で 大混雑でした。

次の写真は ロシアのブースの お人形 「 マトリョーシカ 」 です。
これは 大きなお人形の 中から 次々と 小さな お人形が出てくる 「 入れ子人形 」で 
数が 多いほど 高級だそうで、 青いほうが 数が 多いですね。 かわいいですね〜

旅行会社のブースお土産1さて 各ブースを回って いろいろなパンフレットを もらいましたが ちょっとしたクイズなどで 可愛い小物も ゲットしました。 それら ゲットした小物 の 写真です。 とにかく パンフレットの数は 半端なく 大量で かなり重くなるので 皆さん いったん 会場の外に出て 必要なパンフレットだけを もって いらないパンフレットは 捨てて 身軽になって 再び 行動 していました。 そのため 会場外には 大きな ゴミ箱が 設置してあります。
ボールペン、 ハワイのコーヒー、 シンガポールの カクテルドリンク、 日本の温泉旅館の 
タオル ( 日本の旅館も出ています。 ) など ( 小さな ) プレゼント 満載でした。

また お得な旅行も 販売していて マリオットホテルでは プーケットの マリオットホテル 
3泊宿泊を 99ドル で 出していました。 昨年も出していましたが 昨年は 地震の影響で
安く出しているのかな? と思いましたが 今年も 各日 先着 5名に 販売していました。
たぶん マリオットの 会員権の 販売絡み だと思います。 ( 体験宿泊のような… )

ヒルトンバケーションクラブ? も かなり 熱心に 会員権を 皆さんに勧めていました。

そして 最大の お楽しみは 各ブースでの 無料 旅行ご招待 です。 
大体 どこのブースでも 各日 2名1組とか クイズ 各回ごとに 1組に 旅行が当たるなんて 企画が 目白押しでした。
でも それに参加するのも 大変で 事前に クイズがあったり アンケートがあったりして 
それを クリアーして はじめて ゲームや 抽選に参加できる仕組みに なっている
ところが おおかったです。

お土産2ホテルステイ賞さて 上の お土産の 写真と見比べてください。なんと キティちゃんと ホテルステイ賞が 追加になっています。
あたったんです!
ホテルステイ賞に!
なんと 日本旅行の がらがらポンで 見事に 当てちゃったのです。 ( 主人が… )
この 抽選会は 1日 5回 催されていて 商品は ロス5日間旅行が 1人 ???が ( 何か 忘れてしまいましたが ) 2人、 国内外の ホテルステイ賞が 11人、 ユニバーサルスタジオと ディズニーランドが 合計20人 に 当たるという企画でした。
これは まず クイズに正解して 1回につき 先着100名 が 抽選会 参加権利が
もらえます。 なので 1日5回で 500人 二日で 1000人が 抽選会に参加
できるのです。 抽選会は 各2時間後なので 実際に 参加する人は 多くても 900人
そして 当たる人数は 34人、 凄く確率的にはいいですよね。 30人に一人でことです。
これならいける気がして まず クイズにチャレンジ、 これは なんなく 通過、
このとき 
そばにいた 日本旅行の方と ( その方は インターネットでの 日本旅行の 旅行情報の
配信を 企画制作している 女性の方でしたが 私は そのサイトに 登録済みで毎週 その
配信情報を 楽しみに 見ているという ) お話が弾んで…
そして 2時間後に抽選! 
見事 ベトナムの シェラトンサイゴン・ホテル&タワーズの 2泊宿泊を あてたのです!
でも 飛行機は 付いていないのです、 宿泊だけなのが ちょっと ざんねん!
でも 贅沢はいえませんね。
その後 係りの方に 説明を受けていたら 先ほど お話していた 日本旅行の方が出てきて
くださり 私たちが 当選したと聞いて 嬉しくて 鳥肌が立ったと 喜んでくださいました。

なんだか 縁があるって こういうことなんですね〜 
昨日 初めて食べた ベトナム料理も… そうだったし。
今年の夏に 娘が ベトナムの 世界遺産の旅をして 最後に この シェラトンに
1泊したのです。 
とてもキレイな 良いホテルだったので ぜひ お母さんも行ってきたら? と 勧められても 
いたのです。 娘も ビックリしたようです。
私の 執拗なまでの 世界旅行博の 執念が 実ったんですね、 きっと。

この宿泊の権利は 1年間 あるので どこかと組み合わせて 行きたいなぁと 思っています。

この旅行博に あわせて アマングループの 社長さんが いらして 関係者に 講演を
したようですが 満を持して とうとう 京都に 「 アマン 」 ができるようです。
「 アマンコト ( 古都 ) 」 なんて どうかしら? と 考え中です。
( って 誰にも 考えって、って 言われてないし… )

入場料 ( 当日1200円 前売り 1000円 ) 払った甲斐が ありました。
日本旅行様 本当に ありがとうございました。 
毎年 元気で 旅行博に いけたらなぁと 思っています。
来年は 皆さんも ぜひ どうぞ! 
とにかく 旅行好きには たまらない イベントなので 各ブースで いただく たくさんの 
資料を 入れるために キャスターつきの キャリーケースを 引いている方を 大勢 
見かけたくらい 皆さん 力が 入っていました。 
でも 人ごみが 苦手な方は ちょっと 無理かも知れませんね。

さて 秋の 旅行は 那須高原の 「 二期倶楽部 」 を 予約しました。

PS 昨日は 病院で MRIの 検査がありました。
MRIは 磁気に 反応するので 金属は だめなんです。 ということで 髪の毛を止めている
ピンも はずさなくてはならないので 朝から 黒い帽子をかぶって 出かけました。 
雨が すごく降っていたので 黒の トレンチコートを まとった 私は 「 アンフェアー 」
の 篠原涼子 かと 見まごうばかりと 思っていたのですが なんと 鏡で 見た 私は
Gメン’75の 藤田美保子 にしか 見えませんでした。 古っ!
帽子も 妙に 大きかったし 全体的に漂う 雰囲気が なぜか 70年代を かもし出して 
いて どう見ても 時代遅れでした。  とほほ。。。



murakilf at 17:30│Comments(4)旅行 

この記事へのコメント

1. Posted by SEALOVE   2006年10月05日 15:49
くぅ〜やってくれますね!
でも旅がよくわかり、帰国後すばらしい旅行記をお書きになる方に
チケットがあたって、正解ですよね。
そしてこのブログ仲間が楽しめる→行ってみたくなる→旅行社喜ぶ。
すばらしい宣伝マンですよ。

紀子様の影響で、サービスチケットを印刷して出かけるようになりました。
子供達にも「どこ行くの?それならちょっと待ちなさい」
とか言っちゃって印刷してます。
子供は忘れたふりして机の上に置いてあるんですけどね^^
子供にはまだこの喜びがわからないのですね〜

すっきりした秋の空がみたいですね。
お体ご自愛下さい。
2. Posted by 紀子   2006年10月05日 16:26
SEALOVEさま

雨のなか お返事を頂きありがとうございます。
くぅ〜 ですよね、ほんとうに…
SEALOVE様が 提案してくださっているような
三段階の 図式に なるかしら? 
こうして 日本経済が 発展してくれるなら
少しは 私の 旅ブログ 役に立っていますでしょうかね〜

サービスチケットは 大切ですよ、ねぇ?
息子が出かけるたびに クーポン券を 印刷して 渡すもので 
息子の 友人ママに 「 紀子さんの ご主人の お勤めは 
『 大黒屋 』 さんですって? 」
なんて マジに 言われました。( 汗 )
そうです! って 胸張って いえない 自分が なさけないっす!
( ちがう ちがう )
3. Posted by ビビアン   2006年10月07日 19:27
「ベトナム・シェラトン・・」の宿泊券が当たるなんて・・
おめでとうございます!
さすが、「旅行の達人」だけあって
国の方から紀子さんを呼んでるんですね!
フランスの植民地時代があったので、
「フランスパン」がことのほか美味しいとか・・
お嬢さんさんがベトナム旅行で「お母さんも来たらいいのに!」
という思いと お友達と頂いたベトナム料理が
貴方を引き寄せたのでしょうね。
「Gメン75」の藤田美保子の姿が
すぐ思い浮かんだ私もかなりトホホです。

4. Posted by 紀子   2006年10月08日 23:40
ビビアンさま

お返事が送れ 申し訳ありませんでした。
昨日 今日と 息子や 友人の クラブの 
試合観戦が 続き いそがしくしていました。
ビビアン様の 連休は いかが お過ごしですか?

さて ベトナムが 私を 呼んでいる、なんて
うれしい事を おっしゃってくださり ありがとうございます。
本当に フランスパンや フランス料理が おいしいそうですね。
ビビアン様は 良くご存知で。。。
これから ゆっくりと計画を立てるつもりです。

藤田美保子が わかる方って 本当に 貴重ですね。
私も 丹波哲郎 がらみで 思い出したのですよ。
トホホ、仲間が 増えて うれしい限りです。
同じ 記憶を 共有できて 感激です!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字