2007年10月29日

台湾旅行6日目(最終日)

台湾旅行6日目の 朝の景色です。
今日も 雨は降ってはいませんが曇り空で、 結局丸1日お天気に恵まれたのは
台中から台北に バスで移動した日 たった1日だけでした。

私は 以前から 雨女だとは うすうす思っていたのですが
やっぱり 今回の旅行で 確実に その名を不動のものにしてしまったようです。

最終日、ホテルの窓から

広々とした朝食レストランきれいな私の朝食無秩序な主人の朝食







朝食レストランでは 昨日と違った一段高いスペースに席を取り 
周りの方達の様子を 臨みながらいただきました。

私は 果物中心のヘルシーブレックファースト + フレンチトーストです。
フルーツコーナーに 果物が 丸のまま 籠に盛ってあったので 
( 以前は飾り物だと思って いただかなかったのですが )
今回初めて スタッフの方に この飾ってあるフルーツをいただきたいと
申し出たら 丁寧にカットして もって来てくださいました。

これってディスプレイだけではなくて 切って頂いて 食べてもいいんですね〜

お世話になったリージェントホテルさて 朝食の後は ホテルの1階にあるDFSに
行って お買い物をしました。
このホテルには DFSが入っているので
ツアーの方達は 帰国時の空港に行く前に
ここに立ち寄り 最後のお買い物タイムを
楽しむようです。
私達は個人で行っているので DFSの
ショッピングカードを持っていなかった
のですが(もちろん自分で作れるのですが)
昨晩 今回の旅行のホテルをお願いした
JHCの現地のスタッフの方がわざわざ

お部屋まで DFSのカードや 割引券を届けてくださったので それを
( 2000元=7200円以上買うと 500元=1800円の割引になるという
カードを2枚頂いたので ) 活用してお買い物が出来たのです。


帰国後 もろもろのお礼のメールをJHCのAさんに送りましたら
やはりホテルからの お花やケーキのプレゼントは 予約の際Aさんから
ホテルに お伝えしてくださったとの事、また このDFSのカードも 
Aさんからのお手配で 現地のスタッフに伝えてくださったとの事でした。

現地にJHCの事務所があるので こういうサービスが出来るのですよ〜
と言ってくださいました。

ほんとうにありがたいことです。

こちらから言わなくても いろいろと気をきかせてくださる仕事ぶりに
改めて 日本の代理店JHCに頼んでよかったな〜と 感じ入りました。

さて お土産も買って チェックアウトです。
ホテル代は日本で払ってあるので 支払いは 電話代の30元だけでした。

ちなみに ホテル代は デラックスツインルーム 
1泊朝食付き 1室 30800円 1割引で 27720円。
2泊で (2人で) 計 55440円でした。
1人あたりでは 1泊朝食付き 13860円で
台北で 現在一番良いホテルとしての このお値段はとてもお安いですね。
やはり1割引 おおきいですね〜



さて 帰りの飛行機は 午後の3時出発なので ホテル前から出発する
11時30分発のリムジンバスに乗り込むべく バス停で待っていたところ
先にバス停で待っていた 出張風のサラリーマンの2人連れの方と
またしても お話が弾んでしまいました。

バスが なかなか定時に来なかったからなのです。

2〜30分も遅れてバスが到着する間 その方達と台湾の係わり合いとか
今までの 出張話とか 台湾の地震の時のお話など 興味深いお話を伺う
ことができ 主人もふくめて男性陣3人で 大いに盛り上がっていました。 

個人で行くと いろいろな方とお話が出来るのが とても楽しいですよね。
そのサラリーマンの方は 年のころ50歳と40歳くらいで 自分達も
早く 観光で訪れたいものだと お話されていました。

東南アジアの諸国と 取引のある会社のようで 商社ですか?と聞く私に
答えを濁していましたので さすがに 素性がばれるといけないのかしら?
と思うほど 様々なお話を してくださいました。

わたし、 おしゃべりにみえたのでしょうね、きっと。

余裕を持って出発したにも 関わらず 土曜日の午後だったせいか
バスもかなり遅れて 空港に着いたのは もう1時をだいぶ過ぎていました。

同乗のサラリーマンは 今日、日本から来た方達と空港で待ち合わせをして 
これから高雄に向かわれるようで その日本人をお迎えするようでしたが 
なんと 日本人はすでに到着してしまったようで かなりあせっていました。

お元気で ご活躍ください! と 言って お別れしました。
 

桃園国際空港きれいな空港お店も色々あります







空港のチェックイン受付は かなり混んでいましたが 今回も 私達は
帰りだけを エグゼクティブクラスにしましたので 余り手間取らず
さっくり手続きは終わりました。

帰りには 余った元を再両替したり 買い物した税金分を還付してもらったり
いろいろと しなければならないことがあったので 添乗員もいない私達は
空港内をうろうろと歩き回ったため 周りにあった スタバの中秋節の月餅や
牛肉麺を食べに行くことが出来ませんでした。

   
きれいなエルメスのスカーフポケットの中身、だそうですくるくる回る踊り子さん







上の写真は 出国して免税エリアにある エルメスです。

このエルメスのお店の壁面に飾ってあった スカーフが きれいだったので
写真にとってみました。

2枚目の写真のスカーフは 「イン・ザ・ポケット」 という名前が付いていて 
ポケットに入っているであろう小物の絵柄です。

3枚目は 「 メキシカンダンス 」 という名前で ダンスをしている女性を
上から見た図で スカートが 大きく広がっています。

ぜひ 拡大してみてくださいね。

どちらも とても可愛い図柄で こんな名前が付いていると知ってから見ると 
スカーフもまた楽しいですね。


さくらラウンジ最後の台湾ビールおにぎりやフルーツもあります










ここでお昼をお酒も充実いただきました。







さて JAAの 「 さくらラウンジ 」 です。
( JAAは 台湾線のみを運行している JALの子会社です )
こちらでは 飲み物や スナックのほかに 小ロンポウや 点心などがあったので
牛肉麺が食べられなかった代わりに 台湾ビールと共に 最後の台湾食を楽しみました。

「 さくらラウンジ 」 は 広くて静かな空間で ほとんどがサラリーマンでした。


ロレックス(労力士)これに乗ります右列前から3番目の席です。







空港の時計は やはり ロレックスでした!労力士って おかしいですね。

日本までは 3時間くらいなので 夏に香港に行った娘が 機内の映画 
「舞妓は〜〜〜ん」 を見たところ 時間が足りなくて最後まで見れなかった〜 
と言っていたのを思い出したので 搭乗後 すぐに 映画 
「 そのときは彼によろしく 」 を見始めました。


飲み物洋食和食






カンパリソーダ洋食和食







でも 乗るなり 飲み物や お食事や 様々なサービスが 立て続けにきて
集中して 映画を見られないのです。 

ビジネス席は さすがに広いね〜 見て、見て! 足が届かないわ〜 
なんてはしゃいでいる私を見て 微笑ましく思ったのでしょうか?
CA様の サービス攻勢が 次から次から 私めがけてくるのです。
( って自意識過剰の私ですが… )

だって 他の乗客の方は ほとんどがお仕事でエグゼクティブ席に
乗りなれているであろう方達ばかり!
それに皆さん ほとんど 就寝モードになっていました! 

私一人が 「 生まれてはじめて JALのエグゼクティブ席乗りました!状態 」 
で はしゃぎっぷりが バレバレだったのでしょう。

CAさんが 何度も お写真おとりしますよ! とか 
ワインはいかがですか? 白は? 赤は? とか 
次は ブランディはいかがでしょうか? とか 
ご夫妻でご旅行、いいですね〜 とか
今までどちらにいかれましたか? とか 
チョコレートいかがですか?
お味が全て違うので 5種類、1列全部お持ちくださいとか、 
カンパリソーダは お家に帰って飲まれるように 
追加を 瓶のままお持ちしますね、とか 

もう それはそれは 次から次から 手厚いサービスの嵐!でした。

私担当の ( 勝手に決めてますが ) CA様は 15年勤務しているとかで
主人に言わせると 私の友人の デヴィ夫人似の方に似ているね、と。
( 何だか ややこしいですが… )、 とてもきれいな素敵な方でした。

本当にありがとうございました。

初めての JALのビジネス席 堪能いたしました。

最後に配ってくれる 紅白のJALの飴も 私の席に来たら 後ろにとりに行って
ビニール袋にたくさんの飴をつめて お土産にと 持って来てくださいました。

搭乗前の さくらラウンジでも 周りの視線を気にしながら 中華菓子を
お土産に いくつか (いくつも?) ゲットした私ですのに…

機内からの空1

そのときは彼によろしくデザートチョコ 全種類制覇!










映画は なんとか 最後まで見ることが出来ましたが 何度も 涙が出る
内容だったにもかかわらず 途中何度か 写真を撮っていただいたので
私は 涙を拭いたり 写真用に笑ったりと とても忙しい思いをしました。

機内からの空2


台湾は 飛行時間が短いし 機内で 夜をすごすことが無いので 本当に楽でした。

今思うと 行けなかったところや 食べられなかったものがたくさんあって
また 次回訪問の楽しみがふえた と思っています。

次回は 台湾のきれいな写真と 世界旅行博のお話で この台湾旅行記を
締めくくる予定です。


そして このブログも もう2年以上続いていまして なんと
無料ブログの容量がいっぱいになってしまいそうなので ( 現在90%くらい )
新しく 「 紀子の部屋2 」 を 準備しています。

次回の 台湾旅行きれいな写真+世界旅行博で 「 紀子の部屋 」 は最後になり 
その後は 引き続き 「 紀子の部屋2 」で お会いできる予定です。

では 次回もよろしくお願い致します。


murakilf at 16:21│Comments(1)台湾、ザ・ラルー、 リージェント 

この記事へのコメント

1. Posted by 紀子   2007年10月29日 21:08
mikiさま

台湾旅行5日目に コメントを頂きましてありがとうございます。
本当に だらだらと長〜い旅行記を 読んでいただき
ありがたい限りです。

雨女な私なので 台北101からの雄大な景色が 
見られなかったのは残念ですが mikiさんがおっしゃるとおり
美味しいものが 格安で食べられて、 またの再訪が
楽しみになるという おまけが出来たので
やっぱり これで良かった、という気がします。

でも 同じ国に何度も行きたい気持ちはある私ですが
この先の人生が はっきりしていないのが ちょっと悩みのタネです。

食べ物が美味しいのは アジア、どこでも同じですね! 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字