2007年06月06日

ハイアットリージェンシー箱根 2日目

夕食は 「 リビングルーム 」 の奥にある 「 ダイニングルーム 」 という
フレンチと お寿司の 2つのお部屋に別れている レストランで頂きました。

私達は ランチが 「 オー・ミラドー 」 のフレンチだったので 
夕食は お鮨をお願いしました。 

お鮨は 2,3人の時は カウンターで頂きますが 人数が多いときは 個室も
何部屋かあるので 賑やかに グループで食べている方も いらっしゃいました。

カウンターは 白木で すがすがしく 大きな すのこの上には 今日の食材が
ならんでいて 私達の目と お腹を 楽しませてくれています。

和食レストラン、カウンター新鮮なネタがぎっしり!お鮨のコース、お造り







始めに 献立表を持ってきてくださいましたが 1泊2食付の場合は それには
お値段は書いてなく 出てくるお料理の順序だけの 簡単なメニューでした。

まずは 湯葉と雲丹の和え物、 お造り、 握り12カン 箸休めに穴子の稚魚、
お椀、 デザートの 順番です。

握り12カン、マグロボタン海老握り






車エビ、あなごアナゴの稚魚味噌味のスポンジと抹茶アイス







カウンターだとちょっと緊張しますが コースだったので安心していただけました。

お隣の席の方が イギリス人のカップルで 休暇で 日本に 2週間ほど来ている
とかで 今回の日本の訪問地 ( 明日からは 名古屋から 飛騨高山の温泉地 
〜 京都 〜 広島 〜 関空から帰るとのこと、 箱根の前は 東京から 日光、
鎌倉など いらしたそうです。 ) のお話など 伺いました。 お二人は
上手にお箸も使われ 外国でも お鮨はとても流行っている、とのことでした。

また お相撲が とても お好きなようで 今日の取り組みなど 私達と 
板前さんに詳しく教えて くださいました。

その会話の合間に 板前さんから 穴子の話や お醤油のお話なども伺え 
緊張することもなく 楽しいひと時を 過ごすことが出来ました。

板前さんは 食材などは すべて英語で 説明していましたし ちょっとした
ユーモア溢れるお話も 英語で やり取りしていました。

さすが ハイアットですね〜 

この季節ならではの 穴子の 稚魚は 私には 京都の 鍵善の くずきりの
ような食感におもえました。 
私は 珍しいものを頂き 感心していましたが 主人は これ ( 稚魚 )を
あまり食べると これから 穴子が採れなくなるのでは? と心配していました。
( 主人の出身が 穴子で有名な 広島なもので… )

握りずしは 小ぶりで 大変美味しくいただきましたが コースで頂くと 
見た目より ずいぶん 満足感があり 食材のすばらしさもあって とても 
お得な内容だと 感じました。


朝の窓からの景色



















翌朝は 昨日とうって変わって 大晴天! 東向きのこのお部屋は かなり早朝
から日が差し込み 箱根のパノラマの景色が楽しめました。
真正面が 大文字の 山です。


朝食は 昨日の ダイニングルームの フレンチレストランで 和食 洋食とも
セットメニューが いただけます。
( 夏休み 土日など 繁忙期は ビュッフェのようです )
  
レストラン入口オープンキッチンのレストランこの日はセットメニュー






ハムとチーズベーコン、ウインナー 目玉焼きポーチドエッグ







私たちは 洋食をお願いしましたが 卵料理は それぞれ好みを聞いていただけ
ましたし 卵料理の案内の時に スタッフの方の言ってなかった ポーチドエッグ
も リクエストしたところ 快く 作っていただけました。
( 私は温泉卵が大好きで 旅館の朝食には 良く出ますよね、 なので… )


願わくば パンと卵を フレンチトーストに変えていただけるか 聞いてみれば
良かったと 後で考えた私でした。

だんだん わがままな客になっていますが また 主人に何様か! って言われ
そうですね。 

緑のお庭に映える フルーツ の写真です。

お代わりのコーヒーは リビングルームで頂きました。

フルーツ、ヨーグルト


















一番上が私たちの泊ったお部屋中庭からラウンジを望む緑に囲まれたホテル






このホテルは チェックアウトが 12時なので
それまでのんびりと ホテル周りを散策しました。
左の写真の一番上のお部屋が私達の301号室です。


箱根の緑



















箱根の周辺は もう開発の余地がないほど 旅館やホテル、保養所などが 
建っていますが ちょうど今頃が 改築期なのか ずいぶんとあちこちで
工事が行われていました。

また このハイアットのように 以前、会員制のリゾートマンションだったところ
や保養所などが 新たに ホテルとして生まれ変わっているところも 多く
箱根は 新しい旅館、ホテルなどが 目白押しで出来ています。
 
とても すがすがしい 新緑を浴びて 楽しい 主人のお誕生日が過ごせました。



さて 帰りですが 以前から行きたくて中々実現しなかった 「 味奈登庵 」
に 寄って お昼を 食べることで 意見が一致し 一路 横浜線の 鴨居、
中山方面に 直行しました。

噂の 「 味奈登庵 ( みなとあん ) 」です。

横浜 ララポートのそばの「味奈登庵」メニュー、富士山盛りのマークつけ天900円 大盛り







何が噂、って このメニューをご覧下さい。
下のほうに 富士山のマークがありますが これが 噂の 「 富士山盛り 」
なのです。

この 「 富士山盛り 」 は 麺の量が 3倍あるのです。

普通盛り、 大盛り、 富士山盛り と 麺の量が 3種類 あるのですが
ここのすごいところは 何と お値段は どの盛りでも すべて一緒なのです。

それに民芸調の建物のお店にしては お値段が 安いのです。

この主人が食べた 「 つけ天 」 は 900円で 天ぷらもついているし 
900円で 富士山盛りも 食べられるのです。

お丼のセットなどを頼んでも ついてくるおそばを 冨士山盛りにすることも 
出来るので かなり大食いの方でも 大満足のはずです。

ただ 注意書きには 一人一品の注文と 残しても お持ち帰りは出来ません、
と書いてありました。

また ここの従業員は 地域の人を中心に雇っているようで ( パートさん
募集の案内には 地元の方歓迎と書いてあったので ) 皆さんかなり
お年をめした 素朴な良い人たちばかりで それも 感心しました。

どうみても 富士山盛りとは 縁のなさそうなお客さんにも 富士山盛り
の説明をしていたので 聞いてみたら 後から知らなかったというのでは 
申し訳ないので 必ず 最初に どんな方にも 説明をするとの事でした。

力うどん、みぞれかけつけ天 富士山盛り900円完食いたしました!







私たちは 富士山盛りには 挑戦しませんでしたが 上の右2枚の写真が
以前 娘がここを訪れた時の 娘の完食した つけ天の富士山盛りの写真! です。

完食のコツは 飽きないように 天ぷらとか 鴨とか 味のあるものがあったほう
がいいとの事でした。

この日は もう 3時半くらいになっていて とても遅いお昼ご飯だったので
すいているかと思いきや 大混雑で 駐車場に入るのに 暫く待ったほどです。

お近くに住んでいる 友人の話では 以前は 普通の民家でしたが 区画整理が
あった昨年の春頃に お蕎麦屋さんになったのよ、 とのことでした。
また 車では いつも駐車場が 混雑しているので 自転車で行くのが 
近所の方の王道 だそうです。

支店が何店かありますが ロケーションでは この 「 都築佐江戸店 」 が 
一番ではないでしょうか?

どうぞ ララポートのお帰りには 一度 行かれてみては いかがでしょう。


さて ハイアットリージェンシー箱根の 会計報告です。

ハイアットの 特別プラン 「 リーフィー セレブレーション 」
金曜日 1泊2食つき スパ5千円割引券つき ( 一人1枚 計2枚つき
期限が先までなので 次回宿泊時 も使えるようです )
2名で 62369円でした。
月から木までなら 2名 54284円なので 平日がお得ですね。

最後まで お腹いっぱいの一日で 夕食は食べられそうもない、と言って
いましたが すき焼きにしたら ( こんな状況で 普通 夕食にすき焼きは
ありえませんが、そこは コレステロール値、沸騰の我家らしく ) 
結構 美味しく頂いてしまいました。

夫婦そろって メタボ街道まっしぐらです!!!

murakilf at 16:34│Comments(0)箱根 ハイアットリージェンシー箱根 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字