2007年08月01日

ミッドタウン 「 玄冶店 濱田家 」 ( げんやだな はまだや )

私の参加している 趣味の会で お祝い事があったので 六本木のミッドタウンに
開店した 「 玄冶店 濱田家 」 (げんやだな はまだや)で 素晴らしい
和食を頂いてきました!

白バラの花束


















この 玄冶店濱田家は 日本橋人形町にある 老舗料亭の 初めての分店ですが 
( 本店は 自腹では行かないだろう、くらいの 敷居の高いお店だそうですが )
こちらは 少しカジュアルで、モダンな雰囲気になっていて 自腹でも ランチは
精一杯、背伸びすれば 何とかいけそう? な感じの ステキなお店です。
( でも この私の 背伸び思想が 後で後悔することに… )

げんやだなとは 「 お富さん 」 の歌にある 「 ♪粋な黒塀 見越しの松に
…  死んだ筈だよお富さん、生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん、
ええさほう、玄冶店 ♪ 」 という有名な 歌詞にもある 地名だそうで
私が 「 げんやだな 」 って何かしら? と言ったら 主人が歌いながら 
丁寧に教えてくれました。 
 
ふ〜ん そうなんだ〜

東京ミッドタウン 玄冶店濱田家 入口表に出ているメニュー







ミッドタウン店といっても ミッドタウンにあるビル群ではなく お店は 
その端の かなり判りにくい所に ひっそりと でも凛として 存在していました。

シンプルながら 気品のある外観です。 ここも やっぱ 敷居が高いわ〜

日頃 高級和食店には出入りしていない私なので 結構、緊張感モード満載です。

ボーイさんや ピンクの和服のお姉さま方のお迎えで 静々と 入場です。

お庭店内1店内2






お庭に面してのカウンター席テーブルピンクのシェンパンで…







このカウンターの席! す、す、すてき!
お庭をめでながら おいしいお料理をいただけます。

店内からも お庭の緑がきれいに眺められます。

鰻作うざくとカマンベールチーズおつくりお祝いの鯛の焼き物(別注)






蒸し物、ジャガイモの中に豚の角煮ご飯と いろいろお弁当お漬物







ランチは2種類あり、 少しずつですが 色々と 手の込んだ食材が きれいに
盛り付けられているので 結構 ボリューミーで お腹がいっぱいになりました。

今回は お祝いということだったので 鯛の焼き物とケーキを 別途 頼んだので
そのせいもあって おなかも満腹、 気持ちも満たされ なかなか 普段には 
行かれない ハレの雰囲気と接客で 素晴らしい時間を堪能させていただきました。

店内は ほぼ満席状態で 来ている方々は 女性のグループばかりでしたが 
皆さん セレブチックな とても裕福そうな マダムのお集まりのようでした。

今回 案内をしてくださった方がいなければ 私が行くような (行けるような?)
お店ではないので その方と趣味の会の皆様に感謝しながら お店を後にしました。



目にも鮮やかな おいしいお料理の数々です。

鰻作には カマンベールチーズが入っていたり お造りには 朝顔の枝か添えられ
ていたり 揚げボールには ぷりぷりのエビがたっぷり入っていたりと、
こんなに手が込んでいるのなら このお値段、 しますよね〜  納得です!

竹かごのお弁当 おご馳走いろいろ



















ちょうどその日は 主人がお休みの日だったのですが 主人は私を 快く送り
出してくれ 「 僕は 海辺のドライブを楽しむから 心配しなくていいよ〜 」 と 私に 優しいお言葉を 掛けてくれました。

夕方 帰った私にも 「 以外に 早かったねぇ〜 」 なんて またまた 
優しいお言葉を 頂戴し 申し訳なかった私でした。

「 お昼ごはんは どうしたの? 」 という私の問いにも
「 コンビニで おにぎり2個と 飲み物を買って 海を見ながら たべたよ! 」
と 無邪気なお返事。

う〜ん 私 言えないわ〜ん
主人は 「 占めて 500円で おつりがきたよ! 」 と嬉しそうに
言っているのに…

私、 素晴らしい ランチを頂いたなんて〜
それも 普段の何倍ものお値段の ランチを頂いたなんて〜 言えないわ〜ん。

う〜ん でも 敵は もう 玄冶店のこと知ってるし…


いつも 背伸びをして生活している私に引きかえ 生活のバランスをとるために
地に足をつけて 地道に生活している ( 背の高い ) 主人は 最近 
私のせいで めっきり 背が 縮んでしまったのです???

かつては 180センチ以上 あったのに 最近では 178,5センチになった
と嘆いている 主人です。

本当にすみません、 トホホの 夫婦 ( ってか 私 ) でした!

 
デザートケーキとコーヒーミッドタウンのカフェで頂いた水出し茶







さて 以前もお話しましたが あしたから (8月1日) 主人の父の17回忌で 
広島旅行に行ってきます。

父、母 健在の頃は 子どもを連れて 1週間以上 行っていたのに 矢張り
二人がなくなってからは 実家には誰も住んでいないので 泊まれないこともあり
ホテルをとって 1,2泊するだけになってしまいました。

今回も 他の兄弟も 長くは滞在しないようなので 私たちも広島旅行にあわせて
九州 由布院に2泊して それから 広島に行くことにしました。

本当は 由布院1泊 広島2泊 を予定していましたが 由布院には 御三家と
呼ばれる お宿が 三軒あって ( 玉の湯、 亀の井別荘、 無量塔 )
どちらもステキなので 私が 迷いに迷っていたところ 主人が 
「 いいよ〜 2泊すれば〜 」 と 何とも ナイスな お言葉を発してくれた
のです。

う〜ん ここでも お優しいお言葉…

ありがたや、ありがたや、ということで 最近は 主人の出掛けに 
「 金麦で 待ってるから〜♪ 」 と心の中で叫びながら 送り出している 
私です。

行きは 飛行機で 大分まで 〜 そこからバスで 1時間で 由布院到着
帰りは 由布院〜博多間を 人気のリゾート特急 「 ゆふいんの森 」号
に乗り 博多〜広島間は 新幹線で。 帰りは 広島から新幹線です。

結構 時間あわせが大変で 「 ゆふいんの森 」号も人気なので 発売初日に 
JTBに 座席番号指定で 買いに行きました。 

「 鉄ちゃん」 ではないけれど 時刻表見ながら計画するのは とても楽しくて
しばし 鉄オタに なっていました。 
 
バッチリ手配できた乗車券群をみながら 観光研究部の 実力 主人に見せたり!
と一人で 満足感に浸っている 私です。

ってことで 台風が心配ですが 「 ゆふいん〜広島法事の旅 」 行ってきます。 

murakilf at 00:25│Comments(3)グルメ 

この記事へのコメント

1. Posted by みらくる   2007年08月02日 21:49
台風北上中、だ、だ、だいじょうぶですか?
2. Posted by 紀子   2007年08月02日 22:11
みらくるさま

そ、そ、そうなんです!
もう大変な 風と雨で すごいんです!
怖いくらいで。。。 
でも お宿に早く入れていただき 談話室や
ティールーム、お風呂などに入り かえって のんびりしました。
今ちょうど 台風は 由布市に いるようです。
でも 明日には 通り過ぎるようで 広島には無事いけそうです。
日ごろの行いが いいのか悪いのか この台風が
昨日でも 明日でもなくて ほっとしています。
ご心配 ありがとうございます。
3. Posted by ビビアン   2007年08月07日 20:25
セレブの日々がご主人の500円のコンビニのおにぎりに支えられて?
でも、きっと海までのドライブは外車で!?
やっぱりセレブだ〜

ミッドタウンの「濱田屋」とは豪勢でいいですね!
ここは「明治座」の会長(亡くなられました)が経営する
日本橋店の系列ですよね。
明治座と主人とは仕事の関係で縁が深く
日本橋の方は主人は度々行ってたようです。
(私は行ってましぇ〜ん)

前回に森鴎外の話が・・・
彼の妹が書いた当時の話しがおもしろかったのですが
名前が思い出せません!
文京区千駄木に屋敷跡があり今は図書館になってます。
屋敷は「観潮楼」と呼ばれ当時は海が見えてたそうです。
文京区は散策するにはいいですよ!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字