グルメ

2007年08月01日

ミッドタウン 「 玄冶店 濱田家 」 ( げんやだな はまだや )

私の参加している 趣味の会で お祝い事があったので 六本木のミッドタウンに
開店した 「 玄冶店 濱田家 」 (げんやだな はまだや)で 素晴らしい
和食を頂いてきました!

白バラの花束


















この 玄冶店濱田家は 日本橋人形町にある 老舗料亭の 初めての分店ですが 
( 本店は 自腹では行かないだろう、くらいの 敷居の高いお店だそうですが )
こちらは 少しカジュアルで、モダンな雰囲気になっていて 自腹でも ランチは
精一杯、背伸びすれば 何とかいけそう? な感じの ステキなお店です。
( でも この私の 背伸び思想が 後で後悔することに… )

げんやだなとは 「 お富さん 」 の歌にある 「 ♪粋な黒塀 見越しの松に
…  死んだ筈だよお富さん、生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん、
ええさほう、玄冶店 ♪ 」 という有名な 歌詞にもある 地名だそうで
私が 「 げんやだな 」 って何かしら? と言ったら 主人が歌いながら 
丁寧に教えてくれました。 
 
ふ〜ん そうなんだ〜

東京ミッドタウン 玄冶店濱田家 入口表に出ているメニュー







ミッドタウン店といっても ミッドタウンにあるビル群ではなく お店は 
その端の かなり判りにくい所に ひっそりと でも凛として 存在していました。

シンプルながら 気品のある外観です。 ここも やっぱ 敷居が高いわ〜

日頃 高級和食店には出入りしていない私なので 結構、緊張感モード満載です。

ボーイさんや ピンクの和服のお姉さま方のお迎えで 静々と 入場です。

お庭店内1店内2






お庭に面してのカウンター席テーブルピンクのシェンパンで…







このカウンターの席! す、す、すてき!
お庭をめでながら おいしいお料理をいただけます。

店内からも お庭の緑がきれいに眺められます。

鰻作うざくとカマンベールチーズおつくりお祝いの鯛の焼き物(別注)






蒸し物、ジャガイモの中に豚の角煮ご飯と いろいろお弁当お漬物







ランチは2種類あり、 少しずつですが 色々と 手の込んだ食材が きれいに
盛り付けられているので 結構 ボリューミーで お腹がいっぱいになりました。

今回は お祝いということだったので 鯛の焼き物とケーキを 別途 頼んだので
そのせいもあって おなかも満腹、 気持ちも満たされ なかなか 普段には 
行かれない ハレの雰囲気と接客で 素晴らしい時間を堪能させていただきました。

店内は ほぼ満席状態で 来ている方々は 女性のグループばかりでしたが 
皆さん セレブチックな とても裕福そうな マダムのお集まりのようでした。

今回 案内をしてくださった方がいなければ 私が行くような (行けるような?)
お店ではないので その方と趣味の会の皆様に感謝しながら お店を後にしました。



目にも鮮やかな おいしいお料理の数々です。

鰻作には カマンベールチーズが入っていたり お造りには 朝顔の枝か添えられ
ていたり 揚げボールには ぷりぷりのエビがたっぷり入っていたりと、
こんなに手が込んでいるのなら このお値段、 しますよね〜  納得です!

竹かごのお弁当 おご馳走いろいろ



















ちょうどその日は 主人がお休みの日だったのですが 主人は私を 快く送り
出してくれ 「 僕は 海辺のドライブを楽しむから 心配しなくていいよ〜 」 と 私に 優しいお言葉を 掛けてくれました。

夕方 帰った私にも 「 以外に 早かったねぇ〜 」 なんて またまた 
優しいお言葉を 頂戴し 申し訳なかった私でした。

「 お昼ごはんは どうしたの? 」 という私の問いにも
「 コンビニで おにぎり2個と 飲み物を買って 海を見ながら たべたよ! 」
と 無邪気なお返事。

う〜ん 私 言えないわ〜ん
主人は 「 占めて 500円で おつりがきたよ! 」 と嬉しそうに
言っているのに…

私、 素晴らしい ランチを頂いたなんて〜
それも 普段の何倍ものお値段の ランチを頂いたなんて〜 言えないわ〜ん。

う〜ん でも 敵は もう 玄冶店のこと知ってるし…


いつも 背伸びをして生活している私に引きかえ 生活のバランスをとるために
地に足をつけて 地道に生活している ( 背の高い ) 主人は 最近 
私のせいで めっきり 背が 縮んでしまったのです???

かつては 180センチ以上 あったのに 最近では 178,5センチになった
と嘆いている 主人です。

本当にすみません、 トホホの 夫婦 ( ってか 私 ) でした!

 
デザートケーキとコーヒーミッドタウンのカフェで頂いた水出し茶







さて 以前もお話しましたが あしたから (8月1日) 主人の父の17回忌で 
広島旅行に行ってきます。

父、母 健在の頃は 子どもを連れて 1週間以上 行っていたのに 矢張り
二人がなくなってからは 実家には誰も住んでいないので 泊まれないこともあり
ホテルをとって 1,2泊するだけになってしまいました。

今回も 他の兄弟も 長くは滞在しないようなので 私たちも広島旅行にあわせて
九州 由布院に2泊して それから 広島に行くことにしました。

本当は 由布院1泊 広島2泊 を予定していましたが 由布院には 御三家と
呼ばれる お宿が 三軒あって ( 玉の湯、 亀の井別荘、 無量塔 )
どちらもステキなので 私が 迷いに迷っていたところ 主人が 
「 いいよ〜 2泊すれば〜 」 と 何とも ナイスな お言葉を発してくれた
のです。

う〜ん ここでも お優しいお言葉…

ありがたや、ありがたや、ということで 最近は 主人の出掛けに 
「 金麦で 待ってるから〜♪ 」 と心の中で叫びながら 送り出している 
私です。

行きは 飛行機で 大分まで 〜 そこからバスで 1時間で 由布院到着
帰りは 由布院〜博多間を 人気のリゾート特急 「 ゆふいんの森 」号
に乗り 博多〜広島間は 新幹線で。 帰りは 広島から新幹線です。

結構 時間あわせが大変で 「 ゆふいんの森 」号も人気なので 発売初日に 
JTBに 座席番号指定で 買いに行きました。 

「 鉄ちゃん」 ではないけれど 時刻表見ながら計画するのは とても楽しくて
しばし 鉄オタに なっていました。 
 
バッチリ手配できた乗車券群をみながら 観光研究部の 実力 主人に見せたり!
と一人で 満足感に浸っている 私です。

ってことで 台風が心配ですが 「 ゆふいん〜広島法事の旅 」 行ってきます。 

murakilf at 00:25|PermalinkComments(3)

2007年07月19日

帝国ホテル と 丸ビル 「モナリザ」 ランチ

7月に入り お出かけの機会が ふえました。

帝国ホテル、ロビーのお花インペリアルバイキング入口






まずは 帝国ホテルの インペリアルバイキング 「 サール 」です。

7月7日の この集まりは 「 七夕会 」 と名づけられていて 私の会社勤めの
時の 同期の女子の 集まりの会で 毎年 7月 第一土曜日に開催されています。

昨年は 「 とうふ屋 うかい 」 その前は 入院中でいけず、 その前が
パークハイアットの 「 ニューヨークグリル 」 でした。

もう 25年以上続いているもので 今回初めて 皆で 今まで行ったところを 
思い出してみましたが なかなか 思い出せないものですね。

この間 子育てや 受験など 様々な出来事がありましたが よく続いたものです。

光るガラス台の上のお料理チーズ果物







この日は どういうわけか ( 私は幹事ではなかったので わりませんが )
ランチは2部制になっていて 11時半開始〜1時15分終了 という流れで 
次の回の方たちは 1時半からのようでした。 ( 七夕だからでしょうか? )

その日は 時間になってから 順番に店内に案内されるので ( その上 私が
遅れたので ) お席に着いたのが 11時50分くらいになってしまい 慌しさ
は否めないランチになってしまい 皆様には 本当に申し訳なかったです。

お料理は さすが バイキングの発祥の地だけあって とてもおいしい物でしたが
5250円+サ を払ったにしては いかにせん お時間がちょっと少なすぎでした。

通常は 2時半までなので 景色を楽しみながら ゆっくり出来ますよね。
折角おいしいお料理なので 次回は のんびりといただきたいものです。

私のとったオードブル牛ひれ肉のパイ包みおいしいフルーツ







このメンバーは 皆さん 子育てと共に バリバリお仕事や 趣味をしている方が
多いので 私も 皆さんのお話に いつも刺激をもらっています。

でも 病気の話も多く 一人の方は 義理のお姉さまを 悪性リンパ腫でなくされ
また もう一人の方は 親戚の方が 最近悪性リンパ腫と 診断されたそうで
私は 自分が罹るまで この病気の事を よく知らなかったのですが 結構 
多いんだなぁと 思った次第です。

来年は 私が幹事なので どうか 無事 幹事の任務を 全うしたいものです。



さて 下の写真の 高層ビルの吹き抜けを見下ろす階にある ステキな入り口は
丸ビル 36階 フレンチレストラン 「 モナリザ 」 です。

丸ビル、モナリザ入口丸ビルの36階です







入り口は こじんまりしていますが 中に入ると わ〜〜〜 ステキ!
そこは 天空の 真っ白い レストランでした!

モナリザ、きれいなお皿



















この日は 息子の中学の時のクラスの お母様方の お食事会が ここで
行われました。
( 昨年は ビーチェ東京 でした )
中学は 3年間 クラス替えがなかったので 皆さんとは もう 7年目の
お付き合いになります。

大学に入ると この手のお食事会は 出席率が 大変下がるとのことでしたが
今回も 多くの出席を頂きましたと、 幹事の方から ご挨拶がありました。

大学になると 息子の行動など 全く分からなくなるので 情報交換会のようで

ねぇ〜 テストは 水曜日からでいいのようね〜
え〜 もう始まっているんじゃないの?
えっ、 うそ〜
う〜ん レポートはやってたみたいだけど…。

全然知らないわ〜 状態の方が 殆どのようで 私もほっと致しました。

ビジネスランチ、アミューズ前菜、マイワシとジャガイモのパイ包み焼きメイン、ハーブ豚ロースのグリエ







高層階からの 景色は さぞ絶景でしょうか この日は 小雨模様だったので
うっすらと 霧がかかって それがまた 天空にいるようで なんとも幻想的な
雰囲気のある 空間が広がっていました。

店内は 真っ白で 女性好みに 設えてあり 殆どは 女性の グループで
閉められていました。

でも ステキなんですが 席と席の間が かなり詰まっていて 私達のほかにも
大きなグループが いらっしゃったので 他の個人のお客様は さぞ うるさい
思いをしたのではないかしら? と 心配するほど ぎっしりと テーブルが
並んでいました。


お皿も お料理も 本当にステキで 結構 ボリュームもあり また デザートは
何種類もの中から 人それぞれ 別々のものを 盛り付けてくださっていました。

写真のほかに アイスクリームの 盛り合わせも つきました。

楽しい お食事会は ビジネスランチ + ドリンク1杯で 5千円でした。

デザートいろいろ


















さて この日の お母様方は 私より ずいぶんと年下の方が多いので
( 私は 息子を 36歳で産んだので… ) 皆さん、肌もとてもきれいなのです。

( 何で 突然 肌のお話に ? )

特に最近は キャミソールを着るファッッションが はやっているので 皆さん
首元が 大きく開いている お洋服を お召しになっているので 私の 目は
皆様の 首元にいくわけなんです。

そしたら 皆さん きれいな首なんです〜

色もきれいだし しわもないし 何より 私の悩んでいる 首筋の 筋肉なんて
誰も 出ている人なんていないんです。

私は 首の 真ん中の左右に 横を向くと 筋が出るんですけれど その一方の
筋だけが 異様に 太くなっているんです。

手で つかめるくらい 3センチくらいの太さなんです。
それで 下を向いたり斜め横を向いたりすると その筋がでて 違和感があるんです。

( 以前も お話しましたが この首のことを 主治医の先生に 言ったら 
CT検査では 異常は出ていないので 気になるのなら 整形へいったら? 
とのことだったのです。 )

その後 お茶を飲みに行ったんですが 私はずっと 皆さんの首を観察していました。

あぁ やっぱり誰も 首に筋なんか 出てないわ。

この筋は一体何なんだろう? やっぱり 明日 整形外科に行ってこよう!

( 下の 左の2枚の写真は ホームページからの拝借ですが ねっ!テーブルが
びっしりと 並んでいますよね。 )

丸ビル 店内ホームページから夕暮れのモナリザ、ホームページからコーヒーとハーブティ





メニュー 






次の日 お墓参りが 比較的早く終わったので 近所の整形外科に行きました。

先生は 結構 豪快な感じの先生で 私は 首元に ( 甲状腺にリンパ腫が
再発した時 生検した ) 傷跡が あるので 病気のことを 伏せて診て
もらうことは 不可能だったので 事前に 問診表に 今までの経緯を 詳しく
書き 診察に臨みました。

私が あちこち色々な方向を むいて 首の筋を 見せたんですけれど
先生は 僕には それほど 左右が違うとは 分からない、というんです。

どのみち リンパ腫とは 関係ないと… 

あなたが それに 結び付けてしまう気持ちは良く分かるけれど それとは 
違うし しいて言えば 肩こりのようなもので 首筋が 腫れているのでしょう、 
との見解でした。

え〜 やっぱり 関係ないって…
わたし 首、 酷使してるのかしら…

先生は 自分も 腫れているんだよって 自分の首筋をつかんだりしていました。

以前 娘が 腰の辺りに ちょっとした 脂肪の塊のようなものが出来て 
それが当たると痛いというので この先生にかかったことがあるんですけれど 
その時も 先生は 自分にも 背中に その塊があるんだよ〜 といっていたよ、
ということを 娘から聞いていたので 今度の 自分にもあるんだよ〜 っていう
言葉が おかしく感じました。

患者さんを 安心させようという配慮なのか それとも 本当にあるのか、
もし本当なら 先生も 満身創痍って ことで 結構大変なんだな〜、
と 思ってしまいました。

これで 首のほうは シップ貼りを もらって 一件落着となりました。

皆様 お騒がせ致しました。

この 私の整形騒動は 13日の金曜日で この日 私の友人は ご自分で運転中の
車の後ろを タクシーに 追突されてしまった とのことでした。

もう一人の友人は その夜 姉妹で ワインをたしなまれての 帰路、 駅の
階段で 転んでしまい 足をくじいてしまったとのことでした。

そんなことを 電話で 報告しあっていたところ
「 お盆だし でも 3人とも 大事に至らなかったのは ご先祖様が 守って
下さったのよ 」 、 と 友人に言われ 本当にそのように考えなくては
いけないなぁ〜 と 思った次第でした。

13日の 金曜日の お盆の 出来事でした。

murakilf at 17:15|PermalinkComments(4)

2007年06月15日

隠れや?レストラン と ( 遅ればせながら ) 5月の庭

先週、今週と 病院での 検査が続いたので ブログの更新が 滞っていました。
今日で 予定していた検査がすべて終わったので 後は良い結果を待つばかりです。

…ということで 検査の間をぬって お友達と 訪れたレストランです。
住宅地にある ちょっとお洒落なお店で どちらも京野菜を使った
和食と ヘルシーフレンチの 2軒です。


白金 「さくらさくら」入り口室内










室内2ランチ、おうどん






1軒目は 白金台の「さくらさくら」です。
京都の町家風の店構えで 京料理と湯葉、
おうどんのお店です。


建物は 間口が狭く 奥行きが長いつくりで 昭和8年築の古民家を改装して
あるそうです。 
なんだか (主人の) 実家に帰ってきたような雰囲気で 心暖まる設えでした。

ランチメニューは おうどんに かやくご飯がついているという ボリュームの
あるものでしたが シンプルなおうどんに 各種トッピングが出来るように
なっていて 私は 梅わかめと きつねをトッピングしました。
そのほか テーブルには とろろこぶと 天かすが置いてあり それらは 
無料で 入れられるようになっていました。

お部屋も 畳にテーブル席、 縁側席、 堀りコタツ席と 様々なタイプが
あるようで 2階にも 個室があるそうです。

各種お酒が取り揃えられているカウンターもあり 夜は 京野菜や湯葉のお料理
をいただきながら お酒も楽しめるようです。

桜の季節には お庭にある桜を眺めながら お食事が出来るようで 
大人の しゃれた くつろぎ処 という感じのお店でした。

これらのお店の感想などは 「食べログ」 や 「ヤフーグルメ」 などにも
出ていますので 私は 行く前や言った後に これらを見て うなずいています。

最近は ネット経由で こういうお店の感想が 直ぐ見ることが出来るので
お店の方も 気を抜けないですね。


次は 多摩川線の 鵜の木にある 「 ル・ヴェルデュリエ 」 です。

鵜の木、「ル・ヴェルデュリエ」テーブルセッティング前菜盛り合わせ







コンクリート打ちっぱなしの 小さなビルの中にある やはり京野菜を生かした
ヘルシーフレンチのお店です。
最近、友人が この近くにお引越しをされたので お宅にうかがった際に 
友人に案内され 行ってきました。

最初に通されたウェイティングルームは ガラス越しに むせ返る初夏の緑が
見渡せる、大きな一枚窓の カウンターのお部屋です。

そこで しばし 景色を眺めていると おもむろにダイニングに通されます。
そこには 15〜6の席がありますが 全てマダム達で埋まっていましたので
地元では とても人気のお店のようでした。
( 下の階には 個室もあり お子様連れでも OKのようでした。 ) 

真っ白な内装や カトラリーのデザインなど 女性向けの 清潔なお店で
スタッフの方も 折り目正しい、 居心地の良い 空間が広がっていました。

友人は このお店には ご家族や お友達と よくいらしているようで 
この日以外にも まだ 予約を入れているようでした。
ご自分のお家の延長として このレストランをお使いのようで お友達を招いた時
などに こんな近くに ステキなレストランがあるのは とても便利でいいですね。
こちらでも どうぞ。


さて 最近は 旅行記続きだったので 5月の我家の庭の写真を 
遅ればせながら 紹介します。

このカルミアは 母の日のプレゼントに 娘に貰いました。
( …といっても 私が欲しいといって 娘にお金をもらい 私が 勝手に
買ってきた 鉢ものですが… )
余りの つぼみの多さに目がくらみ 即買いしたのです。
開花時は 目がくらむほど きれいで可愛い カルミア です!

カルミア1


















23ビーゲンビリア







お砂糖菓子のようにきれいな カルミアは かなり大きい木で この後は地植えに
しようかと 思っています。


バラ1


















次は 裏庭にある バラです。
こちらも 大きな木に育っていますが 毎年 沢山の花を 咲かせてくれています。
裏にあるため 多くの人の目に触れないのが 残念です。

2?すいせんのお(フランンネル草)







家の前の庭は こんな感じで (以下の2枚の写真) 植木が植わっています。
ほんの狭い敷地ですが 写真に撮ると 「 とうふやうかい 」 程ではないに
しろ かなり趣のある 日本庭園に 見えますよね。
写真マジックです!

猫の額の庭も…写真に撮ると結構趣が…アジサイ蕾






今この写真を アップにして 私が見ていたら 後ろから 主人が 
「 どこの庭? 修善寺の旅館? 」 なんて 陳腐なことを言っておりました。
「 えぇ〜 これ 我家よ! 」 って言ったら 「 ふぉお〜! 」 と… 
 これこそ 「 まじ ありえないっす! 」 てことでした。


春のお花屋さんマンゴアイスシャワー






柏葉あじさい











このきれいな花やさんは 横浜駅構内の お花屋さんです。
春の花 満載ですね。

右の写真は 娘と原宿の美容院に行った帰り 渋谷まで 歩いていった 
「 華華美人 」 の 「 マンゴーアイスシャワー 」 です。 
今年初めての マンゴシャワーは 本当に美味しくて 帰る頃には 行列が
出来ていました。 もう 夏が やってきたんですねぇ〜

昨日 梅雨入りした と思っていたら 今日は 晴天で30度にもなったそうです。

やはり お天気の良いほうが 気持ちも軽くなりますね。
次は 6月のお庭の写真を載せるつもりです。

murakilf at 22:43|PermalinkComments(0)

2007年05月24日

5月の私 2

母の日の花束


















母の日の花束です。 
悲しいかな 私へではなく 私の妹が 母に送ったものです。


母の日弁当、3段重引き出しを開けると...お節のようで...






美味しい母の日弁当は 金沢の 金茶寮のものです。  
人気のなだ万などのお弁当は 早々と予約完了になってしまったので こちらを
選びましたが 入れ物も可愛いし 内容も充実していて とても あたり!でした。
母と長女は 箱の中を きれいに洗って 小物入れに使うと 言っていました。


横浜そごう にき亭お弁当2625円デザート2種






上の写真は 横浜そごうの にき亭の ランチ、お弁当です。
ここでは 野菜を 二期倶楽部の 畑から 取り寄せているそうで 新鮮な
お野菜が食べられるとのこと でも 二期倶楽部のホテルで頂いたときは 
とてもお野菜が甘くて美味しかったのですが このお弁当には そこまで味わう
ほどのお野菜がなく なんだか ちょっと 残念な気がしました。 

でも 店内は オープンエアーになっていたり スタッフの方も大変丁寧でしたし
とても 優雅に 過ごさせていただきました。
ぐるなびのクーポンで 私達には美味しいデザートが2種類 出ましたので 
贅沢はいえませんね。 左が通常のデザ−トで 右が クーポンのデザートです。
右のほうが 美味しかったです!


きれいなカップで、お茶ランチの後は そのまま そごうのカフェで 
コーヒーを頂きましたが 私のコーヒーだけ
熱くなかったので 「 ぬるいので 変えて
ください 」 と言って 熱々を持ってきて
いただきました。
だって682円もするんです、このコーヒー。 

でも 気持ちよく入れ替えてくださり お代わりも入れてくれましたし 
途中で カップを変えて出してくれたり 結構 気を遣ってくださいました。

苦情を 良いチャンスと捕らえ 顧客を 獲得する 良い例を見ました。
帰り道は 私達は 「いいお店だったね」、 なんて話すほどでしたから...

接客の話しついでに、 我家のそばに 雑誌 「 おとなの週末 」 で美味しい
回転すし日本2? くらいに入った おすし屋さんがあるんです。
そこに食べに行った時 お店の方に聞いたら いつ、誰が 食べに来て、 
取材していったのか 全く分からなかったと、言っててました。

最近は 覆面調査が 多いので お店も気を抜けませんね。

「 おとなの週末 」 最新号では ミッドタウン、 と リッツカールトンの 
覆面調査をして 誌上で発表していました。
話題の 「 リッツ・カールトンミスティーク 」 には遭遇しなかったようです。


雑誌 「 自遊人 」 でも 日本の宿グランプリで 1,2位を 取った宿 
伊豆の 「 あさば 」 と広島宮浜温泉 「石庭」 に覆面滞在に行ってました。
「 本当にそんなにいいの? という声にお応えして... 覆面宿泊記 」
という記事で 大変興味深く 読ませていただきました。

また 予約が取れない宿 「 箱根吟遊 」 「 月の兎 」 の覆面宿泊記も 
あって それらは もちろん自腹! と書いてありました。


昨年 沖縄の アリビラに泊まった時 朝食のコーヒーが (朝だからでしょう)
えらく薄かったことがあって 私が 濃いコーヒーを飲みたいたいのですが...
とお願いしたことがありました。

そこは 朝食ビュッフェで 係りの方が コーヒーのお代わりを 銀色のポット
から 注いで回っているのですが 私は 朝は 濃いコーヒーが飲みたいという
わがまま客なのです。

そしたら 笑顔で 新しく 濃いコーヒーを入れてきてくださり
どうですか? と聞いてくださいました。
もっと濃いのが お望みでしたら エスプレッソも ご用意できますけれど...
と言って 私が一口飲むのを 少しはなれたところで見守っていてくださいました。

すばらしい応待のおかげで 朝のおいしいコーヒーを堪能することが出来ました。

私が 主人に 「 あの人 私のこと 覆面調査と 思ってるんじゃない? 」
って言ったら 「 ただのわがままな客だと思っているよ、 自意識過剰だよ! 」
  と 怒られてしまいました。
おまけに 「 あなたは 何様だ! 」 って...  ( 紀子様ですぅ )
しゅん!とした ヘタレな 私でした。


アトレ品川 グランドセントラルオイスターバー&レストラン美味しい前菜






ジャンボシュリンプカクテル1470円シーザーサラダ 945円フレンチフライ、スティームドポテト







昨日は 主人のお仕事上でお付き合いのあるご夫婦と アトレ品川にある
グランドセントラル・オイスターバー&レストランに行って来ました。

主人達は 気の合う人たちと 「 エスニック料理を食べる会 」を催していて
そのメンバーは もちろん旅好きの方達ばかりで 旅の話をしながら 異国の
お料理を楽しんでいるのです。

今回は 奥さんも、と言うことになったので お声がかかりました。

ロブスター1.5ポンド あぶり焼同じくロブスター、蒸し割ったところ...






一人 1尾づつ だなんて 嬉しいご配慮! 本当に大きくて ビックリ!
美味しく頂きました。

スゴーク大きいシャーベット525円本場の ニューヨーク、マンハッタンの
グランドセントラルステーションを 
模した店内は天井がドーム型になっていて 
大勢のお客様で 活気に溢れていました。
やはりアメリカですよね、アイスの
なんて 大きい事!

 

明日は 1泊で ハイアット・リージェンシー箱根に行ってきます。

主人は 会社が 金、土がお休みで 日曜日が出勤なので いつも出かけるのは 
金曜日が多いのですが ちょうど 明日25日が 主人のお誕生日なので
箱根に行くことにしました。

私が お部屋を決めようと ホームページを見ていたら ( デラックスルームとか、
見ていたら) 主人が デラックスとか エグゼクティブとかは もうだめだよ! って…  ということで 今回は スタンダードのお部屋です。

なんだか 明日から 雨の予報で がっかりですが 気をつけて行ってきます。

murakilf at 23:07|PermalinkComments(0)

2007年05月19日

5月の私

ゴールデンウイークの1日 友人ご夫婦と会うため日比谷〜有楽町に行ってきました。

その日は なんと憲法記念日だったので 日比谷公園では 大きな集会が開かれて
いて 会社や 団体ぐるみの 幟を携えた 人々で 大混雑!
それを知らなかった私たちは 早めに出かけ公園をのんびりと 散策するつもりで
したが どう見ても その集団の一員にになってしまった程の 大きな集会でした。

また 公園周りには 右翼の街宣車もたくさん停まっていたため 公安警察の刑事
さんも沢山いて さながら刑事ドラマを見ているような捕り物も 行われたりして
物珍しい光景も見ることが出来き 私は興奮して キョロキョロしてしまいました。

写真は 9月1日 開業の ペニンシュラホテル東京です。
もう インターネットでは 宿泊予約を開始しているそうですね。
1室6万円〜 のようです。 青空に映えて すてきですね〜

日比谷公園から望む建設中のペニンシュラ



















ペニンシュラと噴水!日比谷花壇日比谷公園での憲法の日の集会











さすがに5月ですね。 日比谷花壇のお花と 公園の緑が とてもきれいでした。
公園内の森に囲まれたレストランでは 結婚式も行われていて どこか 外国に
来たような ファンタジックな 雰囲気が溢れていました。

帝国ホテル・アクアのアフタヌーンティ窓からの景色メニュー






帝国ホテル 17階の ラウンジ「 アクア 」の
アフタヌーンティセット (写真は2名分)です。 
景色もいいし席間もゆったりしているので充分
堪能しましたが アフタヌーンセットは
色合いがちょっと地味ですかね〜


この日の目的は 有楽町にある ベトナム料理レストラン 「 サイゴン 」に
行くことだったのですが その前に 丸の内仲通りが お花で綺麗に飾られている
とのことだったので 食べる前に お散歩してきました。

丸の内仲通り,花のプロムナード1花の説明













その2説明













ゴールデンウイークの 丸の内は クラシックのコンサートが 行われている
こともあって また 新丸ビルもオープンしたてで とても 混んでいました。

丸の内仲通りでも 角々で ストリートコンサートのようなものが開催されていて
とても 賑やかでしたし 通りの 要所要所には お花のオブジェや お庭が
出現していて 大変 華やかでした。
また 飾ってあるお花のアレンジの横には 使ったお花が書かれていて 
大変興味深かったです。 

345






エルメスのお店の前には エルメスオレンジのアレンジが飾ってありました。



生春巻き可愛い「サイゴン」ベトナム料理「サイゴン」






有楽町 「 サイゴン 」 は 渋谷東急のフードショーにも 売店があって
かなりの売り上げを あげている 有名なお店だそうです。

主人の勤めている会社が この近くなので 時々食べに行っていて 以前から 
私を連れて行ってくれると 言っていたのです。

以前 友人と行った ベトナムアリスよりは 随分と本格的なベトナムレストラン
ですが スタッフの方も こちらの要望にもきちんと応えてくれて ( 例えば
余り 辛くしないでくださいとか、香草を 入れないでとか… です )
大変美味しくいただきました。

何より お安くて 一番安い2800円のコースにも ソフトシェルクラブの揚げ物が
入っていましたし フォーも3種類から選べましたし お腹いっぱいになって 
なおかつ お財布にも優しいという ナイスなレストランでした。



話は変わって 春らしいきれいな写真です。

春の「モエ」とらや 白藤、多胡の浦






春ならではの 綺麗な飲み物と 和菓子です。
「 モエ 」 は 春限定、和菓子も 特注!だそうです。
ありがたく 美味しくいただきました!



柿安、香港飲茶飲茶その2






次は 連休もおわった 5月の半ば 「 旅の会 」 の 3人組で行った
( 何時そんな会つくったの?って、言われそうですが ) 
銀座のインズ1の2階にある 「 柿安香港飲茶 」 です

系列で 柿安上海ダイニングや 三尺三寸箸などは すごく混んでいるのを知って
いましたが なんと この香港飲茶は まだ認識されていないのか 全く混雑なし
で すんなりと入れました。 

でも 時間制限ありで 昼は 80分なのです。
( ホットペッパーのクーポン持参で 100分になりますが )
やはり 時間制限があって こんな短い時間なので 人気がないのでしょうか?

一人1880円で 美味しいビュフェのお料理と ワゴンで運ばれる点心は 熱々で
結構 美味しかったです。 
広尾の香港ガーデンなき今は このワゴン点心サービスは 貴重ですね。

美味しく頂いた後のお茶タイムは 有楽町の交通会館横のビックカメラ別館の
ビルの2階 無印良品のカフェ に行きました。
私は このカフェは初めてでしたが 体育館のような大きな店内にビックリ!
沢山の方が 思い思いに くつろいでいました。
一人でも 行けそうでしたし 軽食もありで 使えそうなカフェです。

無印良品の家家の中











何より驚いたのは 無印良品って も 売ってるんですね〜
30坪ほどで 1800万円余り…

お手ごろなんでしょうか? 
内部は 別段 今まで見たことのある他のモデルルームと遜色はないようでしたよ!

それにしても 家まで売ってるなんて〜 すごいですよね。
それに広い店舗じゃないと 商品を展示できないってことですよね。

この有楽町店は 基幹店なのでしょうか?

一人で行って ゆっくりと見て見たい気がした 「 無印 」 でした。

murakilf at 17:29|PermalinkComments(2)

2007年04月05日

フランスへの旅

夜桃


















夜桜 1夜桜 2夜桃 2






夜は まだ肌寒いこの頃ですが 家の近所の 夜桜を楽しみました。
道の途中には 桜のほかに 桃などもあり 街灯に照らされて ほのかに光って 
とてもキレイに 咲き誇っていました。

このピンクの濃い色の花が 桃ならば 今まで梅だと思っていて 最近 桃だと 
気づいたという 我が家の木は 色がもっと薄いので 杏かもしれませんね。


オキザリスディモルホォセカ(アフリカきんせんか)ガーベラ






さて 表題の フランスですが 明日から 「 母娘で行く パリ7日間の 旅 」
を 次女と 楽しんできます。

次女の職場では 暮からお正月にかけて お仕事があるので その代休と
いうことで 2月から 4月の間に 遅い冬休みが あるのです。
皆さん 職場の方が 交代で 休暇を取るのですが なかなか この時期は 
お友達との旅行が 日程的に 難しいらしく 娘の前に 休暇をとった4人の方は
なんと 皆さん、すべて お母様と ご一緒の海外旅行を 楽しまれたそうです。

ということで 我が家の娘からも 「 母親と行く憧れのパリ 」 を
一月前くらいに 打診されたのです。
私は 今夏こそ バリ島の アマンキラ〜レギャン の旅を 実現させようと
ひそかに思っていたのですが 私が断ると 娘は いけなくなってしまうので
( 男子なら 一人旅もありですが… ) 主人からも 「 行ってあげたら? 」
なんて お墨付きをもらったので 晴れて 明日、機上の人となることになりました。


紫なずな 1


















紫なずな 2裏庭に咲く花にら匂いスミレ







次女とは 次女が 大学入試が終わって 最後に受けた大学の 合格発表を 
待つ間 2人で ラスベガスに 行ったことが あります。
その時も 出発2週間前に HISに駆け込んで 急遽予約したのです。

今回もそれと同じようで 娘の仕事の 兼ね合いと 私の診察の日程、 家族の 
スケジュールを考え合わせて 急遽 6日 金曜日からになりました。

フランスは 4月の8日が復活祭で その後、 春の到来という事だそうです。

飛行機は JAL悟空、 ホテルは インターコンチネンタル・ル・グランドを
インターコンチネンタルのサイトから 値段や 空室状況を調べて 日本の 
予約センターで 取ってもらいました。

ですから ベトナムに続いて これまた 全くの 個人旅行です。


海棠 1海棠 2ブーゲンビリア






今は ユーロが ものすごく高いので ( 1ユーロ 162円くらい )
オプショナルツアーは 余り入れられず なんとか自力で 観光するつもりです。

地下鉄や バス 国鉄 新幹線など 交通網は 発達しているので ガイド本や
ネットで色々検索して 安く 安全に 行ってくる術を 会得してきます。

ただ世界遺産のモンサンミッシェルだけは 遠いので ツアーに申し込みました。
でも これも ネットで 申し込めたので 飛行機 ホテル ツアー レストラン
全ていながらにして 予定を立てることが出来 大変便利な 世の中になったと
改めて 感心しました。

今回の日程中 オペラ座で ルドルフ ヌレエフ 振り付け 演出の
「 シンデレラ 」 を 見られる日が 1日あったのですが オペラ座の 
サイト予約では もう満席で、 いろいろ カード会社の デスクや ホテルの
コンシェルジュにも 頼んだのですが 人気の演目なので どこでも 取れず 
それだけが 残念です。 
ということで ここ 数日は パソコンに 座りっぱなしの日々でした。


横浜 華道展友人の作品












。。。そんな 日々の間をぬって 友人の お花の華展が 横浜でありました。

「横浜 名流華道展 」 です。

この華道展は 各流派の 先生クラスの方たちが 出品する 華道展ですが 
私の友人は お母様が お家元でしたので ずいぶんと昔から この展に 
出品していました。

今回は 春ということで 花材も 枝物が 多く、 桜 もくれん やまぶき 
ぼけ などが 多く使われていました。 
私の大好きな ( 確か ビビアン様も お好きでしたね。 ) てっせんも
多く使われていました。

そんな中 友人の作品は 毎回 他を 圧倒させるような 斬新な スタイルで
今回も すばらしく現代的に ダイナミックに 仕上がっていました。

花材は ストレチア アンスリウム ドラセナ ヘリコニア ゴッドセフィニア
だそうです。


ぼけ 赤ぼけ 白カランコエ






我が家の 枝物は 紅白の ぼけです。
カランコエは 母が 指し木をして 冬の間 日光に当てていたので 
今は 真っ白な可愛い花が 満開です。


入学式入学式 お食事会田園調布「バルダルノ」






この首から下の へんてこりんな写真は 息子の 大学の 入学式の 写真です。
初めてのスーツ姿で 薄いピンクのシャツに やはり薄いピンクとラベンダー色の
ネクタイです。 息子は 高校が 学生服だったので ネクタイ結びは 初めてで
主人が 息子の後から まるで 二人羽織のようにして 結んであげていたのが 
おかしかったです。

顔はイヤだよ! というので 首から下なのです。

でも 入学式のときに この写真を 友人に 見せていたら その友人も
やはり 私と同じ 首から下の 息子さんの 写真を撮っていたのです。
見せて頂いたら 本当に 私のと 同じ構図の 写真でした。

その方も ブログ用かしら? と思ったら ミクシー用 との事でした。

2人して 大笑いしていましたが きっと 周りの人は 「 そうまでして 
(息子を) 見せたいのかぃ! 」 って 思っているでしょうね。
…って 今も 皆さん そう思っているでしょうねぇ〜  ふ・ふ・ふ


帆立のリゾットローストビーフデザート、〆て2800円のコース






入学式の後は お決まりの 友人とのランチ、 田園調布の 「 バルダルノ 」
に 行ってきました。 生憎 雨の入学式でしたが お食事会は 花が咲いた
ような賑やかさで 本当に 楽しいひと時を 過ごすことが出来ました。

これからは 保護者会などが ないので 皆さんとも 頻繁に会えず 寂しい
ですが 息子達の成長を 皆さんで 同時に感じられる ステキな友人達との
関係を すっと続けていきたいものです。


クリスマスローズさんのお庭 1クリスマスローズさんのお庭 2











この2枚の写真は クリスマスローズさんの お庭です。
チューリップは 「 アバ 」 という品種だそうで とても鮮やかですね!
水仙も 大きなお花で よく 咲きそろって 見事です。
お庭がきれいだと 周りの人も 喜んでくれますよね。
ステキな写真を どうもありがとうございました。


では 明日から しばらく 留守をします。 いってきま〜す。

murakilf at 23:29|PermalinkComments(2)

2007年03月18日

自由が丘中華と お台場散策

息子の 高校卒業祝いを ( まだ 卒業式は終わっていないのですが 家族全員が
そろった土曜日だったので ) 息子の好きな 自由が丘の 「 状元楼 」 で
行い お得意の 中華三昧と 相成りました。

今回 初めて食べた メニューの紹介です。

焼き豚野菜の甘酢漬け大エビのマヨネーズいため







マーボー茄子紹興酒ソフトシェルクラブのピリ辛炒め







ソフトシェルクラブの炒め物は 前回も食べたのですが その時は 余り辛くしないで
といったような... 今回は あえて何も言わなかったので すごく辛くて 食べるのに
難儀致しました。 
このほかにも 海鮮おこげや ふかひれ麺など お腹いっぱい 食べ倒し 
大食漢揃いの 我家らしさに溢れた ステキな 卒業祝いの会?に なりました。


先日 私が入っている 趣味の会の 春の集まりが お台場でありました。
以前もお話した 可愛いゴーの 会長さんの 例の会です。

今回は お台場の ホテル・クランパシフィックメリディアンで お昼を 頂き
ましたが その前に お部屋を 少し見せていただきました。

グランパシフィックメリディアン123






見せていただいたお部屋は スタンダードの ツインルーム、 コーナースイート
スイートルームの 3室です。 写真は スイートルームです。

どのお部屋も 素晴らしい景色が まるで 絵画のようにみえる 大きな窓が 
あって とても 明るい 見晴らしの良い 造りになっていました。。

特に スイートの お部屋は ベッドの枕上が 小さな舞台のようになっていて
カーテンが あくと 小人が出てきて 小粋な オペレッタでも 踊るかのように
思われるほど ゴージャスな 緞帳仕立て?の つくりでした。

また 広いお部屋の隅には デスクや 会議をするであろう お部屋もあって
「 ホテリアー 」 の シン・ドンヒョク でも 居そうな 雰囲気 満載でした。

「 ホテリアー 」 ドラマ はじまりますよね〜
どこのホテルが 舞台なんでしょうね。

お部屋から見るレインボーブリッジ


















お部屋から12可愛い入れ物







この写真が お部屋の 窓から 見える 景色です。


寿司てんぷら 「大志満」てんぷらお寿司






お昼は 寿司、てんぷら処 「 大志満 」 で お寿司、てんぷら両方楽しめる
セットを頂きました。
みょうがの天ぷらや 貝のお寿司 長イモののり巻きなど 春らしい おご馳走でした。


ホテル日航東京アフタヌーンティ横浜 山手十番館 ランチ・デザ−ト










お昼の後は 隣の ホテル日航東京に お席を移して 「 ベランダ 」 で
「 梅の アフタヌーンティー 」 を頂きました。

お外では 結婚式の カップルが 写真を撮っていましたが 花嫁さんは
金襴緞子の衣装でしたが なんと 髪型は 日本髪ではなく 普通のアップ髪でした。 
最近では このようなスタイルが 流行っているのでしょうか。
なんだか ハリウッド映画の中の 日本人のようで ちょっと 違和感がありました。


隣の写真は かつて 次女の中高の時代 役員をしたメンバーとの お食事会が 
横浜の 山手十番館で 行われ そのときの デザートです。

この学校の役員は 先生からの ご指名で、 私は 娘が高3の時に 引き受けました。

そして 高3で 役員を引き受けると 通常の 役員業務 のほかに 卒業式後の
謝恩会の役員も 自動的についてくるという ( これって 嬉しくないですよね〜 )
かなり 責任重大な 役員で 本当に 大変でしたが 終わってみると 皆さん
との絆が生まれ 卒業して 7年も経つのに こうして お集まりを持てるなんて 
幸せなことだと 実感しました。

この日の会は 中1から 高3までの 厚生委員会の メンバーの集まりで
当時 中1だったお嬢様も 既に皆さん 大学生に なっているのです。
 
このメンバーは 本等に 賢いママのお集まりで 最初の頃は 私の お得意の
欧米かっ! なんていう 展開には 全然ならない お話の 連続でしたが 
(何せ 最近、はまっているもの なんていう話題では オペラ鑑賞なんて方が
二人もいたくらいですから )
でも話が 進んでくるにつけ 「 クイズへキサゴン 」 の里田まいちゃんが 
可愛い なんていう話になり 私も しっかり ついていけました。

大桑マイミちゃんも 可愛いね!って、 皆さんの意見でした。

やはり 女性は 可愛い子が いいねって話しで 就職も 総合職は やばいね、
結婚には 一般職がいいね なんて お話で 盛り上がりました。

だって このメンバーの中で 誰一人 結婚しているお嬢さんは いなかったのです。
 
これは 本当に 困った話で 私以外の皆さんも 心を痛めている様子でした。


春の花束


















幸せが溢れる色合いの 春の花束の写真です。

今年は暖かいので 春の花も 例年以上に 色合いが 鮮やかな 気がします。

我家の庭の チューリップのつぼみも 殆ど咲きそうに 大きくなってきています。
以前 お庭で咲いた クリスマスローズの写真を 送ってくださった ローズさん
の お庭では 昨年 200球もの チューリップの球根を 植えられたそうです。
お互い 春のお庭が 楽しみですね。



murakilf at 15:32|PermalinkComments(2)

2006年12月31日

今年一年 ありがとうございました

フィッシュバンク東京 入り口店内








クリスマスも終わって ( 世間では ) せわしない 師走の一日 汐留シティ
センター41階の 「 フィシュバンク東京 」 で 旅行好きの友人 3人と ランチ
を楽しみました。

吹き抜けの センス溢れる 白と茶色を 基調とした店内は お席もゆったり として
シャンデリアも キラキラと輝いて、 窓から見える 雨に煙る景色も とても
素晴らしく 落ち着いた 大人のレストランでした。

ランチは パスタランチ 1600円、 グリルランチ 1900円と とても
リーズナブルですが コーヒーのお変わりは 新しく 持ってきてくださるなど
気持ちの良い 接客をしてくださいました。 

グリルランチ お魚シャンデリア












店内 3前菜デザート






私の旅行好きに 勝るとも劣らない 友人が 
バンクーバーに ご主人と行っていらしたので 
写真を見ながら お話を 伺ってきました。

その方は 今年は チェジュ島に続いて 2度目の 海外で 11月には お化粧品を
買うために 日帰りで 沖縄の DFSに お嬢さんと行ったくらい 旅好きな方です。

いつでも 3人で 旅行のお話をしているので 3倍も 旅行している 得した気分で
今回も ステキな写真を たくさん見せていただいたので 私も バンクーバーの冬を
体験したような気分になりました。


ポインセチアクリスマスカクタス






昨日 家の中を お掃除していて 
日ごろは 開けない 籐の小さな 
引き出しの中を 整理しました。

白い封筒が出てきたので 何気なく開けてみると それは 最初に悪性リンパ腫
がわかったときに 私と主人が 先生から 説明を受けた時の 面談書でした。
まだ 細胞診をする前の 画像診断だけの判定のときのものでしたが 今の状況
と これからの 治療の 予定などの 説明書でした。
それには 中悪性度のリンパ腫で 「 月単位で 死亡 」 と書いてありました。
。。。。 これって どうなんでしょう??? 
月単位って… ( もちろん このまま何の治療もしないと、ってことですが )
そのときの私は 絶対そんなはずはない、 治療すれば よくなるんだって
思っていましたので あまり ショックはなかったように 思いましたが 
こんなの見せられたら やっぱり これから治療を 始める人には 酷ですよね〜


どうだんつつじ姫つるそばやつで







それから 細胞診を するために 手術をしましたところ 思ったよりも 進行
していて 顔が変わっている ( 先生が良く使う言葉で 顔が変わると 危ない 、
との事です ) ところが 何箇所かあって 今まで クラス兇僚わりといっていた
のが これで クラス靴法,覆辰討い泙靴拭

その後 治療中に 足が痛くなって 放射線治療もしましたが その時も 先生は
「 治療中にもかかわらず こうなるって事は もう 終わりだね 」 っ言いました
が ( 4年前のことです ) 私は 今でも こうして 元気にしています。

以前 私は 「 先生は 何度か 私に もう終わりだねって言いましたが 私は
今も 元気に 暮らしています。 あれって どうなんですか? 」
と聞いたことがあります。 
先生は 「 あの時は 誰でも そう思うよ〜 」 って 言ってました。

とにかく 私は 今も 元気でいます。
本当に 家族や 皆さんの おかげです。
まだまだ 私が 生きている 役目が あるのだと思い 来年も 今までどおり
元気で 遊びに 精を出す? つもりです。
 
初雪かずらなんてんさざんか







我家の 初冬に 撮った 庭の 木々です。 紅葉しているものを集めてみました。

大晦日の今晩は 家族と 近くの お寺で 除夜の鐘を ついてきました。
大好きな お笑い番組や カウントダウンTVも 夜通しやっています。
もう少し テレビを見てから 寝ようかしら?と 思っています。

本当に 一年間 私を 支えてくださって ありがとうございます。
来年も このブログで 皆様に 私の近況や 気持ちを お伝えしますので 
お時間の あるときに 覗いてくださいね。 
では 皆様 良いお年をお迎えくださいませ。 

murakilf at 23:59|PermalinkComments(1)

2006年12月11日

みなとみらいのクリスマスとロイヤルパークホテル

みなとみらい クリスマス1
2
3







先日の 「 月の蔵 」 に行った帰りの みなとみらいの クリスマスです。
相変わらず 夜景の写真は そうとう ぶれているので 拡大しないで 
このまま 見てください。

スワロフスキーのツリー123













テイファニーのクリスマスギフトスワローのクリスマスギフトKのコンサート






ランドマークタワーの 広場には スワロフスキーの 
大きなきらびやかなツリーが 燦然と 輝いていまし
た。 時間になると 上から 雪が降るそうで 
さぞキレイでしょう。 周りには スワロフスキーの 
アクセサリーが ガラスケースに入って 展示されていましたし その隣の
ティファニーの ショーウインドーにも クリスマス限定のギフトが ライトを浴びて 
堂々と 飾られていました。

また 夕方には 真ん中の ホールで 韓国アーティストの Kのコンサートが 
行われていて 皆さん 吹き抜けの真ん中を 覗き込むように 各階 鈴なりになって 
見物していました。 ここ ランドマークは もう 韓流アーティストの 
コンサートの 定場所になっていますね。 


我が家のそばのイチョウ123






我が家の そばの イチョウ並木です。 写真を撮ったの
は もう 1週間ほど前なので 今は もっと 色づいて 
黄色が鮮やかになっています。



ランドマークタワーのビルにある よこはまロイヤルパークホテルの ランチです。
「 年末特別価格 サンキューランチ 」 と 銘打って ホテル会員 限定の
3900円という お得な ランチを 頂いてきました。

ロイヤスパークホテル ルシエールサンキューランチ 3900円蟹とトマトのローズ仕立て







コンソメロワイヤル美味しかったパン帆立貝とつぶ貝のキノコのソース







鴨のロティクレームブリュレワゴンサービスのデザート







友人が 会員になっているので ご相伴に預かりました。
3900円は 税 サービス料 込みのお値段で 日本料理 「 四季亭 」、 
中国料理 「 皇苑 」、 鉄板焼き 「 よこはま 」、
そして この フレンチ 「 ルシェール 」 の4つのレストランが 対象です。

フレンチレストランは 内装が とても華やかで 女性好みの 雰囲気です。
 
スタッフの方は りん! としていて ちょっと 敷居が高い 気がしましたが
お話をしてみると 以外と フレンドリーで ブログのための 写真というと 
気持ちよく パンを きれいに並べて 別盛りで 新しく持ってきて下さいました。

お料理も美味しかったのですが このパンが もう 絶品で ドライトマト入りの
パンやら モチモチ パンやら 美味しくて まるで ここは 「 サンマルク 」
( 欧米っか! って 突っ込まなくちゃ ですよね ) かよっ! って
くらいに 次々と 食べまくってしまいました。 

私たちは 5人で それはもう 種類によっては パンがなくなるほど 
頂いてしまいました。
時間も お昼を過ぎていて ゴルフのレッスンを終えて 駆けつけた方もいたので
かなり皆さん おなかが空いていたって言うのもあったのですが…

そして デザートですが ワゴンザービスで 好きなだけいただけるのですが 
ここは お決まりの 全部を 少しづつ でお願いしました。
…ところが このワゴンザービスの前に なんとクリームブリュレがあったのです。
 それも 直径 13センチは あろうかという 入れ物なんです。
それなりに 深さもあったし、 美味しかったのですが もう これで おなか
いっぱいに なってしまい 折角の ワゴンサービスも 結構義務的な感じに
なって お店の方に 申し訳なかったです。

お店の方も 一言 クリームブリュレが このあとまだ でますよっ て言って
くだされば 良かったのでしょうが あまりに 私達が すごい勢いで 
ガッツリ 食べまくっているので 当然 食べられる つわもの揃いと 
ふんだのでしょう。
おなかには入りませんでしたが 目では もっと食べたい トホホ…状態でした。

帰りに 友人のマンションに寄ったり ファミレスで お茶をしたりしていたら 
一気に 真っ暗になり ( 毎度のことですが ) あわてて 家路を急いだ 
私でした。 冬は すぐ暗くなるので イヤですね。

お二人の方は お子さんが受験なので 今度会うときは 春だね って言って 
お別れしました。 皆さんに 暖かい春が 来ますように お祈りしています。  

murakilf at 16:48|PermalinkComments(3)

2006年12月07日

紅葉とみなとみらい

竜神大吊橋かなり更新が 滞っていましたが、 風邪を引いて
いたのと 結構 なんやかんやと 用事が多くて 
忙しくしていました。
随分 前の 報告ですが まずは 竜神大吊橋です。
11月の下旬に 「 クラブツーリズム 」 の
ホームページを見ていたら 急遽3日間 限定の 

紅葉を見る 日帰りツアーが 私達のごく近い駅から出発 というのがあり 
早速申し込んで 遅い紅葉を 楽しんできました。


橋から見た紅葉1紅葉2






まずは 茨城県の 「 竜神大つり橋 」 の見学です。
このつり橋は ちょっと前まで 「 日本一長いつり橋 」 と言うことでしたが
今は 大分県の 「 九重夢大吊橋 」 だそうです。
入場券には 本州一と書いてありました。

長さは 375m 湖面からの高さは 100mもあり 橋を渡るのに 行って帰って 
15分 くらいかかりました。 
橋の途中の床には ガラスで 下が眺められるようになっている 窓があって 
皆さん 除きこんでは 怖ぁ〜 って感じで そこを 避けて 歩いていました。

お天気がとても良かったので 壮大な 景色を堪能しましたが 今年は 紅葉が
今一つとの 添乗員の方のお話で 真っ赤な 葉っぱは あまりなかったようです。


袋田の滝123






これが 有名な 「 袋田の滝 」 で 幅73m 高さ120m 日本三名瀑の一つです。
冬は 滝が 凍って これまた 風情があるようで 冬のツアーも 大人気だそうです。

私達が行ったのは もう 紅葉も終わりの頃でしたが 1週間前だったら ここの
駐車場は 大満員で バスが入るのも 出るのも 大渋滞だったそうです。
この日は 見学者も そこそこだったので 目の前で 4段に 落ちる 滝を 
思う存分 鑑賞できました。

竜神大つり橋と 袋田の滝 見学、途中 那珂湊で 買い物をし お昼は そこで  調達した 握り寿司つきで ツアーの代金は 一人 4980円でした。
普段 あまり行きなれない所は こうして快適なバスで行くと 疲れないし なにより
近くから出発するので 楽珍でした。 昨年は 箱根で紅葉を楽しんだのを 思い出し
春の 桜とともに 紅葉を眺めるのも 回数を数えるように なってしまった 自分が
なんとも いやはや… な 気持ちでした。 

クイーンズの煌く天井みなとみらいクリスマスクイーンズのガラス窓飾り






話は すっかり変わって 今年 最初の 忘年会は 桜木町ワシントンホテルの ビルにある 「 月の蔵 」 での 会でした。

以前の 磯子の マンションの お仲間が 近々 転居されるので さよなら会も 
かねての 集まりで 皆 年を取ってきたので 早めに集まろうと、 お店の 開店と
同時 (5時半 ) に予約して 入店しましたが 時間を忘れて 飲み続け 話し続け
気が付いたら 10時を 過ぎていて 帰りは 皆さん もう ふらふら状態でした。
あんなに 昔は お酒が強かった 面々も 支えられて 歩く始末で ( 笑 )
寄る年波には 勝てないようで ちょっと ビックリしました。
( …って また 話が暗くなっていますね〜 )


月の蔵 みなとみらい店5000円のコース つき出し竹の日本酒 寒ぶりのサラダ仕立







海老芋と鶏蟹あんかけ豆腐和牛のステーキ







煮魚 食べかけ?海鮮バラ寿司






このコースで 5000円で 6名以上だと 一人ただという クーポン持参で行きました。
でも この和牛ステーキコースは 11月限定の メニューだったのですが 私が
予約の電話を入れる際に メンバーは 50代から70代までで 皆さん このお店を 
すごーく楽しみにしていて どうしてもお肉が食べたいのです、 と相談 ( と
いうか かなり強引に ねだった ) してみたところ そんな風に 言って
いただけるならと 特別に お肉を入れた コースを 組んでくださいました。
結構 お肉が おいしくて 皆さん大満足 お肉が苦手な一人の方は 煮魚でした。
 何事も 言ってみるものですねぇ〜 月の蔵 さま ありがとうございました。

一番年長者の方から ( いつもは ただの飲んだくれのおじいさんですが かつては
浜っ子なら 一度は 行ったことのある所の 社長さんだったんです )
「 1億2千万人の中から 縁あって 知り合った仲間なので 何時までもずっと
仲良くという 気持ちは あるけれど いつ何時 どうなるかわからないので 
今夜は 忌憚なく ひと時を 楽しみましょう 」 というお話があり ( おもわず
忘年会での 社長の挨拶話を 聞いている 社員の気持ちになって しまいました )
それで 一気に 皆さん 盛り上がってしまったわけなのです。
 
でも そこにいる方達 皆さん 私と同じように 入院したり、 血を吐いて 
マンション前で 倒れていたり ( 結構 笑い話になっていて 本人も
チョピリ 自慢げ?でした ) 
年明けから検査で 2,3週間入院する予定だとか、 ニトロを離せないとか 
ほとんどの方が いろいろと 事情を 抱えているのです。 
でも 皆さん 私同様に 結構 前向きで 底抜けに明るくて ご自分の出自を 
話されたり ( 小説になりそうでした 米倉涼子主演で… ) 
クルーズや アイスランドに行った 話をしたり ご自分達の人生を 精一杯 楽しんで 
いるご様子でした。
男性陣は 帰りは かなり酩酊状態で そこが また 物悲しいのですが 
今年の締めくくりに ふさわしい 充実した会でした。

みなとみらいは クリスマスの飾りが とてもキレイでした。

murakilf at 16:56|PermalinkComments(0)