2007年10月19日

台湾旅行4日目 日月潭 「 ザ・ラルー 」 〜 台北 「リージェントホテル」  

今回も非常に長いので お暇な時に読んでください。

さて 台湾旅行4日目の朝 「 ザ・ラルー 」 最後の朝です。
早朝の空には まだ雲がかかっていましたが。。。

4日目の朝の日月潭


徐々に雲が晴れ 素晴らしいお天気になってきました。
私の最近の旅行では 帰る日に晴れることが多く 今回もまさしく
そのとおりで なんだかがっかりですが チェックアウトは12時なので 
午前中は この日差しの中 のんびりと過ごすことが出来ました。

晴れ上がった日月潭

朝日の日月潭ホテルのお水(無料)です!


朝食レストランは 今日はパラソルが開いていて 食後の飲み物を
お外の席で頂いている方も 見受けられました。

レストランのお外の席もパラソルが開いています

さて 私は 今日も スタッフの方に ビュフェには出ていないものを
お願いしてしまいました。 
「 エッグベネディクト 」 です。
これも ルームサービスのメニューに書いてあったものなので
作っていただけると思ったのです。

今日は 昨日とは別の 恰幅の良いエライ感じのマネージャーさんが 
対応してくださり わざわざ作ってくださった 
エッグベネディクト(もどき)です。

パンもマフィンではなかったし ハムも入ってなかったし
ソースも明らか違っていましたが 一生懸命作っていただいた
エッグベネディクトは 小さくて 私には ちょうど良い大きさでした。
 
チーズがたっぷりかかっているのが美味しくて 完食いたしました。
隣のガラスのコップの中身は ヨーグルトです。
 
オープンキッチンまたまた作って頂いたエッグベネディクト韓国スター???







さて 上の写真の ステキな いけてるカップル!!
この女性 私が思うに 韓国ドラマ 「 私の名前はキムサムスン 」 に出てくる
サムスンの お姉さん役の女優さんに そっくりなんです。
すごく綺麗でしたし このような肌を出した洋服を着ている人は
このレストランには居なかったので やはり普通の人ではないですよね。

それに このお相手 まぁ〜何と色男なのでしょう。

何とか 接触を試みようと思ったのですが 無理でした!
主人に 聞き耳を立てて何語でしゃべってるか聞いて! と言ったのですが
用もないのに近くまで行くわけも行かず 結局、素性は確認できませんでした。

残念! でも とっても綺麗な白い肌をしていましたし 大きな目も 黒い髪も…  

帰ってからネットで調べたら このお姉さん、結婚しているようでしたが 
ご主人は この写真に写っている人ではありませんよねぇ〜
なので やはり別人なのかもしれませんが とっても素敵なカップルでした! 

綺麗なお姉さん@サムスン、 不確かな情報ですみません。


その後 最後の時間を 素晴らしい景色のプールで過ごし 
ラルーでの楽しい2泊3日は あっという間に過ぎて行きました。
 
晴天のプールサイド

ベランダから見たプールベランダから見た湖ベランダから見た池畔茶館







曇りの日と晴れた日では こんなにも違うのかと驚くほど水の色が
綺麗でした。 やはり お天気が良いと 素晴らしいですね〜
台北からは 時間はかかるけれども 来た甲斐がありました。

また ホテルのスタッフの方々も とても 親切にしてくださり
心地よい滞在が出来ました。

日本から メールで 色々とやり取りをしていたみかさんは 
私達がホテルに到着した日に お部屋に挨拶に来てくださり 
今年大学を卒業して このホテルに就職したばかりと言っていました。
 
今は フロントではなく 予約業務をしているので お客様と会うことは 
通常はないので こうして日本からのお客様に会えるのはとても嬉しいと 
言ってくれました。

フロントスタッフの方々も お若い女性が多く 皆さん、日本語を
上手に話していましたので 聞いたところ やはり大学で日本語を学んだとか、 
日本には 何度も 遊びに来ているとのことでした。
休暇の時には 東京に行って 渋谷109や ディズニーランドなどに行くと
お話してくれました。

さて 前回もお話した 「 ザ・ラルー 」 1泊の宿泊料金です。

台北ナビ      41100円
旅ウェブ       41600円
アップルワールド  42800円 
JHC (料金の上記以外の期間のところ) 42900円
ホテルのホームページからだと  52000円位はします。
私達は 今回 「 福利厚生倶楽部(リロクラブ)」 という会社の契約の
福利厚生委託会社を経由すると JHCのホテルを1割引で予約できたので
二人で1泊(朝食つき) 38610円、 二泊で77220円で利用
することが出来ました。
こんな広いお部屋で この眺め、サービスで このお値段はとてもお得でした。

ホテル代は日本で払ってあるので 会計は 夕食代と行きの台中からの
送迎代金だけでした。
送迎代は 一人800元 ( 2900円 )、
新幹線が 一人 700元でしたので 台北から ホテルまでは
合計一人1500元 ( 5400円 ) かかったことになります。


さて スタッフの皆さんに見送られて 12時にチェックアウトです。

帰りは ホテルの車で (歩くと10分くらいです) 湖畔にある
観光センターまで送っていただき そこからバスで台北の
忠孝復興駅まで 帰りました。 

台北行きのバスは 1時間に1本あります。

時間は4時間以上かかりますが バス代は一人500元 (1800円)、
周りの景色や 市井の人々の暮らしぶりなど 眺めながら
のんびりと行くには とてもリーズナブルで 楽しい道中でした。

湖畔の街豊栄客運のバスで台北まで帰ります親切にしてくれたOLさん







上の写真のお若い女性は 私がバスを待っている時に トイレの場所を
案内してくれた方達です。
英語がとても上手で 何も持たずにトイレに行った 私に 
「 ティッシュはいる? 1枚? 2枚? 」 
って親切に聞いてくれました。

その後も 同じバスで帰ったので バスの中で 自己紹介をしたり
周りの景色の説明をしてくださったり 写真を取ったり アドレスを
教えてくれたりと おしゃべりしながら楽しく過ごすことが出来ました。

OLさんだそうで 日月潭での 小旅行を楽しんだようです。
親切にも 私達が泊まる リージェントホテルまで送ってあげるわ、
とおっしゃってくださったのですが 私達は 荷物を取りに 
駅前の シーザーパークホテルに寄らなくてはならなかったので 
残念でしたが 到着したバスの停留所で お別れしました。

台湾では メガネがはやっているようで この方も含め 皆さん
めがねっ娘が多かったので 私も 全く同化してます。

親切なお二方 本当に ありがとうございました〜

忠孝復興駅にバスは着きます駅前にはエルメスが…太平洋SOGO











夕方だったせいでしょうか? 予定では 台北まで4時間とのことでしたが
バスが到着した忠孝復興駅までは 4時間半以上もかかりました。
このあたりは 最近とても賑やかになっている 綺麗な街で 
そごうデパートが 2軒もありました。

そこから地下鉄に乗って 台北駅まで行き 荷物を受け取り タクシーで
「グランド フォルモサ リージェントホテル 」 に到着です。

ホテルのあるこの 中山地区は 高級なブランドショップが集まっている 
銀座のようなところです。

ホテルでは 台風情報でお世話になった ホテルスタッフのMさんに 
お部屋まで案内して頂きました。

Mさんは ゲストリレーションではなく 営業のお仕事なのですが
私からの日本語のメールが たまたま Mさんに回ってきたそうで 
そのままやり取りをさせていただいていたのです。

台北駅中山路を通ってグランドフォルモサリージェント(昌華飯店)






ロビーp部屋は廊下の突き当りです右側にベッドが






正面にはソファーが足元までの大きな窓2







台北101が見える 窓の広いお部屋を手配してくださり
室内の案内を受けた後 Mさんと 少しお話をしました。

私達が 台中に旅立った日の台風は 台北市内でもかなり被害が出たようで
会社や 学校 のみならず 故宮博物館も 休館になったようでした。

また 台北発着の飛行機は その日は全便欠航で 中華航空がかろうじて
夜中遅く ( 早朝? ) 出発したとのことでした。

ホテルも 何時も空いている正面玄関を閉め 脇の入り口から出入りした程
大変だったようです。

お忙しいにもかかわらず こんな親切にしていただき ありがたい限りです。
Mさんにお礼を言って 夕暮れの景色を眺めながら お部屋で小休止です。

夕暮れの台北市内

お茶のセット洗面所結婚30周年のケーキ







上の写真のケーキは ホテルからのプレゼントで
私達の 結婚30周年のお祝いです。


今回の3つのホテルでの ケーキやお花のプレゼントは ホテルを予約した 
JHC ( 海外のホテルの予約代理会社 )から 各ホテルに この旅行が
結婚30周年のアニバーサリー旅行だと伝えてくださっていたようなのです。

実は 台湾旅行の直前に行った世界旅行博に JHCもブースを出していたので 
私も ホテルのカタログなど欲しかったので そのブースに寄り
そこのスタッフの方に 聞いてみたのです。

「 大阪のスタッフの方は ( JHCのコールセンターは大阪にあるので )
 今日はここには 来られますか? 」 と。

そしたら 「 大阪のスタッフは 午後からきますよ〜 」 とのこと。

「 えぇ〜 じゃ Aさん いらっしゃいますか? 」

「 あ〜 Aは 午後から来ますよ 」 ですって。

その Aさんが 今回の旅行で 3つのホテルの手配をお願いしていた方
だったんです。
それで 午後に めでたく Aさんとご対面。
お互い メールでしかお話していなかったのですが こんな偶然にビックリ!
しばらく 旅のお話などさせていただいたのです。

そんなこともあって 今回の旅行が記念旅行だと ホテルに伝えて下さったようです。
ハネムーンでもない私達に こんなプレゼントをホテル側が用意してくださるなんて
思っていなかったので とても感激しました。


余談ですが このJHCは オプショナルツアーの会社 とらパス も経営していて
そこで フランス旅行のモンサンミッシェルツアーを 以前お願いしたのです。

その時は JHCと とらパスが 同じ会社だと知らなかったのですが
今回ホテルを頼んだ時に同じ会社だと知って Aさんに 
「 とらパスの Mさん ご存知ですか? 」 と聞いたら 
「 いま 隣で仕事していますよ〜 」
とのお答えに びっくりしたことがあります。

鼎泰豊ティンタイフォン並んでいる人小籠包650円、キャベツ550円 海老麺500円







さて小休止した後は 夜の台北観光です。
といっても 食事ですが 先ずは 「 鼎泰豊 ティンタイフォン 」 へ。
小籠包の有名なお店で 日本にも 高島屋に入っていますね。

平日なのに おお混みです!

入店は まず入り口のきれいなお姉さんに 順番の紙を貰い 
入り口の電光掲示板に その番号が出たら 入れるというもので 
席もたくさんあるし そのシステムが本当にしっかり出来ているので 
15分くらい待って あっという間に入れました。
週末とか 時間によっては 何時間待ちってことも勿論あるようですが。

小籠包は 日本のより 皮が薄いようで やっぱり本場だと思うと 
余計に美味しく感じました。

ウエイトレスのお姉さんは 皆さん美人ぞろいで しかも何の意味があるのか
制服のスカートは チョー!ミニで 綺麗な足には 白っぽいストキングが…
なんとも初々しく色っぽかったりして 女の私でも 萌え〜 でした!

店内も綺麗だし 接客も丁寧だし しょうがも直ぐ持ってきてくれるし
何より 待たせないし 日本語の食べ方説明書もあったし 美味しいし、
サイコーでした! ☆五つ!!!

150元 540円

冰館おいしそうなメニューマンゴーアイスカキ氷






その後は お決まりの マンゴーかき氷の 「 冰館 」 へ。

鼎泰豊と冰館は ごく近くにあるので 定番コースのようです。
出張族のような 日本のサラリーマングループも 多く見られました。

写真を見ただけでも おいしそうに感じますね。

さて 精力的に夜の食べ歩きをこなしている私達は 初日の台北食べ歩きが
出来なかったのを取り戻すべく その後 MRTにのって夜市に繰り出しました。

士林夜市 123







台北一の 夜市 「 士林夜市 」です。
駅を出たとたん もの凄く大きな体育館のようなところに 屋台がたくさん!
お腹はもういっぱいだったので 眺めていただけでしたが おいしそうなにおいが
充満して ここで食べたかったね、 と話していました。

日本人の方に勧められた 木の実やさんで ピーナツのお菓子を買いました。
フルーツかき氷もおいしそうでしたし 牡蠣のオムレツなどもいけてそうでした。

その体育館を出ると 道沿いにまだまだたくさんの お店が並んでいて
アクセサリーや 洋服 バッグ 下着 靴 何でも たっぷりありました。
お土産もたくさん売っていましたし とても安いようでした。
後で あそこで お土産買うんだった〜 と後悔しました。

また 道路には 話題の 「 アニヤハインドマーチ 」のエコバッグ
腕に 何個もぶら下げて 売り歩いているおじさんがいて ( 勿論偽物ですが )
その周りに若い女性がたくさん群がって おじさんの腕から もぎ取ろうとして 
大騒ぎをしていました。

地下鉄に乗って中山駅まで20元71円地下鉄の乗車券、トークン夜の昌華飯店はゴージャス!







なんだか活気があって 楽しい夜市でした。
昨日とはうって変わった台北の 活気溢れる夜を体験することが出来ました。

こうして 台湾旅行後半の1日が過ぎてゆきました。

murakilf at 23:05│Comments(6)台湾、ザ・ラルー、 リージェント 

この記事へのコメント

1. Posted by miki   2007年10月21日 21:36
ご結婚30周年だったのですね!
(いまごろすみません・・・。おめでとうございます
お二人ともお若いので、え!もうそんなになるんですか!
とおどろきです。

それにしてもやっぱりラルー、素敵ですね。

私もずいぶん前に「鼎泰豊」行きました。
並びました!あー、食べたいー
2. Posted by 紀子   2007年10月22日 00:20
mikiさま

お祝いいただき ありがとうございます。
はい、 来年の2月で 30周年になるんですよ!
だから ちょっと サバをよみました
 
ラルーは やはりお天気が良いと 湖の色が碧で
本当にステキでした。

私が リゾートに目覚めたのは プーケットのラグーナエリアの
ホテルに泊まってからなのですが 
最近では 海だけでなく
湖やライステラス、渓谷などのビューも多くなってきていますね。

さて 先日の世界旅行博で アンコールエアーが
日本からの直行便を 11月から運行すると聞きました。
ますます カンボジアも 日本の観光客で賑わいますね。
3. Posted by miki   2007年10月22日 19:53
今は素敵なリゾートホテルが海辺以外にもあちこちに出来ていますよね。またお勧めのところがあったら教えてくださいね。

そうなんです。直行便が出るんです。
でも今はアンコールワットの天辺は立ち入り禁止になったようです。これ以上傷まないようだと思いますが。ちょっと残念ですが、アンコールワットをいつまでも残しておく為に賛成です。
4. Posted by クレチャンのママ   2007年10月22日 22:22
素朴な疑問ですが、今回の旅行で、全部で何枚くらいの写真を、撮られているのですか?今回のブログを、作るにあたって作成時間は、どのくらいですか?旅行の思い出を皆さんと共有できるなんて、素敵ですよね。ツアーではなく、個人旅行の楽しさを、感じます。プランを練るときが楽しいですよね。続編期待しています。
5. Posted by 紀子   2007年10月23日 14:43
mikiさま

お返事いただきまして 本当にありがとうございます。
アンコールワット遺跡は 中に入れるし遺跡を触ったり出来るので
長い間の損傷も かなりあるのでしょうね。
私の行った タネイ遺跡も 相当崩れていて
修復はとても時間がかかりそうでしたので 
立ち入り禁止区域も仕方のないことですね。

アンコールエアーは 11月から正式に 羽田など日本各地から
直行チャーター便を飛ばすようで 年間 250−350便、
来年1年間の座席数は5万席を予定しているそうですよ。 
そして 2010年には 日本からの座席数を10万席に
増やす予定とか。。。
世界の人々に 知ってほしい遺跡ですが mikiさんは
益々お忙しくなりますね。
6. Posted by 紀子   2007年10月23日 14:59
クレチャンのママ

いつも 訪れていただき ありがとうございます。

ご質問の写真の枚数ですが 旅行には
カメラ2台で 256MBのXDピクチャーカード2枚と 
128MBを1枚 持って行きます。
それぞれ 380枚、 180枚くらい撮れますので
合計 1000枚弱は 撮っている計算になりますね。
まずこれを パソコンのマイピクチャーに入れます。
そのあと ブログに使う写真を選んで
私のブログ用のアルバムのようなものに入れますが、
この作業に2〜3時間かかるんです!
そのあとの ブログを書くのは早いのですが
後から 漢字を直したり 写真の配置や サイズを
変更したり 
長くなった内容を短くしたりも 結構かかるんす。
ですから 丸々2日はかかっていますね。 

最近が視力が悪くなり 遠くも近くも見えなくなりましたが 
パソコンだけは 裸眼でバッチリ見えるようになってしまいました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字