2007年10月12日

台湾旅行3日目、その2 「ザ・ラルー」 プール他

先日 BS日テレの 「 トラベリックス供 廖,蚤耋僂鮗茲蠑紊欧討い泙靴燭
なんと ホテルは 「 ザ・ラルー 」、 観光では 集集線が出てきました。
私達にぴったりの企画で ビックリしました!
トラベリックス兇蓮^柄阿離肇薀戰螢奪スの焼き直しなので 以前の放送
2006年12月31日放送の 台湾中部編をご覧下さい。


集集での半日観光を終えた私達は 無事 路線バスで日月潭まで戻ってきました。

バスの発着所のそばには 大変きれいな観光センターがあって
この時期日月潭では 9月15日から29日まで 中秋節にちなんで花火や音楽祭など
色々とイベントを催しているようで 様々な案内がありました。

日月潭 中秋節祭りのポスター遊覧船がたくさん日月潭(湖)に入る入口







のんびりと湖畔を散歩しながら ホテルへ戻ります。
玄関脇の池? ( プールのようなつくりで 水は流れ落ちています ) です。

ラルー 玄関横、池

玄関脇にある茶芸店その向かい側にある池?この造りがインフィニティ(無限)って言うそうです







その池の向かい側 本館からB館に行く途中の外の通路にティーショップがあります。
オープンエアーなので 雨の日は閉じていますが この すばらしい日月潭を
眺めながら 一服のお茶を頂いたり お土産を選んだりするのは 至福のときですね。

インフィニティな池の中には 等間隔に 各色の蓮のお花が浮かんでいます。

お部屋から見る外123







お部屋に戻ると 昨日よりお天気も快復しているので 室内からの日月潭は
非常にきれいに望めました。
このラルーのお部屋は どこにいても 湖が見えるように設計されているとの事で
浴槽 シャワー トイレ ( この2つは、ドアを開けていればの話ですが )
からは 大変綺麗な 湖と山々が望めます。
洗面台は 湖を背に出来ているので ?かなと思っていましたが
この写真を見ていただければ分かるように なんと洗面台の正面と脇にある
鏡に 湖が映るようになっているのです。
う〜ん すばらしいですね! おかげで どこでも本当に見えました、湖が。

さて 天候もよくなってきたので 待望の プールに行ってみました。

これが 以前からバリ島などで流行っている インフィニティプールです。
プールの水面とその先の湖との区別が付かない 無限に広がって見える
というものです。
( プールの周りの淵は 内側に斜めに切ってあるそうです )

インフィニティプール

プール1プール23







このプール、 全長60mもあるんです!
幅は8メートルですが 深さも 最深2m 半端な遊び心では 泳げませんね。
主人は もと ?水泳部だったので 華麗な泳ぎで 観衆の視線を釘づけ!!!
うそうそ、 泳ぎ終わった後は はぁはぁ〜 きついな〜 と言っておりました。

ホテル棟プールサイドレモンシャーベットとお水のサービス






プールサイドから見上げると ロビー、客室のある 本館が見えます。
私達の泊まったお部屋は 最上階の向こうから7つ目の 窓が全開している所です。
さすがに平日のこの時期なのでお客様も多くなく お天気もいまいちだったので
プールはほぼ貸しきり状態で 係りの方が 直ぐタオルをセットしてくださり
レモンのシャーベットも 速攻、持ってきてくれました。 ( フリーです! )

お部屋には3時のお茶が遠足の学生12







お部屋に戻ると 3時のティータイム!
お外を見ながら ベランダで頂きました。
階下がどうも賑やかだと思ったら 大勢の学生達が 遠足なのでしょうか?
ぞろぞろ ぞろぞろ 楽しそうに 湖畔を歩いています。
色とりどりの体操服に身を包み とっても賑やかに 集合写真を撮っていました。
この日月潭は風光明媚なので 遠足などによく利用されているのですね。

スパ棟 入口スパ 休憩所さて夕方からは 
スパ棟にいって
大浴場、サウナなど
を楽しみました。
綺麗な受付嬢がいた
広ーいロビー。

のんびり出来るサロンです。


ジャグジー23 左がサウナ






外を眺めながら一息フィットネス器具もサロンの水鉢には睡蓮が






ここにもお客様は誰も居なくて 男性、女性ともに貸しきり状態でした。
ジャグジーにゆっくり入り テレビ付きのサウナも楽しみました。

また フィットネス用の器具も揃っていましたし 貸し出し用の自転車もたくさん
ありました。
夏休みなどは とても混んでいるのでしょうね。

こちらの入り口の案内には つり船の手配や 個人的なバーベキューの用意なども
お願いできるように書いてありました。
( お金持ちなら、ですけれど… ね! )

船着場きれいな虹黄金色の夕景







スパの後は 夕食まで 先ほど 学生が大騒ぎをしていた湖畔を散歩しました。
出かける時は 小雨が降っていて かなり道はぬかるんでいましたが 
以前、蒋介石が使っていたという専用の船着場についたとたん 雨がやみ 
夕暮れの景色の中に なんと 綺麗な虹がくっきりと浮かび上がりました。

うわ〜 嬉しい! こんな綺麗な景色のうえに 虹まで出るなんて…
上手に撮れていたか心配な写真でしたが なんとその虹! 綺麗に写っていました。

虹、大きくしました

今夜は フレンチでも頂こうと思っていましたが 主人が この地で洋食を食べる
意味がない、ということを言ったので 再び昨日の中華レストランに行きました。
 
夕食 また中華です 580元、2100円260元 930円海老蒸し餃子 160元、580円







昨日がとても美味しかったので 他のたくさんのメニューも食べたくて 2日間
通ったわけですが レストランの入り口に行くと 昨日のスタッフの方が私達を見る
なり 直ぐ部屋番号と名前を読んで下さりとても嬉しそうに向かい入れてくれました。

春巻き 120元、430円バナナの皮に包まれた海老のビーフン、ハーフ 180元、650円






バナナの皮に包んだエビのビーフンは 二人では多いのでは? と思ったので
ハーフサイズで作ってくれるか聞いたところ 勿論 快くOKしてくださり 
とても可愛い ハーフサイズのバナナ包みを 作ってきてくれました。

2日目と言うことで スタッフも まず写真を撮った後 皮を開いて混ぜてくれるなど  
私達の撮影の手順を良く理解してくれて ( まるで 編集者気取りの 私です! )
とても気持ちよく 美味しく食事を取ることが出来ました。
牛肉もやわらかくて美味しかったし 蒸し餃子の海老もぷりぷり ビーフンの海老も
ビックリするほど大きくて 大満足の 2日目の夕食でした。

最後に何度か 私に 「 イナッフ? 」 と聞いてくれ 
めでたく ラルーでの 「 最後の晩餐 」 は つつがなく終了しました。

murakilf at 17:17│Comments(4)台湾、ザ・ラルー、 リージェント 

この記事へのコメント

1. Posted by miki   2007年10月14日 19:30
素敵ですね〜、ラルー。
お食事もおいしそう!行ってみたいわ〜
虹の写真もきれいに取れてますね。
台湾といえば台北しか知らない無知な私・・。
集集っていいところですねー。
2. Posted by 紀子   2007年10月15日 00:14
mikiさま

お元気ですか? 綺麗な絵文字コメントありがとうございます。
カンボジアはそろそろ乾季に入り始めている頃でしょうか?
日本は 最近は とても寒くてあっという間に冬が来てしまいそうです。
ラルーは さすがGHMグループだったこともあり
大変 落ち着いた造りで 鏡を上手く利用した ステキなホテルでした。
バスタブがお部屋の中にあることや 
ブログにも書きましたように おやつに出てきたクッキーが 
アマンサラのものとそっくりで とても懐かしく感じました。
集集あたりは シュムリアップよりだいぶ都会でしたが 
そこで暮らしている人々の 生き生きと輝いてる姿に
触れ合えたことが 私の旅の楽しみです。
mikiさんも 異国の地での 様々な人とのふれ合いを
堪能してくださいね。 
日本から mikiさまのご活躍、いつも 応援しています。 
3. Posted by LANCOME   2007年10月15日 21:35
見ました!私も!「トラベリックス供
(いつも録画して、深夜一人たのしんでます)
あ、紀子さんのいかれた台湾だ!あー、ザ・ラルー!!と叫んでました。
本当にザ・ラルー素敵ですね。
プールと湖との一体感がなんともいえない景色に、ため息をついています。
本当にバリ島の雰囲気ですね。
美しく静かな湖を見ていると、その中に溶け込んでいきそうです。
いろんな台湾の姿を見せてくださって嬉しいです。
「ノートルダム寺院から見たパリ」カレンダー採用おめでとうございます
また、続きを楽しみにしています。
4. Posted by 紀子   2007年10月16日 00:03
LANCOMEさま

うわぁ〜 嬉しい! LANCOME様も見ていられたんですね!
旅行通のLANCOME様にお褒めを頂き とても嬉しいです。
本当に 「ラルー」の素晴らしさは 
私のカメラでは お伝えできなかったので
放送を見ていただいて あがたい気持ちでいっぱいです。
放送では 「ラルー」の代金は1泊57500円になっていましたよね。
でも 私は 以前お話しましたように裏技を使いましたので
それよりずっと安く 泊まったのですよ!
詳しくは 次回にお知らせしますね。
(トラベリックスのサイトを本文に貼り付けました)
今週は忙しくて余り更新が出来ない感じですが
台湾編、 まだ続きますので 懲りずにお付き合いくださいね。
何時も 見ていただいて ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字