2007年04月05日

フランスへの旅

夜桃


















夜桜 1夜桜 2夜桃 2






夜は まだ肌寒いこの頃ですが 家の近所の 夜桜を楽しみました。
道の途中には 桜のほかに 桃などもあり 街灯に照らされて ほのかに光って 
とてもキレイに 咲き誇っていました。

このピンクの濃い色の花が 桃ならば 今まで梅だと思っていて 最近 桃だと 
気づいたという 我が家の木は 色がもっと薄いので 杏かもしれませんね。


オキザリスディモルホォセカ(アフリカきんせんか)ガーベラ






さて 表題の フランスですが 明日から 「 母娘で行く パリ7日間の 旅 」
を 次女と 楽しんできます。

次女の職場では 暮からお正月にかけて お仕事があるので その代休と
いうことで 2月から 4月の間に 遅い冬休みが あるのです。
皆さん 職場の方が 交代で 休暇を取るのですが なかなか この時期は 
お友達との旅行が 日程的に 難しいらしく 娘の前に 休暇をとった4人の方は
なんと 皆さん、すべて お母様と ご一緒の海外旅行を 楽しまれたそうです。

ということで 我が家の娘からも 「 母親と行く憧れのパリ 」 を
一月前くらいに 打診されたのです。
私は 今夏こそ バリ島の アマンキラ〜レギャン の旅を 実現させようと
ひそかに思っていたのですが 私が断ると 娘は いけなくなってしまうので
( 男子なら 一人旅もありですが… ) 主人からも 「 行ってあげたら? 」
なんて お墨付きをもらったので 晴れて 明日、機上の人となることになりました。


紫なずな 1


















紫なずな 2裏庭に咲く花にら匂いスミレ







次女とは 次女が 大学入試が終わって 最後に受けた大学の 合格発表を 
待つ間 2人で ラスベガスに 行ったことが あります。
その時も 出発2週間前に HISに駆け込んで 急遽予約したのです。

今回もそれと同じようで 娘の仕事の 兼ね合いと 私の診察の日程、 家族の 
スケジュールを考え合わせて 急遽 6日 金曜日からになりました。

フランスは 4月の8日が復活祭で その後、 春の到来という事だそうです。

飛行機は JAL悟空、 ホテルは インターコンチネンタル・ル・グランドを
インターコンチネンタルのサイトから 値段や 空室状況を調べて 日本の 
予約センターで 取ってもらいました。

ですから ベトナムに続いて これまた 全くの 個人旅行です。


海棠 1海棠 2ブーゲンビリア






今は ユーロが ものすごく高いので ( 1ユーロ 162円くらい )
オプショナルツアーは 余り入れられず なんとか自力で 観光するつもりです。

地下鉄や バス 国鉄 新幹線など 交通網は 発達しているので ガイド本や
ネットで色々検索して 安く 安全に 行ってくる術を 会得してきます。

ただ世界遺産のモンサンミッシェルだけは 遠いので ツアーに申し込みました。
でも これも ネットで 申し込めたので 飛行機 ホテル ツアー レストラン
全ていながらにして 予定を立てることが出来 大変便利な 世の中になったと
改めて 感心しました。

今回の日程中 オペラ座で ルドルフ ヌレエフ 振り付け 演出の
「 シンデレラ 」 を 見られる日が 1日あったのですが オペラ座の 
サイト予約では もう満席で、 いろいろ カード会社の デスクや ホテルの
コンシェルジュにも 頼んだのですが 人気の演目なので どこでも 取れず 
それだけが 残念です。 
ということで ここ 数日は パソコンに 座りっぱなしの日々でした。


横浜 華道展友人の作品












。。。そんな 日々の間をぬって 友人の お花の華展が 横浜でありました。

「横浜 名流華道展 」 です。

この華道展は 各流派の 先生クラスの方たちが 出品する 華道展ですが 
私の友人は お母様が お家元でしたので ずいぶんと昔から この展に 
出品していました。

今回は 春ということで 花材も 枝物が 多く、 桜 もくれん やまぶき 
ぼけ などが 多く使われていました。 
私の大好きな ( 確か ビビアン様も お好きでしたね。 ) てっせんも
多く使われていました。

そんな中 友人の作品は 毎回 他を 圧倒させるような 斬新な スタイルで
今回も すばらしく現代的に ダイナミックに 仕上がっていました。

花材は ストレチア アンスリウム ドラセナ ヘリコニア ゴッドセフィニア
だそうです。


ぼけ 赤ぼけ 白カランコエ






我が家の 枝物は 紅白の ぼけです。
カランコエは 母が 指し木をして 冬の間 日光に当てていたので 
今は 真っ白な可愛い花が 満開です。


入学式入学式 お食事会田園調布「バルダルノ」






この首から下の へんてこりんな写真は 息子の 大学の 入学式の 写真です。
初めてのスーツ姿で 薄いピンクのシャツに やはり薄いピンクとラベンダー色の
ネクタイです。 息子は 高校が 学生服だったので ネクタイ結びは 初めてで
主人が 息子の後から まるで 二人羽織のようにして 結んであげていたのが 
おかしかったです。

顔はイヤだよ! というので 首から下なのです。

でも 入学式のときに この写真を 友人に 見せていたら その友人も
やはり 私と同じ 首から下の 息子さんの 写真を撮っていたのです。
見せて頂いたら 本当に 私のと 同じ構図の 写真でした。

その方も ブログ用かしら? と思ったら ミクシー用 との事でした。

2人して 大笑いしていましたが きっと 周りの人は 「 そうまでして 
(息子を) 見せたいのかぃ! 」 って 思っているでしょうね。
…って 今も 皆さん そう思っているでしょうねぇ〜  ふ・ふ・ふ


帆立のリゾットローストビーフデザート、〆て2800円のコース






入学式の後は お決まりの 友人とのランチ、 田園調布の 「 バルダルノ 」
に 行ってきました。 生憎 雨の入学式でしたが お食事会は 花が咲いた
ような賑やかさで 本当に 楽しいひと時を 過ごすことが出来ました。

これからは 保護者会などが ないので 皆さんとも 頻繁に会えず 寂しい
ですが 息子達の成長を 皆さんで 同時に感じられる ステキな友人達との
関係を すっと続けていきたいものです。


クリスマスローズさんのお庭 1クリスマスローズさんのお庭 2











この2枚の写真は クリスマスローズさんの お庭です。
チューリップは 「 アバ 」 という品種だそうで とても鮮やかですね!
水仙も 大きなお花で よく 咲きそろって 見事です。
お庭がきれいだと 周りの人も 喜んでくれますよね。
ステキな写真を どうもありがとうございました。


では 明日から しばらく 留守をします。 いってきま〜す。

murakilf at 23:29│Comments(2)フランス | グルメ

この記事へのコメント

1. Posted by SEALOVE   2007年04月06日 00:03
お気をつけて〜いってらっしゃい!

「母親と行く憧れのパリ」なんて素敵なツアー名
セレブにピッタリです。

旅行のお話楽しみにしています。
2. Posted by 紀子   2007年04月06日 01:10
SEALOVEさま

いやん〜 嬉しい! 速攻の コメント ありがとうございますぅ。
明日は 近くの JRの 駅まで 主人に送ってもらい
電車賃の安い JR+京成で 成田まで行ってきます。

「母親と行く憧れのパリ」って ネーミング 
お褒め頂いて ありがとうございます。

では すこーし 眠ってから 早起きして 行ってきま〜す。
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字