2007年06月28日

伊豆長岡「正平荘」 貴賓室半額プラン宿泊記

行ってきました! 伊豆長岡 「 正平荘 」!

「 じゃらん 」 限定 「 売り切れゴメン 貴賓室半額プラン 」

昨日と今日 友人から どうでしたか? と相次いで 質問を受けたので 
早速 報告しますね!

( プランの詳しい 説明などは このブログの文字の色の変わっている場所を 
クリックしていただくと 詳細のページに 飛びます。 読み終わったら
左上の 「 戻る 」 を クリックして このブログに戻ってください )

結果は 大正解! 大満足のお宿でした!

「 期間限定 鮑も伊勢も選べるプラン♪ 」 という 一人通常36900円
のところ 今回、半額の 18450円 という お値打ちプランに行ってきました。


まずは 沼津での ランチです。

沼津港 千本一のぬまづ丼(桜海老のかき揚げ)クーポン持参でマグロのかま焼き







時折ぱらつく雨のどんよりとした金曜日 東名沼津で降りて 一路、沼津港に
向かい 旅番組などで良く紹介されている 「 沼津丼 」 ( 桜えびの
かき揚げ丼 ) を食べに さかなや千本一というお店に行きました。

このかき揚げ丼は 桜えびだけのかき揚げですが ご飯の上にはお魚のほぐし身
がのっていました。 
桜えびって 私は 乾いたものしか食べたことがなかったのですが こちらの
桜エビは こんなにも身があるんだぁ〜 というほど ふっくらしたエビで
大変 おいしくいただけました。

途中で お茶漬けにして食べられるように スープ? も用意されていたので
それも また 食感が変わって ありがたかったです。

今回も お得意の お店のホームページから クーポンを取り出していったので
マグロのかま焼きのサービスがあり これも 大変大きくて おいしく
いただきました。
このお店 こんなに大きいかま焼きを サービスしてくれるなんて 太っ腹ですね。

食べかけの写真で 失礼しましたが このかま焼きのお皿 ゆうに30センチ以上
あるんですよ! 身もたっぷりありました。

さて おなかもいっぱいになったところで 出発です。 
長岡温泉までは 車で 30分ほどで 到着です。


伊豆長岡「正平荘」正平荘 入口玄関を入ると…






左にはドリンクのコーナーが…右にはお庭を眺められるオープンエアーの椅子がお庭を眺めながら行くと…







伊豆長岡温泉は ひっそりとした 山間にある温泉地なので 付近は 割合と
落ち着いた住宅街のような感じです。

それなりにまばらに 繁華街もありますが 正平荘のあたりは 本当に静かでした。


貴賓室に向かう広ーい廊下その先には小さな美術館というサロンが…お部屋は特別貴賓室「瑞雲」!







実は 先日のコメント欄にも書いたのですが 支払いに カードが使えるか
問い合わせをした時に 女将さんらしき年配の方に 「 値段が値段です
からね〜 」 といわれてしまいました。 
その後 私が では お食事も 通常の貴賓室メニューとは 違うんですよね〜
と聞いたら やはり お女将さんは 「 値段が値段ですからねぇ〜 」 と 
また同じ事を おっしゃっていました。 
(何を聞いても この返事かよ〜 くらいに トホホ…なお答えでした )

う〜ん そうなんだぁ〜、 やっぱりねぇ〜、 そうだよねぇ〜。
そりゃぁ こっちは半額で 同じお料理じゃ 普通に払っている人に 
申し訳ないよね〜 と 一人で納得した私でした。
( でも こっちが半額にしてくれって言ったわけじゃないし 
半額にしたのは そっちだろうが… と 心の声が沸いてきました… ) 

そしたら 翌日、 昨日とは違う女の人から 「 昨日は お問い合わせいただき
ありがとうございました。」 と… 我家に 電話があったのです。

そして カードが使えないことと お食事の内容を 詳しく教えてくださいました。

それによると 正平荘は 京風料亭旅館と名乗っていますので 吟味した食材と
器で 皆様に 堪能していただいていますので どうぞ 安心してお出で下さい 
とのお話でした。
つまり 半額でも 決して手は抜いていませんよ、のようなニュアンスでした。
( その発言に 嘘はありませんでした すばらしいお食事でしたよ! )

どういう経緯で このお電話があったかは 計り知れませんが かなり 内部での
伝達が うまくいっているお宿だな〜と 感心しました。

これで ちょっとほっとした 単純な私でしたが 全く 私って人間は
どこまで 欲深い人間なのかと 自分でも あきれてしまいました。


扉を開ける8畳くらいの玄関スペース二間続きのお部屋です。手前が7,5畳奥が12畳






右奥が入口ですこの左側にも3畳のお部屋があります。可愛らしい洗面室







お宿は 白木を基調とした 純日本風のインテリアで 和風庭園を 囲んだ造りに
なっていました。

お宿の方は 父が 少し歩くのに時間がかかるということを見てとったのか 
すぐさま 室内用の 杖を持ってきてくださったり 前もって 客室にも 
中座?( 座椅子の少し背の高い椅子 ) を 用意してくださったりと 
とても 気持ちのよい 接客をしてくださいました。

事前に かなりうるさい客だと思われて 注意印が あったのかもしれませんね。
でも 慇懃無礼な感じも見れず 本当に 心から おもてなしをしてくださって
いるという 感じで 好感が持てました。


新館に行く廊下は 一部オープンエアーになっていて そこここに 椅子が用意
され どこからでも のんびりと お庭を眺められるように なっていました。 
 
お部屋係りの女性も 2名もついてくださり 色々と配慮してくださいましたし
素朴な中にも 暖かみのある よい方たちで 両親も感激していました。


床の間お庭はプライベートガーデンお庭には桜の大木が…






なんといっても この103号室「瑞雲」には
プライベートガーデンがついていて
このお部屋だけのお庭が楽しめます。


桜の大木が何本かあったので 4月には さぞ見事な お庭が楽しめるのでしょう。

この貴賓室は 1階に3室あり どれも お庭に出られるようになっています。

お部屋は 12.5畳の本間と お庭に面しての7,5畳の間 そして その隣に
やはり お庭に面して 3畳の 小さなお部屋がありました。
このお部屋には 夜、父が一人で寝たので これはこれでまた重宝なお部屋でした。

また 2階部分には 2部屋のスイート和洋室があり 1階の7,5畳に当たる
部分には 応接セットと ベッドが置いてあり 月見台付きとなっているそうです。

この2階の 和洋室タイプのお部屋は 今回の半額プランでは 一人13725円で 
泊まれるので 2,3人ならば こちらのお部屋も なお お得ですね。

こうして のんびりと お部屋で お茶を頂いたり 館内の見学をしたりして
お風呂に向かいました。

この後は お風呂 夕食編と 続きます。 

murakilf at 00:10│Comments(1)伊豆北川温泉 望水,、伊豆長岡温泉 正平荘  

この記事へのコメント

1. Posted by 紀子   2007年06月28日 16:33
ビビアンさま

「六月の庭」にコメントを頂きまして ありがとうございます。
お嬢様がたから 「ディズニーシー」をプレゼントだなんて
ステキな 「父の日」 になりましたね。
我家の 気の抜けた「泡マグ」 とは大違いで 
皆さんで 楽しまれたご様子が 目に浮かびます。

お婿さんやら ボーイフレンドやら ご家族が ますます増えていて 
一家の ご繁栄ぶり うらやましい限りです。
ビビアンさま! そのご繁栄ぶりの秘訣 教えてくださいな。

ブートキャンプは 字幕を見ながらやるので 結構大変なんですよね。
そのてん お婿様は 北米かっ! なので いいですね〜
我家も 息子のほうが 頑張ってやっていますよ。
筋肉つけたいんですって!

毎日蒸し暑いので どうか 気をつけて お過ごしくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字