かみのやま温泉、名月荘 & 秋保温泉、茶寮宗園

2006年01月16日

仙台からの帰路

仙台駅牛タン丼やまびこ







仙台駅です。この日は成人式だったので 仙台駅は待ち合わせの成人で溢れていました。  皆さん可愛く とてもきれいでした。

駅で何か食べようという事になり 最近テレビで ほりえもんが 仙台を旅行して 駅ビルの   おすし屋さんに入ったのを見て 其のお店、探して行ったのですが 
主人がここまで来たのなら やっぱり 牛タンを食べたいというので 
駅ビルの牛タン通りを歩いて回りました。でも凄く込んでいてゆっくり出来そうもなかったので、 1階の<伊達の牛タン>のレストランに入りました。
朝食を沢山食べていてあまりおなかが空いていなかったので 牛タン定食(1500円)は辞めて 1日限定30食の牛タン丼を頂きました。
これは大正解!680円で定食と同じテールスープとお漬物が付いていて、
牛タンもシェフが炭火で焼いてくれているのです。
ご飯のお代わりは出来ないけれど このお値段でこのお味は とってもお得でした。
上のピンクの物は ヤマイモの梅酢漬けです。

帰りはやはり連休最後ということで 新幹線を当初 MAXやまびこ(グリーン車は2階なので)を希望していましたが、満員で 普通のやまびこになりました。
グリーン車もぎっしりで かなり皆さん車内で咳をしていたので 私はびくびくで、洗面所でうがいをしていました。
主人も私も爆睡で これなら2階で景色を楽しむなんていう余裕はなかったようです。

ずっと企画していた 東北旅行も終わり 想像以上の雪見を楽しめました。
サービスって何だろう、値段との釣り合いって同なんだろうと考えることが多い旅でした。

学生時代 観光研究部だった私は これからも次女の雪見温泉の手配やら、
長女が会社の先輩と行く<のんびり小町>の旅行の手配などがあるので 
その企画を練ることで 楽しませてもらう予定です。


murakilf at 13:41|PermalinkComments(3)

お食事 2

お魚の西京焼き蟹茶碗蒸し







吉次(キンキのことをこちらではキチジと呼ぶらしいです。なんかおめでたい呼び名ですよね)の西京焼き、酢の物は 蟹の上にとろろ芋と、とんぶりが乗せてあります。
写真で見ると想像つかないのですが 蟹が半端なく沢山入っていて 蟹好きの私は大満足!
温物は あわびと三陸名物のフカひれの茶碗蒸しです。
かなり器も大きく、こちらも大きな鮑とたっぷりのフカひれが入り、
上にはあんがかかっていて、本当にとろけるほどおいしく、うっとりでした。

仙台牛ごはん三宝柑 シャーベット







仙台牛のひれ肉の和風ステーキです。下には海老芋が敷いてあります。
海老芋なんて 京都の<いもぼう>しか食べたことはありませんが 八頭のようなお芋でやわらかくお味もしみこんでいました、仙台牛は 昨日の米沢牛のとろける様なやわらかさとはまた違い 牛肉らしい味わい深い一品でした。本当に美味しゅうございました(岸朝子 風に…)
この器も新年らしいおめでたいものでした。
ごはんにきのこ汁、お漬物。
デザートは 三宝柑にシャーベットです。やはりお部屋での1品出しは 2時間強かかりました。美味しくて倒れこみそうな二人でした。ご馳走様でした。

朝食デザート朝の庭







朝食です。このほかに湯豆腐の木の器がありました。
昨日の名月荘もそうでしたが 朝食にもデザートが付いています。
牛乳寒とメロンです。

朝のお庭です。今日はよいお天気で 朝日に映えてお庭は凄くきれいでした。
お部屋のすぐ前に小川も流れているのですが 出てよいのはテラスまでで、
お庭には出てはいけないということでした。
やはりプライバシーのことがあるのでしょうね。
その代わりお庭の手入れはバッチリでした。

murakilf at 13:09|PermalinkComments(0)

茶寮宗園のお食事 と おまけ

ブラピ 白金ウーマン様もお待ちの ブラピの写真です。
ハイチ共和国の慈善団体のパーティーに二人で出席したときの2ショットです。新聞の記事なので鮮明ではありませんが 雰囲気は伝わるかしら。。。へんてこりんな帽子をかぶってにやけているブラピにガックリですぅ!









お品書きお食事 前菜 お品書きです。最初は熨斗と名づけられた前菜で、おめでたい7種盛りです。






次に うやうやしく 三宝に載せて運ばれてきたのは 熨斗紙を取ると現れた、たいそう立派な伊勢えびでした。香りとともに運ばれて いやがうえにも食欲が出ます。
目にも 鼻にも?効果抜群の演出に さすが、恐れ入りますって感じでした。中身は 洋風にあえてあり紅白なますや、ぬたなどと共に 美味しく味わいました。
お刺身は大間のまぐろや鯛などで、鯛はポン酢で食べるようになっていました。器の赤絵が大胆でステキでした。
お椀は 蛤真丈で とても手間がかかっていると感じました。

海老 1海老 2お刺身

murakilf at 12:37|PermalinkComments(0)

2006年01月13日

館内の様子

ロビー内湯露天







本当にすっきりとした、磨きこまれたロビーです。
お風呂と露天風呂です。26室のうち客室露天があるお部屋は10室、
後の16室(私たちが泊まった)はヒノキの内風呂で 
そこも温泉といっていました。

飾りしつらえ廊下








洗面所水や館内の地図







館内の飾りと 室内の設備です。
最近は どこも小さな水屋がついているお宿が多いので
お茶を入れ替えたり コップをゆすいだりできて便利です。

館内の地図です。私たちは右側の 桂花のお部屋に泊まりました。
左側に点在しているのが 客室露天風呂のある離れです。
離れ軍団の右上にある 泰山のお部屋は 二人で泊まると
一人126150円だそうです。たったか〜い!
お料理が違うのかしらん? お部屋に何か仕掛けでもあるのかしらん?
夢のまた夢です。。。


murakilf at 23:54|PermalinkComments(2)

2006年01月12日

茶寮宗園

東北一の名旅館 茶寮宗園です。実は数年前 主人が仙台に出張の際 せっかくだから温泉に泊まろうと、数人で秋保温泉に宿をとったことがありました。もちろんそのときは 小さな旅館に泊まったのですが 夕方お散歩に出た際 宗園の前を通り(ここは外に旅館とか書いてないので)一体何の建物だろう?と数人でふらふらっと入ってみたそうです。そしたらすぐさま さぁーとお宿の人が出たので その旨 はなしたら すぐパンフレットを持ってきてくれて お庭を案内してくれたんだそうです。

家に帰ってきて私に茶寮宗園って知ってる?と聞くので そりゃぁ超有名な旅館で、たびたび芸能人などが泊まるそうで よくテレビでも取りあげられているすごいところよ、と教えてあげました。そしてその時いつか行こうね、ってはなしていたその旅館にとうとう来てしまいました!

茶寮宗園入口お部屋からお庭を見るお部屋







廊下お庭からロビーで







26000屬良瀉呂法,部屋は26室。
フロントはないのでお部屋でチェックインです。
そのお部屋!障子を空けるとよく手入れされた雪景色のお庭が。。。
5畳と10畳の続き部屋 白木の建具がすがすがしく 品があります。ありすぎます。

館内はガラスを多様化しているにもかかわらず 
妙にモダンにならずすっきりとシンプルにまとめられています。

余計なものが全くない、あるのは12本立ての蘭の鉢だけという
磨きこまれたロビーで緊張の私たちです。

murakilf at 17:46|PermalinkComments(0)

山寺からアウトレットへ

奥羽本線がかなり遅れているということでしたので バスで山形に出ることにしました。バスのルートなどは前もって調べてあったので 時間に余裕を持って行動できましたが、このころから雪は激しくなり バス乗り場にタクシーで向かうころには地元の運転手の方も驚くほどの降りになっていました。幸いに風がなかったので 寒さはあまり感ぜず(防寒対策はばっちりだったので)動くことが出来ました。山形からは時間通りに仙山線が動きましたが、山寺の駅は雪に埋もれていました!さすがに山寺に登ることは出来ませんでしたが 向かいの風雅の国というさまざまな施設が入っている(歴史館やお土産処 美術館など)ところのレストランから真正面に山寺が望めるということで 駅からタクシーで向かいました。歩いて5,6分のところにあるのですが、かなりの上り坂なのでタクシーで行くしかありません。そこでお昼を食べて 写真を撮り 山寺を眺め、急いでタクシーに来てもらい さっき乗ってきた次の仙山線(電車は1時間に1本なので)に乗り込みました。
 バス乗り場山寺のホーム雪の山寺








風雅の国山寺の駅仙台アウトレット







仙台に向かう少し手前の愛子駅(あやしと読み愛子様がお生まれになったときにはずいぶんとブームになりました)にアウトレットがあるということで(秋保温泉も仙台から行くより愛子駅から行くほうが近いので)行ってきました。何でここまで来てと思うかもしれませんが 建物がすごーく素敵で(ってここはカナダ?っていうくらい、ディズニーランドかも?)奇妙なので見てみたかったのです。連休だというのにあまりお客さんはいませんでした。そこからタクシーで(2千円くらい)今日のお宿、秋保温泉の茶寮宗園に向かいました。

murakilf at 16:09|PermalinkComments(0)

館内と翌日

貸しきり露天談話室2館内のいす







貸しきり露天風呂です。かなり長い階段を降りていきます。
露天といっても回りは桟で覆われていました。
入るまではものスゴーク寒かったですが、入ったら熱いくらいで天国?でした。
談話室と廊下のいすです。
朝食翌朝の名月荘朝食は和食、洋食が選べます。どちらも地のものを使った献立でした。これにシャーベットもつきました。
翌朝の名月荘、このときはまだ雪はちらほらでしたが。。。


パンフレットに出ていた私たちが泊まったお部屋出発パンフレットに私たちの泊まったお部屋が出ていたので カメラで撮ってみました。帰りにとってもらった写真です。この後、山寺に行きたかったのですが、奥羽本線が45分遅れだということで山形までバスで行くことにしました。
 
おまけ: アンジェリーナジョリーはブラピの子供を妊娠したそうです。どんなかわいい子が生まれるのでしょう。チョー楽しみです。

murakilf at 13:22|PermalinkComments(0)

館内のあかり

館内は とても素敵な明かりがたくさんありました。
見てください。

あかり23













456







789

murakilf at 13:05|PermalinkComments(0)

夕食

夕食 前菜月ずくしおわん







夕食はお部屋での1品出しです。
梅酒、先付けのホタテの岩海苔あえ、冬の幸いろいろです。
お椀は 白子豆腐の清まし仕立て。

お刺身米沢牛茶碗蒸し







お刺身は 本マグロ、鯛です。
米沢牛のステーキ(焼タラバ蟹も選べます)
本当にとろけるほどおいしかった〜。
鱈の真丈の茶碗蒸し、海老などが入っていてとてもやさしいお味でした。

あわびのグラタン蕪の冷製あわびのグラタンで肝も入っていました。大人のお味でお酒にぴったり。
酢の物は、蕪の冷たい煮物です。





ご飯、おうどんデザートおうどんは名月荘特性でかなり太い平たい麺できのこがたっぷり入っていました。デザートは抹茶ムースゼリーで金粉、黒豆入りのお正月仕様でした。
もう山形の全てを堪能し満足、満足 大満足。ご馳走様でした。

murakilf at 12:53|PermalinkComments(0)

館内の様子

入り口

庭から見る談話室の入り口テラスの雪







名月荘の入り口と、談話室に入る道です。
お部屋のテラスの雪です。
夏はここで朝食がいただけるそうですが。。。

図書室談話室お酒の倉庫







パブリックスペースが充実していて 図書室や談話室があります。
本やCD DVDもかなり豊富にそろえてあり
お部屋でも ここでも楽しめるようになっています。
また談話室にはコーヒーがいつでも飲めるようになっていて 
お風呂前のくつろぎ場所にも 甘酒やおいしいみかんなどがありました。

お部屋にも クッキーとコーヒーが用意してあり
コーヒー好きの私は大満足でした。

お酒が保存してある倉庫も自由に入れるようになっていて
そこから好みのお酒を探して夕食に出してもらうことが出来ます。
私はラフランスのワインとビールを混ぜた?飲み物を味わいました。
どっちかというとスパークリングワインでした?!

お部屋床の間洗面室







お部屋は10畳の和室とその隣にダイニングルームがあります。そこには小さな流しもついています。テレビは両方のお部屋に またDVDもありました。



murakilf at 12:09|PermalinkComments(0)